着物クリーニングの選択肢!
格安着物みず洗いとは

着物みず洗いリニューアル

みず洗いABCコースが「着物みず洗い」にまとまりました。新たにみず洗い+お直しバリューセット、みず洗い+お仕立て直しバリューセットとして大改編しております。
多くの着物類でこれまでよりも安価なお直し付きみず洗いバリューセットを構築中です。
大変お手数ですがこの件にご興味がある方は直接お問い合わせ下さいますようお願いいたします。


着物に着られるか、着物を着るか

誰に見られるのを恐れるのですか?

当店の着物みず洗いは一定のリスクがあります。例えば縮みや色にじみ

でももし多少縮んだとして、もし多少色にじみが起こったとして、誰に評価されるのを恐れるのでしょう?

着物なんて単なる衣類です

強いメッセージになるので大変恐縮ですが、『着物に着られている方』はいらっしゃるようです。

着物に着られるとは、主に男性のファッションセンスをいじる際に使われる言葉です。「あの人ジャケットに着られてるよね」と。「彼は普段着つけないジャケットをおしゃれになるからと誰かに入れ知恵されて着たに違いない」・・・といういわゆる悪口ですね

これを当店では「ファッションアイテムを自分なりに着こなしてないよね」という言葉として理解しています。

着物に手慣れた方が時間がない中、3分くらいでザッと着付けた様子を見て「あの方さすがだわ~。人の目を気にせず自分流に着こなしてる姿がス・テ・キ」と感じる方が大勢いらっしゃる事、ご存知ですか?

着物初心者の方なら2時間かけてようやく「あぁ・・・ついに自分で着れた!決まってるはず!」と思いきや・・・みなまで申しません。

でもよく考えてみて下さい。皆さまが着物をお召しになる際、誰の目を気にしているのでしょう?

着物仲間の先輩方?、着付けやお茶・お花の先生ですか? それともすれ違う全ての方の視線でしょうか?

当店は(また言葉が強くなりますが)日本特有の権威主義が苦手です。着物はこうだ、大正時代はこうだった、昭和は、江戸時代は、繻子がどう、おはしょりの長さは~~~。

彼ら彼女らには実は正解がありません。要するに彼らが「どうするのが好きでどうするのが嫌いか」なのです。

他人の目を気にするあまり ───ゆき(要するにそでの長さ)が短いから、身丈が長すぎるから、掛衿かけえりに汚れが目立つから、訪問着か付下げか判断できないから、・・・。

そんなの、気にしすぎなだけです。

若い方のファッション・おしゃれの楽しみ方をうらやましく思うだけで「もう若くないから」というのはとってももったいないです。

・・・ここまで割合強いメッセージを出しているのは単に「多少短い、足りない丈でも気にせず着ましょう」、「多少汚れがあっても気にしていられません」といった、お茶をにごすようなゴニョゴニョ意見ではありません。

着物は単なる衣類なので、ぜひ自分なりの感性で楽しんで下さい!というメッセージです。

羽織の着丈や素材の組み合わせのルールはいわば「声の大きい方が自分の意見が通るので言いたいように言っているだけ」、と受け止めてみてはいかがでしょう?、という問いかけです。

多少大きい、例えば裄が短いけど身丈はぶかぶか・・・経験ありませんか?そういった身体に合わない着物を着るのはNGでしょうか?

ぜんぜんそんな事はありません。

他人のお召し物を見てわらう行為は人としてどうなのでしょう?というのが当店の立場です。

昔の着物はそもそも身体が小さかった日本人の流行などに合わせて作られた、着物のもとになる反物の巾自体がせまいものがほとんどです。

それを工夫してお召しになる姿こそ、当店では「お見事!」と感じる次第です。

みず洗いすると多少縮む、色にじみが起こるかもしれないという事に対しての言い訳ではありません。

自分が自信を持って手間ひまかけてお召しになった衣服は、ぜひ自信を持って楽しみましょう。

本当に忘れないで下さい。

街で着物姿の方とすれ違う瞬間、多くの第三者が感じる想いを。

「あぁ ───。私もいつかはあのように着物姿で街をねり歩きたいものだ」・・・あなたも昔、そう感じた時代があったのではありませんか?

その時、その着物をお召しになった方の着付け方や衣紋の抜き方、帯との組み合わせ、ぞうりの色合いバッグの大きさなど、しげしげチェックしましたか?

そんな事、しなかったはずです。(^^

着物の多少のトラブル、寸法合わない問題は気にする事はありません。ぜひ着物をお召しになったその時間そのものをご自身の素敵な想い出として積み重ねて下さい。

それが着物様が心底感じている希望だと、当店は強く強く、感じている次第です。

近くにいる方誰もが気づくくらいキツいニオイを発する着物は身近な方から離れてしまいます。

前回汗をたっぷり吸ったベタベタする着物をお召しになる時、「あぁ、これはもう着れないな」とあきらめる瞬間 ───。

みず洗いはこうした単純なトラブルを安価に解決できます。ただちょっとだけリスクもあります。

いつでも着物を楽しんでお召しになれるよう、たまにクリーニングを検討してみてはいかがでしょう? 当店はクリーニングやお直し・お仕立てに関しては非常に安価に利用できます。

みず洗いトラブルは激減?

縮み・色にじみは

正絹着物をほどかずそのまま水で洗うみず洗いのトラブル発生率は年々少なくなりつつあります。

2021年度の当店独自統計では縮み・色にじみトラブルは、それ以前に比べ激減する事ができた、と自負できるほど少なくなりました。

縮みトラブルは限定的で、多くは下記のお品で認められます。身丈の縮みで元の寸法より最大15ミリまでの縮みは問題ない、との独自基準です。着物も長襦袢ながじゅばんもほとんど変わりません。

 ・八掛はっかけ縮緬や伸縮性がある生地の場合
 ・表地が縮緬ちりめんや伸縮性がある生地のお品
 ・男物の袷着物(裏地が綿生地のもの)

次いで多かった色にじみトラブルも激減し、次の着物以外ではほぼ問題なく処置が進んでいます。

 ・比翼ひよく仕立ての黒留袖や色留袖
 ・胴裏どううらが赤や黒などの品
 ・表地が白っぽい淡い色で、八掛が黒や真っさお、真っ赤っかの品
 ・完全に染色堅牢度が壊れた生地の品 そのほとんどはとても濃い色の生地か、とても古いお品だと考えられます。

逆に言えば上記の条件に当てはまらないお品のほとんどはトラブルなく、1万円で数千円お釣りが出るみず洗いで安全に洗えています。

評価されなかった点

2021年のご利用状況をまとめたところ、「ニオイの解決をと考え注文したのにニオイが落ちていなかった。注文した意味がなかった」と数件のお声がありました。

お客様がサービスをご利用された後、正直に感じるご意見として「そう感じるのはそうだったのだ」と受け止めています。

ただその他大勢の方からは「ニオイは落ちた」「スッキリ洗ってもらえた」「気持ちよく着られる」とのお声が大多数だったため、言いすぎかもしれませんが下記のように受け止めました。

 ・ニオイに「超敏感な方」にとっては満足できない品質だった
 ・生地自体に元々あるニオイを「嫌なニオイ」と反応されたのかも・・・ ニオイが残ってた!とご指摘のあった着物の生地は全てつむぎだったため、紬を例にします。紬は現代でも最高の洗浄力を誇る洗い張りを行っても、生地本来に定着している香り(=ニオイ 人によっては悪臭)があります。

これは製作工程をご存知なら理解できる・・・とは考えられますが、「ニオイが取れるサービス=みず洗い」をご利用された方の評価は人それぞれのため、「ニオイが思ったより残っていた」と申し出られるお客様のご判断は正しいと受け止めています。

ただし・・・言い過ぎかもしれないとは重々承知で申せば、世間一般で大多数の方が「イヤなニオイ」と感じるかどうかはわからないニオイが残留していた、という当店の意見もあります。(ニオイ残りを指摘されたお客様に反論するつもりではありません。)

みず洗いの意義
着物をほどかず水で洗う意義

これらをサービス提供側の店が独断で評価してみます。

3月4月5月、10月11月12月に着物ルールにキッチリ従い、決まり通り裏地のある袷着物あわせをお召しになる際、汗汚れができないか?と不安になりませんか?

天気予報がどのチャンネルでも40%以上で降ったとしても一時的な「しとしと雨~弱い雨」の場合、お召しになるのに不安はありませんか?

たまにしか着ない着物でも会食やパーティーにお召しになるタイプのお品なら食べこぼしやコップの水のしたたり汚れができるリスクを感じませんか? みず洗いはそうしたしみ抜き料金を総額で見た時にお安くできるポテンシャルを秘めています。食べこぼしを気にせずお召しになれるようになると着物をお召しになる機会が増え、注目を集める機会が増えるのでは?です。

ニオイに敏感な方・・・
 前回お召しになった時「汗かいたな~」「誰かが通りすがりの時フッと顔をそむけたなぁ→(私、ニオってたのかも?)って着物、自身を持ってクリーニングせず次回、お召しになれますか?

・・・もしそんな着物があったとして、いちいち洗い張り(+再仕立て)に出せる方が普通なのでしょうか?

絶対そんな事、ないと思うのです。 いくらおしゃれ着でも着回すごとに数万円のクリーニング代払ってお手入れする方は日本に何人いるのでしょう? 当店では長襦袢ながじゅばんの上に着る着物は洋服で言う『スプリングコートのようなもの』、と発信しています。スプリングコートって3月に着てクリーニングに出し、4月に着て・・・5月に着て・・・クリーニングしますか? そもそも、汚れがないのにクリーニングする意味はない、と当店では考えています。汚れがなくともニオイが気になるなら話は別ですが・・・。とは言え、洗い張りは最高の品質を感じられるクリーニングお手入れ法です。フトコロに余裕がある方はぜひ常に洗い張りをご利用下さい。(当店は洗い張りを行っていないため、洗い張りは信頼できる他店をご利用下さい)

そこで、きもの医の格安着物みず洗いクリーニングです。

表地の色目、色付きの胴裏どううら生地、縮緬ちりめん系の八掛はっかけ生地により割増はあるものの、ご依頼いただく着物のうち80%の着物は4千円以下の格安料金で『水で洗える』のです。

サービス提供を始めてここまで同業他社様が参入されない事が不思議でなりません。

だって(標準語(笑))、着物専門クリーニング店を運営していればお客様から喜びの言葉を聞きたいじゃないですか。それも本音の声を。

 カビっぽいニオイが気にならなくなった、ありがとう!
 樟脳のニオイがすごい減った、これなら着れる!
 3千円で買った中古品でも『こうすれば』気持ちよくそでを通せる!
 洗い張りほどの費用をかけずともこれだけの品質があれば多少のトラブルも気にせず利用できる

───ありがとう!また利用します!と。

ここまで読み進められたあなたさま、どう感じますか?

当店ではトラブルが起こる可能性があっても何年か ───、十年くらい ───、何十年後には ───、私どもが提供する数千円で様々なトラブルを解決できる着物のみず洗いがひとつのスタンダードになっているはずだ、と信じています。

提供する側が言うので控えめに受け止めていただければ、とは思いますが、「みず洗いって悪くありませんよ」と、声を大にしてお伝えしたい今日このごろです。^^

割り切れば最適な着物は・・・?

2,400円~格安着物みず洗い(以下 みず洗い)は下記のようなお品に最適と考えています。

  • 直接肌に触れる長襦袢
  • 多少身丈が縮んでもおはしょりが作れる着物
  • 多少縮んでくれた方が着付けやすい着物・長襦袢
  • すでに周辺にみがある着物・長襦袢
  • ニオイが強く着にくいお品
  • 汗をたくさんかく方のお品

着物クリーニングの新たな格安の選択肢!
みず洗いをオススメできる着物まとめ

これらをざっくりまとめたオススメ表現が「多少縮んでもオッケーな着物ならみず洗いは良い選択になるかもしれません」です。

こうした着物類以外でも「普段着だから多少のトラブルはオッケー」と割り切れる着物・長襦袢・羽織・コート類にも適していると言えます。

逆に次の項目に当てはまるお品はご利用前に十分な検討が必要です。

  • ジャストサイズのお品
  • 今すでにピチピチで余裕がないお品
  • や身丈が足りない着物

これらはみず洗いだけでご利用いただくのははまったく不適切です。

ところがみず洗いしたいお品があり、費用によってはついでに身丈出しや出し・身巾出しなども検討している、となれば話は真逆になります。

なぜなら当店の新たなプラン、みず洗い+お直しバリューセットは当然のように超格安料金でご利用いただけるからです。

当店が生まれる以前、数年前までは5千円以下で正絹着物をみず洗いするサービスはありませんでした。

100万円でご自身の寸法に合わせて作ったばかりの着物には適していると言いにくいのは事実です。

ですが皆さま、お手持ちの着物はいかがですか?
 友人知人からの頂き物やネットや格安店で入手した中古着物や新古品 ───。

洗い張りとは違ったコンセプトを持った新たな着物クリーニングの選択肢として、ぜひ適していると感じる品にお試し下さい。

たくさんの型崩れ着物

実はタンスで眠っている間に正絹製の着物や長襦袢はちょっとずつ縮んで型くずれしています。

長期保管時の着物の縮みは自然な劣化
年々進む正絹 着物の老化現象

「うそーっ!?」とお感じの方、着物を開いて周辺や縫い目付近をチェックしてみて下さい。

全てではないものの何となく裏地がふっくらしていたり、すその生地が足りなかったり引っ張られたり・・・そうした様子が確認できるお品は少なからず見つかると思います。

これはすでに生地が空気に反応して縮み、型くずれしている事例です。実はこうした型くずれした着物を気にせずそのままお召しの方はたくさんいらっしゃいます。

そう考えるとみず洗いで多少身丈が縮んだり型くずれしても、同じように気にせずお召しになれる品が見つかるのではないでしょうか。

着物みず洗いは料金表通りの費用で文字通り2,400円~という格安料金で汗汚れやニオイ汚れが解消できます。これが最大のセールスポイントです。

格安にするために他の処置は全て組み合わせメニューとし、ジャバッと水で全体を洗うだけ 実際にはみず洗い+自然乾燥+アイロン仕上げがフル工程です に特化し、汗とニオイを安く何とかしたい、というニーズに合わせたサービスです。

少し大きめ・多少縮んでも大丈夫な着物なら、丸洗い・汗抜き・洗い張りに加えてみず洗いはコスパ的に幸せをもたらす事でしょう。

汗を安く除去したい、ニオイを安く何とかしたい着物がございましたら、ぜひ一度格安着物みず洗いをご検討くださいませ。

 

縮んだ着物を復元するサービスは
着物みず洗いよりも割高

手間をパス、格安料金でみず洗いを

当店には『縮んだ着物の補正サービス』という、お家で誤って、またはチャレンジして水で洗ってしまった着物が縮んでしまった際、ある程度元の寸法に戻せる縮み補正サービスも承っています。

声を大にして申し上げます。正直セールストークではありません。

縮んだ着物の復元サービスは格安着物みず洗いよりもまあまあ割高です。

ちょっと考えてみて下さい。いろいろとネットや知り合い・着付け踊りお茶お花の先生方から情報を仕入れ、深く勉強し、絶対成功させるつもりで行ったお家での着物水洗い。

成功すれば全て良し、は確かです。ところが当店ホームページを見にいらっしゃる方のうち、かなりの数、縮み補正サービスのページをご覧になっています。

これはつまり、洗った、間違って洗濯機に入ってしまい縮んだ着物を『なんとかできないの?』という方が多数いらっしゃる証明です。

手間を省き、ご家庭での水洗いよりもあらゆるリスクは小さくでき、アイロンする手間も省ける格安着物みず洗いは正絹着物を水で洗いたい、というニーズにピッタリです。

なぜ? ───それは戦略的な料金帯、値付けだからです。8割の着物が2,400~4,200円のボリュームゾーンで水で洗えるサービスである格安着物みず洗い。

 

お時間がたっぷりある方は別として、お仕事や子育てで忙しい方にとっては丸投げする価値のある価格と品質だと強く自負しています。

誤解を防ぐため正確な情報を

みず洗いの最高峰は洗い張り

着物を水で洗う最高の方法は『洗い張り』です。

着物専門クリーニング店・悉皆店・着物/呉服店に聞けば、必ずそう言います。

当店の答えも「着物の水洗いは洗い張りが最高」です。千年以上の長きに渡り、洗い張りがナンバーワンです。

古来から続く着物クリーニングの伝統工法
洗い張りとは?

洗い張りにとって変わる処理法はありません。洗い張りに出せば他に競合する処理法がないほどの品質が得られます。

当店の着物みず洗いは自信を持って提供していますが、こと水洗いで得られる品質、元の寸法に戻せる復元力については洗い張りには及びません。

多少費用がかかっても着物の伝統的な洗濯方法をご希望の際や、最高の洗浄力で洗いたい着物には洗い張り以外の選択肢は無い、これが正解です。

当店のみず洗いが洗い張りよりも上回っているのは『水で洗濯できるのに突出した安さ』という、コストパフォーマンスなのです。

格安着物みず洗いは『基本的に着物の形のまま水で洗う工法』で、『着物をほどいて洗う伝統的水洗い手法の洗い張り』とは別物です。
 みず洗いは「洗い張りは高額すぎて利用しにくい」とお考えの方に一定受け入れられるパフォーマンスを持っています。

退路を立つ意味で洗い張りのお取り扱いはございません。洗い張りをご希望の方は他店をご利用下さいますようお願いいたします。

洗い張りには洗い張りでしか得られない品質や満足感があり、ついこの間始まった当店のみず洗いコースと比べる事自体「おこがましい」ものです。

当店のみず洗いコースはリスクを含めて考えれば洗い張りに劣るのは事実です。

多少費用をかけても構わない、そんな着物にはぜひ洗い張りでの処置をオススメいたします。

正絹着物を水で洗いたい ───
そんな風にご検討されたのには理由があると思います。

カビが気持ち悪い、ニオイが強烈すぎて、誰が着たかわからないアンティーク/中古着物・・・。

洗い張りは古来から続く伝統的な正絹着物の洗濯方法です。

費用にこだわらない方は、ぜひ洗い張りをご検討ください。

くどいですが、当店では洗い張りのお取り扱いがございません。洗い張りは他のお店にご相談ください。結果的に、いろいろな意味でとてつもない満足感が得られるはずです。

新たな可能性を秘めた
格安料金の着物みず洗い

着物のクリーニングと言えば・・・
丸洗い(京洗い・生洗い)、汗抜き、しみ抜き、柄足し、そして洗い張り。

 

今まで選択肢はこれらのみでした。

 

当店が独自開発・提供中のみず洗いは、着物クリーニング方法に新しい可能性を生み出しました。

 

汗汚れを安くクリーニングできる!

ヒドいニオイを安く除去できる!

 

この2つキーワードに魅力をお感じになるのなら、丸洗いや汗抜きでは決して得られなかったクリーニング品質をとってもお安く得られるようになったのです。

 

「お安く?」

 

みず洗いは一般的な着物丸洗いクリーニング料金よりも安く、丸洗い・汗抜きでは得られなかった汗とニオイを落とす目的がはたせます。

 

ただ1点、正絹は水で洗うと少し縮んだり型くずれ感が出たりします。これは正絹着物をみず洗いする際にどうしても理解しなければならないリスクです。

 

単2,400円~ 袷2,900円~
格安着物みず洗い

裏地無し・ひとえ着物
薄もの・普段着のお手入れ
クリーニングに最適!

 

安く汗・ニオイをとる超人気コース!

 

小さめ・ジャストサイズを除く、多くの正絹着物でご利用いただけるコースです。

格安着物みず洗い+お直し
バリューセット

水で全体をスッキリ洗い、希望
寸法へ直しても格安でお届け!

格安着物みず洗いと国内和裁士様の手縫いによるお直しがセットになったバリューセットをとても利用しやすい料金でまとめました。

一般的な和裁店の手縫い寸法直し料金とほぼ同等~若干安い価格でみず洗いまで付いてきます。興味がある方はぜひ下記ページをご参照下さいませ。

中古で安く手に入れた着物、ご家族のお下がりで大量に入手した着物、いただきモノ ───。ほら、思い返せばタンスやクローゼットに着れない、とまとめてほったらかしている着物がありませんか?

お安く復活させるチャンスが来ました。ぜひ一度ご確認下さい。

最後まで目を通してくださりありがとうございます。
m(_ _)m