着物丸洗いクリーニング
洗浄力の衝撃事実とは?

丸洗いが持つ洗浄力イメージ
消費者→着物定番の洗い方では
技術者→まぁ・・・そうれはそうで・・・す

丸洗いは着物の汚れを安く
キレイにしてくれる救世主でしょ?
じゃないと定番にならないものねぇ
※京洗い、生洗い、○○○洗い(スーパーウルトラ
ナントカ最高着物クリーニング など)・・・
いずれも大きな差は無い→業界での常識です

丸洗いは2つの洗浄法の組み合わせ
1.汚れやすい部分を手作業で処理
2.すすぎでドライクリーンング   
※大多数の着物専門クリーニング店が採用する方法

丸洗いの洗浄力がかかえる大問題をご案内する前に少しだけ丸洗いのおさらいをご案内します。

 

着物丸洗いにはルールがあり、ルールにのっとって作業する事で名乗れる着物クリーニング法です。

 

丸洗いはドライクリーニング前によく汚れやすいかけえりやそで口内側などをベンジンのような溶剤で手作業で洗い、最終的にドライクリーニングして仕上げる着物クリーニング工法です。

 

着物専門クリーニング業界ではどう認識しているか ───?

 

着物クリーニングのド定番・丸洗いはプロの着物専門クリーニング業界内では「丸洗い」が共通用語です。

 

ユニクロさんの「感動パンツ」というネーミングのパンツを機能的に説明すると、はき心地にこだわったストレッチ性のあるパンツである、となります。

 

普通の言葉では「ストレッチ性のあるパンツ」ですが、ユニクロさんでは「感動パンツ」とネーミングしています。要は「より売れるように考え出されたネーミング」です。

 

各社のストレッチパンツは機能に差はあれど、ユニクロさんの「感動パンツ」は要するにストレッチパンツの一種です。

 

同じように水洗いを除く京洗い、生洗い、○○洗いは、すべて丸洗いの一種です。

 

丸洗いってどんな洗い方なの?目的は?
丸洗い作業工程の目的をご案内

 

ややこしい事に、丸洗いには一部の企業でオリジナルネームをつけられています。

 

各企業による丸洗いのオリジナルネーミング

→大ゼイタク超スーパーウルトラきもの医洗い

※中身をひもとけばこのような名称でも工法は丸洗いです。

部分洗い+ドライクリーニング+仕上げアイロン

 

この例にあるように、例えば当店で丸洗いを独自にネーミングして「大ゼイタク超スーパーウルトラきもの医洗い」と表現したとします。

 

ですが京洗い、生洗いなどと同じように、作業工程を確認すると丸洗いとほぼ同一のクリーニング工法です。(生洗い→いきあらい・いけあらい は見解で作業工法が変わるようです)

 

着物初心者の方・着物クリーニング経験のあまり無い方には「まったく違う洗い方」に感じられるかもしれません。

 

でも手法としては丸洗い(部分洗い+ドライクリーニング)と同じか、工程に含まれるドライクリーニングの回数を3回に増やすなどしているだけで、京洗いも生洗いもスーパーウルトラ○○洗いも基本的には丸洗いだとお考えください

 

業界人としては丸洗い工法を「丸洗い」と名称統一してくれれば・・・商業クリーニングを「クリーニング」と表現するように「丸洗い」で統一しても、まったく問題無いように感じています。でも各企業なりの理由があってネーミングしているのでしょうし・・・。当店が普通「水洗い」と言うところを「みず洗い」と一部ひらがなで表現しているのは「丸洗い」と混同するのを防ぐ目的からで、カッコいいネーミングを目指している訳ではありません。そもそも「みず洗い」という表現はダサいような・・・。(^^;

 

おさらいが長引きました。

ひとまず丸洗い=全体を洗う工程はドライクリーニングだ、として進めます。

 

着物クリーニングのド定番
丸洗い洗浄力が抱える衝撃事実

丸洗い汚れた着物をキレイにする
ための方法としては能力不足である

※着物専門クリーニング業界人の誰もが知る事実

ざっと結論をタイトルにしてしまったので、これだけで全てを理解した方はこの後を読み進める必要はありません。

 

この結論は着物専門クリーニング会社で業務として丸洗いを行う技術スタッフにとって、いわずもがなの事実です。常識、と言っても過言ではないでしょう。

 


 

わかりやすいよう、少々強引ですが例として説明します。

 

例えば ───。

 

汚れがない状態の新品に近い美しい状態の着物を4点用意します。

4点の着物は同じ織り方で作られたまったく同じ種類・柄の着物です。

 

これらの着物を結婚式をイメージした着用シーンで冷暖房の効いた快適な室内で6時間ほど着用してもらい、その後クリーニングします。

 

その後それぞれ別の処理を行います。

 

(1) 丸洗いする                          

(2) えり洗い後に仕上げアイロン

(3) ドライクリーニングする       

(4) 仕上げアイロンだけする       

※「(4) 仕上げアイロンだけする」は、厳密には「クリーニングした」とは言えませんが、ここでは例としてご案内します。

 

結果はどうなるでしょう?

例えに例えを重ねます。日々丸洗いを行う
技術者や消費者の皆さまに
比べてもらうとします。

 

丸洗いの洗浄力が抱える衝撃事実
わかりやすく例えると・・・

丸洗い、ドライクリーニング、アイロンのみ
4つの同じ着物をクリーニングしたら
丸洗い専門技術者の評価とは

この章は全て「」と「当店の想像」です


同じ着物4点を軽く着用した後、それぞれに丸洗いだけ、部分洗いのえり洗いと仕上・アイロンだけ、ドライクリーニングだけ、仕上げアイロンだけで処置し、その仕上がりを第三者に比較してもらうとします。

 

着用後、クリーニング前の着物の状態は全て同じ汚れ方です。

 

・かけえりにうっすらと筋状の皮脂・またはファンデーション汚れ

・そで口内側をはじめ、他の部分にはよく見ても汚れを確認できない

 

実際2~6時間の着用で汚れる場合を参考に設定しました。汚す方は汚しますが、汚さない方の着物は美しい状態のままの事がよくあります。

 

比較する第三者は次の方々(と設定)です。

 

・普通の消費者100人

・着物愛好家の皆さん100人

着物専門クリーニング店の技術者100人

 

さっそく結果をご案内します。

 

●比較結果①

普通の消費者の皆さん100人編
実施した処理法 普通の消費者100人の回答結果予想 正解率
丸洗い
(えり・そで・すそ洗い
+ドライクリーニング
+仕上げアイロン)
30%・・・丸洗いしたのはこれ 30%
※70名の方は丸洗いと他の処置のクリーニング品質差がわからない!

えり洗い+仕上げ
アイロンのみ
(ドライクリーニング無し

30%・・・丸洗いしたのはこれ

ドライクリーニング
のみ
(ドライクリーニングには
仕上げアイロンが含まれます)

20%・・・丸洗いしたのはこれ
仕上げアイロン
のみ

(洗い・クリーニング含まず)
20%・・・丸洗いしたのはこれ

●比較結果②

着物愛好家の皆さん100人編
実施した処理法 普通の消費者100人の回答結果予想 正解率
丸洗い
(えり・そで・すそ洗い
+ドライクリーニング
+仕上げアイロン)
30%・・・丸洗いしたのはこれ 30%
※70名の方は丸洗いと他の処置のクリーニング品質差がわからない!

えり洗い+仕上げ
アイロンのみ
(ドライクリーニング無し

30%・・・丸洗いしたのはこれ

ドライクリーニング
のみ
(ドライクリーニングには
仕上げアイロンが含まれます)

20%・・・丸洗いしたのはこれ
仕上げアイロン
のみ

(洗い・クリーニング含まず)
20%・・・丸洗いしたのはこれ

●比較結果③

着物丸洗い技術者100人編
実施した処理法 普通の消費者100人の回答結果予想 正解率
丸洗い
(えり・そで・すそ洗い
+ドライクリーニング
+仕上げアイロン)
50%・・・丸洗いしたのはこれ 50%
※50名の着物専門クリーニング店の技術者は丸洗いと他の処置のクリーニング品質差を判断できない

えり洗い+仕上げ
アイロンのみ
(ドライクリーニング無し

50%・・・丸洗いしたのはこれ

ドライクリーニング
のみ
(ドライクリーニングには
仕上げアイロンが含まれます)

0%・・・丸洗いしたのはこれ
仕上げアイロン
のみ

(洗い・クリーニング含まず)
0%・・・丸洗いしたのはこれ

衝撃の丸洗い品質テスト解説
丸洗い汚れた着物をキレイに
する方法として能力不足です

※着物専門クリーニング業界人の誰もが知る事実
解説(例え、予想です)

えり以外汚れがない着物への
丸洗いは、結果として丸洗い
したかえり洗い+仕上げアイロン
したのか、判断できません

えりに軽い皮脂汚れ・ファンデーション汚れ
しか無かった着物には、どんなクリーニングを
行ったのか判断するのはとてもムズかしい!


いかがでしたでしょうか?

少なからず本当に衝撃を受けた方がいらっしゃると思います。

 

あくまでも「もしこんなテストをしてみたら・・・」との例えをさらに予想した、当店独自の見解なのですが ───。

 

着物を日々クリーニングしている技術者ですら丸洗いしたかどうかを明確に判断するのはむずかしい・・・そのくらい、丸洗いの洗浄力は低いものです。

 

ゴテゴテに汚れまくった着物なら、洗浄能力的に丸洗いをするのが無意味な場合もよくあるくらいです。

 

当店では独自開発・提供中の格安着物みず洗いABCコースがあり、みず洗いコースと丸洗いを比べ洗浄力の差や違いを痛いほど理解した上でこのようにご案内しています。やみくもに丸洗いをいわゆる「ディスって」いるのではありません。誤解の無いようお願いしたいところです。

 

技術者ですらムズかしい丸洗いの品質を、実際に消費者の方が判断するのはとてもむずかしく・・・

 

着物を日常的に洗っている技術者でもえりにしか汚れがない美しい状態の着物の場合、丸洗いしたのかえり洗い+仕上げアイロンしたのか判別するのはとてもむずかしいのが現場レベルでの本音です。

 

丸洗い=えり・そで・すそ周辺の軽い皮脂汚れ・ファンデーション汚れ、軽いほこり汚れくらいしかキレイできない、そのくらいの洗浄能力しか持ち合わせない、という事実をできるだけわかりやすい例えで表しました。

 

もし設定で「しわがまったく無かった」としたら、3,200円~の丸洗いと1,700円(900円になる場合も)のえり洗いの区別がつく人は・・・とても・・・非常に少ないと思います。

 

えりに軽い汚れしか無いという事では、丸洗いは過剰なクリーニングとも言えるのです。

 

比較結果②着物丸洗い技術者100人編の結果に違和感を持つ方はいらっしゃるでしょうか?

 

着物専門クリーニング店の技術者の中には「私はカンペキに見抜ける!」と主張する方もいらっしゃるかもしれません。

 

ですが合理的に考えてそれはなかなかムズかしい事だと言わざるを得ません。

 

皆さんもご家庭で行っている洗濯、水洗いですので洗い上がりがふんわりしたり洗濯機で洗っただけで汚れが落ちていたりした経験からお家洗濯でもキレイにできる、とご存知の事だと思います。

 

水で洗うとあきらかに風合いが変わる事の方が多いので、この例が「お家で洗濯したのはどれ?」とのテストなら大半の人は間違わずキチンと回答できたと思います。

 


 

着物専門のクリーニング技術者なら丸洗いに洗浄能力が欠けている事に触れないだけで、キチンとした技術を持つスタッフなら知っていて当然レベルの事実です。

 

日本の英語教育は英語を話せない結果を生んでいた、人は睡眠をとる、私は今行きている、などと同レベルの、当たり前の事実なのです。

 

着物クリーニング技術者は同じ着物で同じくらいえりが軽く汚れている美しい着物に対し、丸洗いしたかえり洗い+仕上げアイロンしたか見分けはつかないはず。

 

なぜでしょうか?

 

ちゃぶ台をひっくり返すような表現で申し訳ないのですが、理由はとても簡単です。

 

もともとえりしか汚れていない、美しい状態の着物だったから!

 

設定を思い出していただければ納得できるかもしれません。設定では等しくえりにうっすらと軽い皮脂汚れしか「汚れはない」としています。

 

短時間、1日だけ着たかけえりが筋状にうっすらと汚れているだけの着物を丸洗いしたかえり洗いと仕上・アイロンだけしたかどうか?

 

判断するモノが無いのです。

 

丸洗いにはその工程にえり洗いも仕上げアイロンも含まれます。

 

えり洗い+仕上げアイロンの組み合わせも、えりを洗ってアイロンを当てる、という点では丸洗いと同等の品質が提供できます。

 

丸洗いに含まれるえり洗いと部分洗いであるえり洗いは同じ溶剤を用い同じ作業工程で洗う作業です。

 

丸洗いで行うえり洗いと部分洗いのえり洗いの溶剤や工程が違う、という事はありません。着物お手入れルールでは双方とも同じ工程を同じ溶剤で行うと規定されています。

 

ここでの重要なポイントは、えりの汚れをキレイにする作業はドライクリーニングではなくえり洗い作業だという点です。丸洗いに含まれるえり洗いでも部分洗いのえり洗いでも、ことえりの軽い汚れ落とし品質に限っては同じ結果が得られます。

 

丸洗いにはその他そで洗い・すそ洗い・ドライクリーニング・仕上げアイロンが工程に含まれます。ところがこれらの作業ではえりの軽い皮脂汚れファンデーション汚れを落とすのは非常にムズかしいというのが本当のところです。

 

当店が「えりの汚れが気になるだけで他の部分の汚れは気にならない、またはえりしか汚れていないなら費用が安いえり洗いだけでご利用いただけるようにシステム化しているのは、こうした事実に基づき顧客満足度を考えて出した結果からきています。

 

だからと言って丸洗いを
否定しているのではありません
丸洗いには丸洗いの特性があります

丸洗いは高い安全性が最大の価値


現実的には丸洗いをするかしないかの
2者択一問題→当店の解決策は・・・

特に着物に不慣れな初心者の方に向けて申し上げます。

 

「皆さまが着物を洗おうかしら?」とお考えの際は、当店のご利用を前提とすればまず丸洗いはお考えにならずご相談ください。

 

例えば汚れをチェックした結果、えりに軽い筋状汚れ、そで口内側にウデとこすれてできた軽い皮脂汚れがあるとします。

 

当店の設定する格安着物クリーニング料金では詳細は省きますが、この例の着物へのクリーニングはえりそで洗い+仕上げアイロンよりも丸洗いを行った方が、料金が安くすみます。

 

しかも、ドライクリーニングまで含まれます。

 

例)裏地付き あわせ着物の丸洗い料金
小紋・つむぎ・色無地・訪問着など
丸洗い料金:3,600円~

 

ドライクリーニングは世界的に見ても最高の安全性をほこるクリーニング方法で、特に日本国内で丸洗い(ドライクリーニング)を注文した場合、事故が起こるのはとてもマレです。

 

その意味で丸洗いは着物クリーニングの定番という地位を築き上げてきたのですが、初めて着物お手入れをお考えの場合などはなっから丸洗いをリスト入りする必要はありません。

 

着物の汚れをキレイに改善する仕事・作業は実質的に手作業で行う作業が中心です。

 

丸洗いは比較的汚れの少ない、着用回数が少ない着物のお手軽なクリーニングに向く、このようにお考えいただいて間違いないと思います。

 

 

ご相談の際に着物をどうキレイにしたいか、を具体的にご要望としてお知らせくださればできるだけ安くできるだけ目的が叶うよう、全力でお見積りをご案内いたします。

 

(できるだけ安く目的が叶うと遠くにあるネットショップでも、フシギと次回も続けてご利用いただける事が多く、そこで当店ではこの2つを高い次元で提供する事に日々必死になっているのです)

 

高級なお着物、想い出がいっぱいのお着物、大切なお着物、祖母・母が着て私で3代目になる振り袖着物 ───。

 

これらのお着物には特に安全性が高い丸洗いがピッタリです。

 

ただ・・・
えりをちょこちょこっと洗うだけで、
そで口内側をちょこっと洗うだけで、
気になる汚れをしみ抜きするだけで、
しわをとりたくアイロンするだけで、
当店はご利用いただけます。

 

お客さまが「何をどうしたいか」をお知らせくださると、さらに「ご希望予算」までお知らせいただけると目的にかなった着物クリーニングになる可能性が高まります。

 

ご相談の際にはぜひご要望をできるだけ詳しくお知らせくださいませ。

 

そしてたまたま興味を持ったのが「格安料金で正絹着物をみず洗いできる店」としてだった場合の考え方ですが・・・。

 

「このままでは着る事ができないのでタンスの肥やしか捨てるしか無い」と判断する着物にだけ「みず洗い(特に最安のAコース)へのご相談を」ご検討ください。

 

着物をよく着る方でもとっても迷う、安全性に少々問題がある格安着物みず洗いAコースは、着物に不慣れな初心者の方には本当にとてもハードルが高いクリーニング法だ、とご理解いただければ幸いです。

 

ただし、「クサすぎてこのままでは着れない着物」の場合、話はガラッと真逆になります。

 

少々寸法に余裕のある着物なら、ぜひ格安着物みず洗いAコースをご検討ください。ぜひみず洗いAコースへのご相談をくださいませ。

 

そんな悩みを持つ着物へのみず洗いAコースの事後評価は、(至らぬ点はあれど)とっても高評価・好評価をいただいています。

 

丸洗い、部分洗い、しみ抜き、そしてみず洗いAコースを目的に応じて使い分けられる日本で唯一のお店です。しかも着物の汚れを安くキレイにする宣言を行っている当店ならでの強みを生かした着物クリーニング品質をお届けいたします。

 

もちろんお安く。

 

ご相談はお気軽にどうぞ。

いつでもお待ちしております!

 

次章:ドライクリーニングの衝撃的問題とは(準備中)

きもの医のホームページをご覧くださりありがとうございました。
m(_ _)m


友だち追加 LINE無料画像見積り
月~土曜 12~22時