正絹着物の丸洗い
クリーニング料金
安い高かった

お店ごとに丸洗い料金の幅が
大きい理由は・・・ナンなの?

当店へご相談の際はムズかしくお考えにならず、ご自身が希望する内容を下記のような普通の言葉でお伝えください。

着物のクリーニングの勉強をする必要はありません。

  • ○年○月○日までに戻してほしい
  • ○円までが希望
  • ○円を超えると出せない
  • 特定部分の見える汚れが気になる
  • えりの汚れが気になる
  • しわが気になる
  • アンティーク・中古着物でそでを通すのが気持ち悪い
  • 着物で一般的なクリーニングができれば良い
  • ニオイがキツくて着れない
  • たくさん汗をかいたから気になる
  • 丈を○○cm出したい、詰めたい
  • 幅を○○cm出したい、詰めたい
  • 反物を着物に仕立てたい
  • 水で洗いたい

「丸洗いをお願いしようと思うんですが・・・」とのご相談をよくいただきます。

しかし経験上、着物クリーニングで一般的な丸洗い(京洗い・生洗い・『屋号』洗い)の本当の中身を理解している消費者は多くない、と痛感しています。

それは着物販売店スタッフや着付け/お花/お茶/日本舞踊などの習い事の先生方やスタッフの方も同じです。

実はえりの筋状汚れなどごく一部を除き、正絹着物の見える汚れは手作業である格安汚れ落としえり拭き/えり洗い等部分洗い染みしみ抜き変色処理格安柄足しなどでの処置が必要です。

また仕上げアイロンだけのご利用も可能です。

丸洗いはえりやそで口以外の見える汚れをキレイにするのにあまり効果的だとは言えません。そのため当店では丸洗いセットを必須とせず、気になる汚れだけをキレイにしてとのご要望を広く承っています。

『本当に丸洗いで良いのですか?』と逆に質問すると、後に上記例のような本音を伺う事ができます。

上記例のような直接的な希望を伺う事で、ご相談者様にとって『迷う要素の少ないお見積り』が可能となります。

ぜひ上記例のような普通の言葉でご希望をお寄せいただき、余計な処置を含まない適切なお見積りをお受取り下さい。


2千円台で丸洗いする店と
8千円台の丸洗いの店はナニが
どう違うの?わかりにくすぎっ!

当店は3千円台が中心の格安系です(^^

他店の事は存じませんので・・・
丸洗い工程を理解すれば・・・

 

着物クリーニングの伝統的代表手法、丸洗い(まるあらい)の料金は激安系といわれるお店で2千円台から、8千円以上の高級店といわれるお店までさまざまあります。

 

消費者の皆様にとっては「同じ洗い方(の名称)なのに4倍近い価格差がある理由がわからんすぎる!との意見を含んだと思われるご相談を、私どもではそこそこ受けています。

 

勝手な解釈ですが、私どもが「勝手に想像した範囲で」できるだけ消費者の皆さまにわかりやすい說明をしようと思いいたりました。

 

あくまでも当きもの医の作業工程や原価率・人件費など経費を元にした面から推測するだけの内容ですので、この点をあらかじめご了承くださいませ。

 

料金が安い=何かを省いている

費用が最優先なら激安店を、
丁寧で安全に、時間をたっぷりかけて
作業してほしい!が優先なら高級店を


皆さまが理解しやすい事例として、水道代を中心にまとめてみます。

 

食事の準備である調理の際に出る鍋やフライパンの汚れ物、食後のお皿など、洗う時に水道代を意識して節約しているご家庭は多いと思います。もちろんお風呂や洗濯も。

 

なぜ水を使うのを節約するのでしょう?

「地球環境を守るため」と意識高い系の方もいらっしゃると思いますが、ほとんどの方は「水道代を節約=安くするため=高額にさせないための知恵」、こんな感じだと思います。

 

同じように食器用洗剤もできるだけ料金の安いものを選んでらっしゃる方は多いのではないでしょうか。→私どもも同じです。(^^

 


 

かしこく節約すればむっちゃくちゃな費用をかけて行った作業と同じくらいの効果がある、と・・・言いたいところですが、プロの作業ではそうはいかないのが実情です。

 

※当店では「お客様にご満足いただく事」を
最優先している関係上、洗浄材料と
人件費はどうしても削れないのです。

 

高級店といわれる老舗の丸洗いクリーニング店に比べ、非常に興味をそそるお得感の高いと感じられる激安・格安系の安さ爆発丸洗いクリーニング店はどんな方法で安さを実現しているか?

→これは3つの要因で決まっていると思います。

  • どれだけ洗浄材料を節約した
  • どれだけスタッフが時間をかけた
  • どれだけ利益をけずっている

 

同じ着物丸洗いクリーニング作業工程のお店があったとして一方は5千円、一方は8千円とします。

 

当店の着物丸洗いクリーニング料金は留袖・訪問着・色無地・付け下げ・小紋・喪服など一般的な正絹着物で3,200円~3,600円が中心価格です。激安・格安系、標準系、高級系に分類すれば激安・格安系のお店です。(丸洗いクリーニングが2千円台のお店からすると「一緒にすなっ!と怒られる可能性がありますが・・・)

 

激安・格安系丸洗いクリーニング店に分類される当店が丸洗いクリーニングを徹底的に分析し作業を見直し経費を計算しつくした結果、正絹着物の丸洗いを1点洗いで行いながら私どもが求める利益を確保するにはこれが限界、最低価格だと自信を持っています・・・。

 

 

当店では洗浄材料は業界最高水準のものを使用しています。素晴らしい性能を持つ業務用洗剤メーカーの材料を使用する事で作業の効率化に成功しました。(性能が良いので作業の時短化が可能になりました)

 

それに加えスタッフの動線の見直し・作業の合理化・効率化を徹底して行った結果、着物をキレイにする料金を安く抑える事に成功しています。料金に含まれる利益も一定とし、薄利多売で生き残る戦略を選択しています。

 

「正絹着物の丸洗い料金が3千円台という、安物のお店には大切な着物をおまかせできない!」という方も一定数いらっしゃいます。

着物丸洗いクリーニング料金が3千円を越える高い店は利用する気にならない!」

こんな意見の方もいらっしゃいます。(^^

 

丸洗い料金が3千円台以下のいわゆる安物のお店 (^^; には安心できないから、昔ながらのそこそこの料金でもキチンとベテラン職人さん(他に染色補正の資格を持っている技術者、表彰状を何度ももらっている技術者など)が1点1点丁寧に丁寧に目を配って気持ちよく美しく仕上げてくれるお店でないと出せないわ!

 

という派の方々にとって、推測ですが着物丸洗いクリーニング料金が5、6千円以下のお店は着物クリーニング店として眼中にないのではないでしょうか。

 

百貨店の外商や高級呉服店などでちゃ~んとした說明や正絹や反物・染色について色々なストーリーや伝統などを語れるスタッフのいる大きな看板・責任を背負ったところにしか出さない、と断言する方も、同じ意味で一定数いらっしゃると感じます。

 

要は正絹着物の丸洗いクリーニングに求めるものによりお客様が使い分けているので、激安系丸洗いクリーニングのお店も高級丸洗いクリーニングのお店も並立できているのではないでしょうか。

 

逆に(本当は非常に誤った、着物にとってとても過酷な状況につながる理解ですが)丸洗いクリーニングだけで着物をキレイにできるんでしょう?、だからその費用は安ければ安い方が得だし節約できるからいいじゃん!という方もとっても多い意見だと思います。

 

 

今このページを読み進めていらっしゃる皆さまがもっとも重要視・最優先したい内容はなんでしょう?

 

もし最重視している点が「安心して任せられる事」なら高級丸洗いクリーニング店以外、利用した事がないのではありませんか?

 

もし最優先するのが費用なら、激安系または格安系丸洗いクリーニング店を利用している事だと思います。(当きもの医はこのジャンル分けだと格安系に属します)

 

こと着物の丸洗いクリーニングに限定して言えば、業界標準ルールに従っているお店なら本当にどこのお店を利用しても結果に大きな差はありません。

 

ただ高級店には高級店の、激安店には激安店のメリット・デメリットはあると思います。

 

当きもの医はきもの医なりのメリット・デメリットがあります。

声を大にして申し上げたいのは、こと着物をキレイにする費用と品質のバランス・コストパフォーマンスに関しては他店に劣らないと自負している点です。

 

キレイにする事、その費用が安い事、これが当きもの医の自信であり、日々提供中のサービスです。

 

着物クリーニングに迷った時、ぜひ他のお店と同じお見積もり依頼をくださいませ。

その多くは目玉が飛び出すくらいのエブリデイ・ロー・プライス戦略にのっとった、圧倒的コストパフォーマンスのお見積もりになっている事だと自信を持ってお伝えいたします。

 

「見積りさせるだけさせて、他のお店と見比べよう」

ぜひ、お気軽にチャレンジしてみてくださいませ。

お見積もりは無料です。

 

本当にお気軽にどうぞ!

皆さまからのお問い合わせをお待ちしております!

 

きもの医のホームページをご覧くださりありがとうございます。

m(_ _)m


友だち追加 LINE無料画像見積り
月~土曜 12~22時