正絹着物の染み抜きしみぬき
着物の染みしみ・汚れ・変色を
料金でキレイに!

着物染み抜きしみぬきくするための
ノウハウ・アイデアが

当店へご相談の際はムズかしくお考えにならず、ご自身が希望する内容を下記のような普通の言葉でお伝えください。

着物のクリーニングの勉強をする必要はありません。

  • ○年○月○日までに戻してほしい
  • ○円までが希望
  • ○円を超えると出せない
  • 特定部分の見える汚れが気になる
  • えりの汚れが気になる
  • しわが気になる
  • アンティーク・中古着物でそでを通すのが気持ち悪い
  • 着物で一般的なクリーニングができれば良い
  • ニオイがキツくて着れない
  • たくさん汗をかいたから気になる
  • 丈を○○cm出したい、詰めたい
  • 幅を○○cm出したい、詰めたい
  • 反物を着物に仕立てたい
  • 水で洗いたい

「丸洗いをお願いしようと思うんですが・・・」とのご相談をよくいただきます。

しかし経験上、着物クリーニングで一般的な丸洗い(京洗い・生洗い・『屋号』洗い)の本当の中身を理解している消費者は多くない、と痛感しています。

それは着物販売店スタッフや着付け/お花/お茶/日本舞踊などの習い事の先生方やスタッフの方も同じです。

実はえりの筋状汚れなどごく一部を除き、正絹着物の見える汚れは手作業である格安汚れ落としえり拭き/えり洗い等部分洗い染みしみ抜き変色処理格安柄足しなどでの処置が必要です。

また仕上げアイロンだけのご利用も可能です。

丸洗いはえりやそで口以外の見える汚れをキレイにするのにあまり効果的だとは言えません。そのため当店では丸洗いセットを必須とせず、気になる汚れだけをキレイにしてとのご要望を広く承っています。

『本当に丸洗いで良いのですか?』と逆に質問すると、後に上記例のような本音を伺う事ができます。

上記例のような直接的な希望を伺う事で、ご相談者様にとって『迷う要素の少ないお見積り』が可能となります。

ぜひ上記例のような普通の言葉でご希望をお寄せいただき、余計な処置を含まない適切なお見積りをお受取り下さい。


当店では正絹着物のしみ抜きは
難しい
と言われた時代はすでに
終わった、と技術で証明中!

革新的な新技術を取り入れた
着物専門お手入れクリーニング店
着物のしみ汚れ変色を美しく処理する
料金を安く提供しようと生まれた店

当店では日々届く皆さまからの依頼品であるお着物に対してこう感じています。

 

「しみ抜きクリーニングがむずかしい」と感じるほどややこしい汚れ方をしている着物はほぼ無い ───と。

 

意外でしょうか?

 

私どもはさまざまな新技術・新洗浄剤に加えて一般消費者目線で物事を考えるなど、さまざま工夫する事で着物のしみ抜きが技術的にむずかしい、というハードルをすでに超えました。

 

少し詳しく言います。

 

除去するのがむずかしいしみ・汚れ・変色は当店に届く依頼品に限ってはかなり少数派です。ほぼ無い、と言っても過言ではない、それくらい少ない状況が続いています。

 

いま私どもが直面している次の課題は、料金との戦いです。

 

価格を最初に安く決めたら作業を
合理化・簡略化するしかなかった

結果的にしみ抜き料金を格安化し、
着物の汚れ処理を安い費用で実現中

着物の汚れをキレイに落とす費用が数万円は高すぎる!

こんな風に考えるとわかりやすいかもしれません。

 

ピンポイントで汚れをキレイにするしみ抜き作業に絞って着物専門クリーニング店の現状を調べると、やはりしみ抜きにはそれなりの費用がかかる実態が見えてきました。

 

洋服と異なり着物は注意していればそんなに汚れる事はありません。

 

しかし汚れてしまったら莫大な費用がかかる、というのは良し悪しは別として一種の常識のように広まってしまっています。

 

そこで着想としてまず、着物1枚にかかる費用の平均が毎回1万円はやはり高いだろうと仮定し、最初に価格設定を行いました。(まる洗いクリーニングが含まれる場合の相場感です---きもの医調べ)

 

着物の汚れを安く処理するなら複数の
着物専門クリーニング店に同時に相談する
のがもっともカンタンで良い方法です。

 

正絹着物のしみ抜きの定義

しみとは洗剤を用いた処理を必要
とする汚れで、その汚れを落とす
作業名をしみ抜きと定義

きもの医ではいわゆる「しみ」の定義を洗剤を使わなければ除去できない汚れと定義しています。

 

えり洗い・そで洗いなどに使用する揮発性溶剤だけで除去できるような軽い油汚れは単に「汚れ」と表現し、しみ抜き処理よりかなり割安に処理できる格安汚れ落としにて対処しています。

お店によっては専用溶剤ではなくベンジンを使用している場合もあります。水分を含まない溶剤です。

 

 

これは着物のしみ抜きを安くするために非常に重要なポイントです。

 

これをお読みの皆さまの中にもこれらの「しみ」と「汚れ」をごっちゃにとらえられている方がたくさんいらっしゃると思います。

 

この「しみ」と「汚れ」をきちんと区別する事で、もし当店をご利用する腹づもりの皆さまにもわかりやすくご案内できるものと考えています。

着物につきものの黄色・茶色の
変色の処理はお高いんでしょう?

着物のクリーニングやお手入れ、トラブル時はいつでもお気軽にご相談くださいませ。

 

相談してよかった!と思っていただけるよう、できるだけご要望にお答えいたします。

もちろん、お安く。


 

きもの医のホームページをご覧くださりありがとうございました。
m(_ _)m


持って行って相談できない店

だから安価が現実に

◆当店は《着物を安い料金でキレイにしみ抜きしたりクリーニングしたりお仕立て・お直しする事がポリシーの店》で大阪はもちろん全国を対象としたネットショップです。

安さ実現のため様々な工夫を取り入れたため「利用する際わかりにくい」とお叱りを受ける事もありまず。そのひとつが「直接店まで行き目の前で着物を見ながら相談できない店」です。

「お店まで持って行きたい」とのご要望はよくいただきますがどなた様に限らずお断りしております。理由は今の安価な料金帯を維持するためです。接客係を置かない店なのです。人件費削減で安価を実現しているのです。

この件のご相談は「できない事がわかっている上でのご相談で、私どもにとっては営業妨害と等しいものです。この点ご理解いただければ幸いです。

当店をご利用いただくには宅配便等でのやりとりか、大阪/東大阪市内とその周辺地域向けの訪問集配サービスのみとなります。

お問い合わせいただきましても同じご案内となります。なにとぞ「持ち込みに関するご相談」なくご利用いただきますようお願いいたします。

■電話番号■

050-7121-0123
受付:平日 11~20時

時間外も電話に出れる時は
対応します。


 

■お着物の発送先■

〒577-0005

東大阪市七軒家
11-13

きもの医 あて


■メールアドレス■

●お問い合わせ●

soudan@kimonoi.com


 

●ご注文お申し込み●

order@kimonoi.com


 

●会員登録する●

member-registration@kimonoi.com


特定商取引記載事項
(準備中)

クリーニング事故賠償基準
(準備中)