着物クリーニング
着物お手入れ・お申し込み

もっと気軽に利用できる!
着物を安くキレイにできる!

当店へご相談の際はムズかしくお考えにならず、ご自身が希望する内容を下記のような普通の言葉でお伝えください。

着物のクリーニングの勉強をする必要はありません。

  • ○年○月○日までに戻してほしい
  • ○円までが希望
  • ○円を超えると出せない
  • 特定部分の見える汚れが気になる
  • えりの汚れが気になる
  • しわが気になる
  • アンティーク・中古着物でそでを通すのが気持ち悪い
  • 着物で一般的なクリーニングができれば良い
  • ニオイがキツくて着れない
  • たくさん汗をかいたから気になる
  • 丈を○○cm出したい、詰めたい
  • 幅を○○cm出したい、詰めたい
  • 反物を着物に仕立てたい
  • 水で洗いたい

「丸洗いをお願いしようと思うんですが・・・」とのご相談をよくいただきます。

しかし経験上、着物クリーニングで一般的な丸洗い(京洗い・生洗い・『屋号』洗い)の本当の中身を理解している消費者は多くない、と痛感しています。

それは着物販売店スタッフや着付け/お花/お茶/日本舞踊などの習い事の先生方やスタッフの方も同じです。

実はえりの筋状汚れなどごく一部を除き、正絹着物の見える汚れは手作業である格安汚れ落としえり拭き/えり洗い等部分洗い染みしみ抜き変色処理格安柄足しなどでの処置が必要です。

また仕上げアイロンだけのご利用も可能です。

丸洗いはえりやそで口以外の見える汚れをキレイにするのにあまり効果的だとは言えません。そのため当店では丸洗いセットを必須とせず、気になる汚れだけをキレイにしてとのご要望を広く承っています。

『本当に丸洗いで良いのですか?』と逆に質問すると、後に上記例のような本音を伺う事ができます。

上記例のような直接的な希望を伺う事で、ご相談者様にとって『迷う要素の少ないお見積り』が可能となります。

ぜひ上記例のような普通の言葉でご希望をお寄せいただき、余計な処置を含まない適切なお見積りをお受取り下さい。



ご利用の注意点
安価維持の考え方からくる利用法にご注意下さい

読み進める事でご不快になる可能性がある内容を含みます。特に百貨店や著名なお店などで練度の高いベテラン接客技術を持つ方との接客に慣れた方は注意が必要です。高度な接客を必須とされる場合はこの時点で目を通されるのを中止し、接客対応が普通以下の可能性が高い当店ではなく接客に重きをおいている他店のご利用をオススメいたします。

時短化へのご協力

回答する項目が多く複雑!な理由

この下のご相談お申し込みフォームは初見の方には非常にわずらわしい申告が必要なものに見えるでしょう。これはお申し出内容を細かく回答しやすいよう誘導する事で、ご相談内容を再確認する時間が省けるため導入しているものです。

『ご相談の時短化』は価値ある品質を安く提供できる今の状況を維持継続する事に直結する、とても重要なお手続きとなっています。以前は本当に以下のようなやりとりが少なくなかったのです。

「クリーニング代はおいくらですか?」
どんな着物の何を解決なさりたいですか?
「結婚式で着る黒い着物です」
その着物の何を解決希望でしょう?
「クリーニングしたいんですけど」
特に汚れはなく、多くの方が注文している普通のクリーニングをご希望でしょうか
「はい、それとえり?の当りに黄色っぽい汚れがあるんでそれを何とかしたいです

その汚れがあるのは黒い部分の下側にある白いピラピラのえりの形をした部分(比翼ひよくえり)ですか?
「はい。黒いところにも白い筋みたいなものができてます」

このようにメールやLINEでのやりとりを進めなければならない必要があり、非常に悩ましい思いで対応しておりました。

この相談お申し込みフォームを通したご相談とする事で、最初に提供いただく情報量を一定確保できるため上記のような(失礼ではございますが)ある意味で不毛な確認のやりとりを省けるのです。

皆様にとって着物クリーニングはまず『信頼できる店』かどうかがとても重要だと思います。

ご相談を受ける店側としましても『真摯に情報提供をしてくださる方なのかどうか』をとても重要に感じています。 この注意点まとめの最後の章で詳細はご案内しているのでここでは省きますが、一定の率でキチンと対応してくださらない方も実際にいらっしゃいます。

このご相談お申込みフォームで真摯にお手続きいただける方なら信頼してご利用いただける方だと判断できます。ぜひ途中でくじけず、最後までもれなく『ご相談の時短化』へのご協力下さいますようお願いいたします。

ご希望や相談内容は重要

優先順位を知り的確な回答を提供

ご希望を伺うのはとても重要です。何よりも納期を最優先なさる、何よりも気になる部分を美しく再生するのを最優先なさる、コスパを最優先なさる、ご予算を最優先なさる ───ご相談いただく方により千差万別の内容が届きます。

ご相談時の優先順位の付け方がとても重要です。

優先順位をわかりやすくお知らせいただければ回答もしやすくお客様にとっても「質問したらすぐに回答があり『かゆい所に手の届いた』本当に欲しかった回答が得られる』。

この『かゆい所に目が行き届いた回答』こそが最も重要だと捉えています。最も皆さまが知りたい部分を回答できますよう、ご希望やご相談時の情報は「こんな情報は不要だろう」とはお考えにならず詳細にご提供いただければ幸いです。

予算を尋ねる理由

ご予算に応じたお見積りを提供するため

 あらかじめご予算・ご希望額を聞いていれば、その範囲内のお見積りだけで済み時短化が図れ、安定的な安さ維持につながります。 皆さまが期待していない額のお見積りをしない結果、その分時短化できその分安さを維持できる ───そういうロジックです。

皆さまからのご希望を承った結果、1,700円~2,5万円と幅の広い4つのお見積もりの可能性があるとします。4つご案内の結果2つ目にご案内の4千円のお見積りをご注文いただくとして ───。

そうすると残る2つの見積もりのご案内の必要が無かった事になります。ご案内しても、そもそも予算に合わないため結果としてご注文につながないお見積りとなってしまいます。

それならあらかじめご予算・ご希望額を聞いていれば、その範囲内のお見積りだけで済み時短化が図れるのです。

来年も再来年も、5年後に相談する際も全国相場から見て2割~7割安な着物専門クリーニング店、あってほしいと共感いただけるのではないでしょうか。
 そのために必要な情報が「ご希望額・ご予算総額」なのです。

そもそもご自身がざっくりお考えの費用上限が8千円として、相談の結果届いたお見積りが1万6千円だったらいかがでしょう? 

多くの方が「じゃああきらめて新たな着物を探すか・・・」など、決断の材料になるだけではないでしょうか。 その場合、当店にはメリットがまったくありませんし、お見積りにかかった人件費が回収できません。

その結果、1年ぶりにきもの医のホームページの参考料金付きご利用例を確認したら(ご相談の時短化が失敗し、値上げせざるを得ず)ほとんどが数万円以上で確実にキレイにしてた、って内容だったら ───?
 皆さまはそんな店に相談したいでしょうか? 

私達はそんな風に考えません。安さが実現できなければ着物の汚れを諦めざるを得ない、というのが正直な見解だと判断します。

ある程度の額、例えば「2万円まででなんとかしたい」とご依頼がある際は当店からすれば「料金はある程度かかってでもキレイ品質をお求めだ」と理解でき、安いながらも適切な額の範囲でできる最高品質を提供できるお見積りをご案内できます。

高額なご予算だからと言って「汗汚れを落としたいのに丸洗いを希望」いただいた際は丸洗いをしないようご案内する場合がよくあります。なぜなら丸洗いは汗汚れを1%も落とせないからです。つまり汗汚れを落としたいのに丸洗いを希望するのは誤った選択です。意味がありません。

このような場合、丸洗いは不要と案内するなど「ムダなクリーニング処置は不要」が当店のスタンス・ポリシーです。ここは根拠なく信用していただく以外言いようがないので正直つらいところです・・・。

バッグやファッションの高級ブランドのお店へ行く際、買いたいモノがある、気に入ったものがあれば買おう、下見、街ブラの一貫など、様々な目的でお店を訪れると思います。

そのようなお店で普通、店内に入った瞬間に「ご予算はいかほどで?」などと聞きません。なぜなら予算を聞く必要がないからです。

お客さまお一人お一人が買ってくれるかどうか重要ではないのです。トータルで1日に1週間に1月に、年間に、どれだけ売り上げるのかが重要なので、予算を聞く必要性がありません。

ブランド力が高かったり一部で大人気だったり、地域で信頼を得ているお店ならではこそ、そうした対応でやっていけるのだと考えられます。

当店にご相談いただく方の多くは着物クリーニングにお困りの方です。汚れ落ちが不満、料金が高すぎて不満、お店に行ったらクリーニングだけでなく何か買わされるのが不満と ───

本当にお困りの方からのご相談がほとんどです。そして皆さまにとって予算は最も重要なポイントとしてご相談される事と思います。

接客に力を入れている高級店と同じ対応をする限り、いずれ当店の「とっても安い料金」も「まあまあ安い」→「そこそこ安い」→「安い・・・の?」→「えっ?そんなにかかるの?」と変化せざるを得ないのは目に見えています。

良い接客=専門の接客職人を雇っているからできる技です。

そこで当店では高品質な接客対応を『ある意味捨てたご相談対応』を採用する事といたしました。高度な接客に慣れ親しんだ方には受け入れがたい接客対応になっていると実感しています。

このご注文お申込みフォーム自体にご相談の情報提供=いわゆる接客の第一としての機能を持たせているのがわかりやすい証だと受け止めています。

このお申し込みフォームは当店をご利用される際の「予算と詳細情報」をいただく内容のフォームとし、ご相談の時短化が今後のサービス料金へどのように影響していくかを確認していこうという狙いもあります。

予算1万円まで、と言ったら1万円ギリギリの見積もりをススメるんでしょ?ズルい商売していらっしゃるわね」と、無名のネットショップならではの疑念がある事とは存じます。

ですがご希望額をはじめに伺うのは時短化=安定的な安さ維持のためだとご理解いただき、予算的な部分の情報提供まで通じ、ご相談の時短化=価値ある品質を安価に提供できる現体制の維持へのご協力をいただければと願うばかりです。

メール返信トラブルを防ぐには

お店からのメールが届かない!

●ご登録メールアドレスについて docomo・au・softbankのキャルアメールはこのネット隆盛の時代に一般的なお店のメールアドレスを迷惑メール処理するという愚をし続け、改善するつもりが無いように見えます。 当店からの返信が届かない事例はほとんどがこのケースです。 この不幸を避ける意味でも携帯大手のメールアドレスからの連絡へは「連絡がこないかも」とお考えいただき、できれば@icloud.comやGメール、ヤフーメールなど確実性の高いメールアドレスの利用をオススメいたします。

正しく迷惑メールを設定できる方はどのキャリアメールでも当店のメールが届きます。ぜひ当店をホワイトリストや迷惑メール対象から外すなどのお手間をかけていただいた上でキャリアメールをご利用ください。

当店をご利用いただけないケース

非協力的なお申し出内容

本来は漢字の名前をひらがなにする、郵便などが届くからとの理由で集合住宅名を省く、相談内容がわからないご相談、着物の情報を省くなど、そもそもお申し込みフォームの目的である時短化の実現をはばむお手続きだと判断した場合、当店のご利用をお断りします。

そもそもケンカ腰で頭ごなしにお問い合わせいただく方がいらっしゃいます。『たかが着物のクリーニング・おし・仕立て屋風情が』といわんばかりの ───。

クリーニング業や和裁業へのリスペクトを感じない物言い、ご発言が続くようであればいわゆるクレーマーとの違いが見いだせません。

そうしたご相談やご注文には断固ご利用をお断りする事で、先のトラブルを回避する最も良い対応だと考えている次第です。 大変強い表現に違和感を感じる方もいるかもしれません。ご気分を害されたならお詫びいたします。ですが本当に「クリーニング屋風情 が」といった表現をなさる、昔の時代劇に出てきた豪商・庄屋・悪代官のような態度でのご発言が実際にあるのが本当のところです。
 このメッセージはそうした方に対し『当店を利用する気を無くならせる効果も見込める』と考え、発信しているところです。他意はありません。なにとぞご容赦下さいませ。

おかしな相談目的

見積もり・評価・値踏みだけが目的

そもそもご利用の意志のない際は回答いたしかねます。お見積もり目的でのお申し込みは当店に対する営業妨害に当たる行為となります。「そんなつもりじゃなかった」は後の祭りとなってしまいます。

ご相談を承っているとそのうち「アイロンのやり方は?」「ベンジンとリグロインはどちらがオススメ?」「家で水洗いするには・・・?」などの多分『本当に知りたかった質問』が・・・。(^^;

こうしたご相談はたいてい電話で、30分から中には1時間超えのものもございました。「商売なので」とオープン当初はできる限りお話を受けておりましたがこうした方のご利用はことごとくありませんでした。

悪気はなくとも実際のご利用には繋がらいご相談は先に申しましたように『営業妨害』です。

同じ意味で冒頭にあった『ご相談の時短化による合理化』で経費を抑える協力をいただけない場合も営業妨害となります。

ただしご高齢の方やこれまで着物クリーニング・お直し・お仕立てを利用されなかった方のご相談は時間がかかったとしても喜んでお受けいたします。知らない事を理解しながら相談するのは本筋だと考えているところです。

ご自身がこうした方に該当するとお感じの節はぜひ、ご相談の初めに『店側で質問して進めて下さい』とお申し付け下さい。できるだけわかりやすく不安を感じずご利用いただけるよう心を砕いてご案内させていただきます。

理由はともあれほとんど利用する気がないお見積り費用の確認やその他ご自身がわからなけど知りたい情報の質問自体が『ご相談の本体』の場合、大変恐縮ですが当店へのご相談をお止めくださいますようお願いいたします。

なお当店がプロとして見定められるのは着物の汚れなど着物のクリーニングと強力なバックアップの中スピーディな対応・回答してくださっている和裁士様によるお仕立て・お仕立て直し・寸法直し・お直しのご相談が主です。

着物の種類や八掛の色合わせ方、買取店での価格見通し、着付けや帯・帯揚げなどの組み合わせなどについては素人だとお考えください。着物のしみ抜きやクリーニング、着物お仕立て・お直しについては日本国中のどのお店よりも『価値ある品質を安価にお届けするべく、強力にお安くキレイにできる提案ができる』と自負しているところです。

信頼関係を築く気が無い方

ほんの一握りの方向けのご案内です

この項目をお読みになる前に非常に重要なポイントをご案内いたします。おそらく99.9%の方にはまるで関係のない注意点です。

着物やクリーニングの専門用語など無視し、ぜひご自身の言葉で言いやすい方法でご相談・ご要望をお伝え下さい。ほとんどの方は何の問題もなく快適にご利用いただけます。

この項目はごく一部の方に向けたメッセージです。この点予めご了承の上目をお通し下さいますようお願いいたします。

会話を成り立たす気が見えない方

大変残念ですが当店をご利用いただこうとする方の中には先にも少し触れました通り「色々と非常識な対応を『ご自身では普通の事、いつもの事のように』なさる方」が一定数いらっしゃいます。非常に残念な事です。

「どんな着物をどのように処置されたいのか」など、最も重要な情報すら最初に申し入れがなく回答するためどんどん質問し続けなければならない ───時間と労力のムダなご相談ご注文があります。

「ウソだーっ!」「そんな人いないでしょー!」と感じる方が多いと思いますが、本当にいらっしゃるのです。

おそらく他店や他のサービス業のスタッフにもそのような振る舞いをなさってこられ、それが普通で嫌な顔をされなかったため『(私の言葉から)察しろ』で、お店側との交渉を有利に進めてきた経験から本当の目的を後回しに表現されているのかもしれません。

こうした態度・ご相談時の物言いが今の時代そぐわない振る舞いである事にお気づきでないのだ、と理解しています。 お店とお客様はいわば『代金を受け取りご希望を叶える係』と『代金を支払って希望を手にする係』の関係だと考えます。お客様とお店は5分の関係、対等な関係性という主旨です。お客様もお店もどちらかが偉い訳ではないとの考えです。

ですので敬語で対峙してほしいなどというレベルのお話ではありません。ご希望をご予算の範疇で高品質に叶えるためのご相談には、どうしても『お店側のご案内がベース』となるのは避けられません。お預かりするお品に対して加工するため諸々確認事項があったりする中、「私の話を聞いて察しろ」というお客様ペースでのご案内はムズかしいのです、という内容なのです。

理解はいたしますが会話が成り立たないご相談・ご注文はいただけません。こうした方は高圧的だったり、お話を聞く事なくご自身の希望だけをぶつけられる方が多数いらっしゃるなど、代表的な特徴です。悲しいかな当店には年に数人は数えられるのです。

一般的な企業や着物の高級店なら「それでも売上を」と捉え、ガマンして注文につなげ利益を生むのが「社会人、営業マンの」と評価を得るのかもしれません。また

消費者の皆様から「そういう『無理難題な会話がまかり通る』店が利用しやすく良い店だ」、と受け止められているのかもしれません。もしそうなら悲しい限りです。

ですが当店では全くそのようには考えません。
 誤解を恐れずに申し上げれば当店は『お客様がお店を選ぶ自由があるのと同じく、店にはお客様を選ぶ自由がある』と理解しています。

ご相談ご注文いただいた全てのお客様にどんな手を使ってでも気に入っていただこうと提供品質や料金割引など一切行わないのと同じく、この考えは芯を貫いているブレない考え方です。

「客の言う事をまず聞け」とばかりにご自身の希望だけを一方的に言いたいだけ伝え、お店側の注意点やリスクなどに耳をかさない方のご利用は当店にはまったく不要だと考えています。

大変失礼ながらこれまでの経験で申せば「日常的に着物を着てなにかしら行動する方」からのご相談時に・・・特にお電話でのご相談で多いように感じています。 経験値で申しますとまことに失礼ながら京都の方、大阪の方、東京の方が多いと記録には残っています。(東京、と断定しているのはそうした物言いをなさった方の記録を振り返れば市外局番が「03」だったためです。)あるいは毎日のように着物をお召しの方、また着物に携わったお仕事をなさっている一部の方にも散見されます。

当店ではそうしたいわゆる相互信頼関係を築けないと判断した方のご利用が無いよう対応に心を砕いております。

なぜならクリーニングやお直し、お仕立てというのは一旦お客様のお品をお預かりし、そのお品に何らかの加工を加える事が業としての基本だからです。

着物などのお品をお預かりして加工する店側の信として、ご相談時やご注文時の物言い・態度に信頼関係を築ける自信が持てない限り、信頼関係を築くご様子のない方のご利用は後々のクレームに繋がるだけだと冷静に判断しているところです。

あらためてこの「当店をご利用いただけないケース」の各項目に目を通しご不快になっていたとしたらお詫びいたします。 ここまで読み進めて「なんだかラーメン店などでよく話題になるような『イヤな感じの店主の店かも?』とお感じの方もいらっしゃるでしょう。けしてそういった店作りをしている訳でははないのですが・・・。そうお感じになられたとすれば『イヤな感じの店主の店』なのかもしれません。

この『ご利用時の注意点』はごくごく一部の『優れた接客対応に慣れ、それが当然と受け止めて全てのお店に対し優れた接客対応を求める』方に向けた『当店の原理原則のご説明』です。

文章力・表現力にもつたない点があり、それで誤解を得たとすれば心よりお詫びいたします。本当に大多数の普通の対応をしてくださる皆さまのご利用を心より願っている次第なのです。

ここまで店側の考えを読み進められてお気持ちが『ご不快』な方面にあるのでしたら ───?
 残念ですが今後お手持ちの着物類のお手入れは他店にするべきだ、と心から感じます。

お客様にはお店を選ぶ完全な自由がございます。ご自身の振る舞いを振り返り『高度な接客でもてなしてくれないとどうも・・・』とお感じの方は高度な接客を売るお店が適しています。

高度な接客対応を当然とするお考えの方には当店のようなある意味人の配置を省いて接客を捨て、ご利用料金の低廉化維持にこだわっている店との相性は良くないと存じます。

当店のように「着物の汚れ・トラブルを解決する料金を安く」「価値ある品質を安価にお届けします」などと訴えているお店は適さないのではないでしょうか?

そうしたお考えに共感されるなら高度な接客やサービスにも力を注いでいる、いわゆる老舗や高級店のご利用が結果的に高い満足に繋がるはずです。適切だと考えます。

本当に失礼な申し上げようで心苦しい限りではございますが、ご利用をお断りする際はトラブルにつながらないようにするため理由は開示いたしません。

以上なにとぞご了承の上でお申し込み下さいますようお願いいたします。

着物クリーニング
ご注文・お申し込みフォーム

初めてご注文される方、会員に登録せずにご注文される方、会員に登録してご注文される方、どなたでもご利用できる申し込みフォームです

■お電話でご注文後、着物を発送される際にお名前フルネーム・ご住所・お電話番号・ご注文内容・ご希望の納期を記載したメモを同封いただいてもお申し込みいただけます。みず洗いをご利用の方は「みず洗いのリスクを理解した上で申し込む」一筆書き加えてください

 

メールでご連絡を希望の方はメールアドレスを、LINEでお申し込みになる方は友達登録後、LINEのメッセージに上記内容をご記載の上でお申し込みくださいませ。

 


ひとまず会員に登録しておく


(きもの医へ電話で特急仕上げを申し込む)


会員サービスに登録して申し込み

下記ご注文申し込みフォームにご記載の際★ニックネーム★をお申し込みくださいますと次回以降個人情報はニックネームを入力するだけでお申込みいただけます。その他の個人情報は登録していただいているので簡潔な入力でお申し込みいただけます。もちろん氏名だけでもお申し込みできます。

2つ以上の言葉を組み合わせたニックネームをお決め下さい。

例)アキ+ちゃん=アキちゃん、PINK+0821=PINK0821、江戸+ =江戸 、眼鏡フリッター、電話番号、メールアドレス、ご商売の屋号・店名 などなど

★漢字・ひらがな・カタカナ・英数字・記号がご利用可能です。

ご住所は他の方と重複するリスクが有るためお避け下さい。

ご相談への回答にメールをご希望の方へ

ドコモ・au・ソフトバンクなどのキャリアメールをご相談への返信先にご指定される場合、当店からのメールが届かない事象が相次いでいます。

 

メールが届かない事を防ぐにはḠmailやヤフーの無料メールアドレスをご指定いただく事をオススメいたします。

 

携帯各社のキャリアメールアドレスをご希望の方はお手数ですが、当店へご相談いただく前にご利用の携帯会社のサイトより迷惑メールのホワイトリスト設定で当店のメールアドレスドメイン @kimonoi.com を受信できるようご設定くださいますようお願いいたします。

 

手間をかけたくない、という場合はご連絡先としてメールではなくお電話またはLINEをご指定くださいませ。

 

まことに恐縮ですがご相談への回答が届きますようご協力をお願いいたします。

 

ご注文
お申し込みフォーム

丸洗いまとめ割/ドライ洗いまとめ割はこのページからお手続いただけません。
こちらのページからお手続き下さいませ。


印は記入が必須の項目です。

●お申し入れいただいた際、郵便番号がなかったり郵便番号しか記載がなかったりなど、ご利用の注意点を十分にご理解いただかないままこのフォームの申し入れをされている方が散見されます。

じっくり、しっかりと各項目の内容をご記載下さいますようご協力をお願いいたします。


●先着順/仕上がり次第納品でのご注文は納期の指定ができません。ご希望の納期がある際は特急仕上げでご注文ください。

メモ: * は入力必須項目です

きもの医のホームページをご覧くださりありがとうございました。

m(_ _)m