3才女児七五三着物のよだれ?
染み抜きしみぬきビフォーアフター

格安汚れ落としと染み抜きしみぬき混合処理

当店へご相談の際はムズかしくお考えにならず、ご自身が希望する内容を下記のような普通の言葉でお伝えください。

着物のクリーニングの勉強をする必要はありません。

  • ○年○月○日までに戻してほしい
  • ○円までが希望
  • ○円を超えると出せない
  • 特定部分の見える汚れが気になる
  • えりの汚れが気になる
  • しわが気になる
  • アンティーク・中古着物でそでを通すのが気持ち悪い
  • 着物で一般的なクリーニングができれば良い
  • ニオイがキツくて着れない
  • たくさん汗をかいたから気になる
  • 丈を○○cm出したい、詰めたい
  • 幅を○○cm出したい、詰めたい
  • 反物を着物に仕立てたい
  • 水で洗いたい

「丸洗いをお願いしようと思うんですが・・・」とのご相談をよくいただきます。

しかし経験上、着物クリーニングで一般的な丸洗い(京洗い・生洗い・『屋号』洗い)の本当の中身を理解している消費者は多くない、と痛感しています。

それは着物販売店スタッフや着付け/お花/お茶/日本舞踊などの習い事の先生方やスタッフの方も同じです。

実はえりの筋状汚れなどごく一部を除き、正絹着物の見える汚れは手作業である格安汚れ落としえり拭き/えり洗い等部分洗い染みしみ抜き変色処理格安柄足しなどでの処置が必要です。

また仕上げアイロンだけのご利用も可能です。

丸洗いはえりやそで口以外の見える汚れをキレイにするのにあまり効果的だとは言えません。そのため当店では丸洗いセットを必須とせず、気になる汚れだけをキレイにしてとのご要望を広く承っています。

『本当に丸洗いで良いのですか?』と逆に質問すると、後に上記例のような本音を伺う事ができます。

上記例のような直接的な希望を伺う事で、ご相談者様にとって『迷う要素の少ないお見積り』が可能となります。

ぜひ上記例のような普通の言葉でご希望をお寄せいただき、余計な処置を含まない適切なお見積りをお受取り下さい。


1つ4~6cmのよだれと思われる汚れが2ヵ所ある3才女児用七五三着物のそでの汚れへの実際の料金付き染み抜き成功ビフォーアフター画像
部位的に4~6cmのよだれと考えられる2つの汚れの染み抜きビフォーアフター画像です。キレイに落ちました。

お客さまの期待通り、完全解決できました。
※相変わらず陰影の差が激しくてすみません。いつまで経っても撮影技術がともなわず・・・。

処置は格安汚れ落としとそれで落ちなかった部分への染み抜きの混合処理で解決しました。比較論で言えば簡単に落とせる汚れでした。

実際に七五三着物を見て「これは変色ではない」と判断できた汚れで、テスト処置でも落ちる汚れがあり「間違いない」とお見積りを提供、ご注文をお決めいただき染み抜きが成功したのです。

よだれかどうかは不明な汚れ

今回ご案内の事例は3歳の女児用七五三着物のそでの汚れです。

画像では2ヵ所に見えます。実際には両袖の前側、しかも上部にだけ合計7ヵ所ありました。

もちろん全てキレイに処置できました。あらためて言わずもがな・・・格安料金で解決できました。

ナゼ格安、ってあえて言えるの?

それは次のことから明らかだと考えます。

この両そでにあった全部で7ヵ所の同じ原因と見られる汚れの見積り料金は2,700円~3,600円でした。

結果は3,000円のご請求となりました。(同時にご希望だった丸洗い料金は含まず、染み抜き料金のみです)
 ※お客さまが丸洗いをご希望にならなかった場合はこの染み抜き料金:3,000円のみで解決できたのです。

7ヵ所で3,000円、1ヵ所430円程度です。高いと感じたなら私どもの勉強不足なのかもしれません。

ですが着物の汚れ処理料金の全国相場から考えれば ───、いえ、ことさら安さを口にするのは止めにします。ご判断は皆さまの胸の中に、です。

 七五三着物によくある汚れ

子供は顔をくのが仕事!

子供はつい目を離した時、いつもと同じ行動をします。そでで顔を拭く ───。これは仕方がありません。

夢中になって食べていたり話していたりするとよだれがえりや胸元に ───これも普通の事です。

今回の事例はすべて着物を着た時に縦方向になる汚れでした。それで典型的な汚れパターンに当てはめ、おそらくよだれやアオバナ、顔の皮脂汚れなどだろうと推察しました。

結果は前述通り大成功です。

早期にクリーニングに出された親御様やお祖父様お祖母様の判断が適切だったのです。

「これは何?」「だんご虫!犬のうんち!」「あ、ひっぱたかれた!」「ママ(パパ)が無視した!」「お腹が痛い・・・のかな?」・・・。

子供は夢中になると他の事への気配り・ルールが頭から飛んでいってしまいます。目の前の出来事やおもちゃやぬいぐるみに気を取られ、そでや上着のすそで顔をぬぐってしまいます。

普段は動きやすい服装で夢中に動くお子様にとって、着物を着るのは本当にストレスがかかります。それまで一度もそでを通した事のないのです。それはそれは大きな大きなストレスなのです。

小さいお子様の着物には両袖に汚れができやすい、あらかじめこの事実を知っていれば七五三の記念撮影の後に汚れを発見しやすくなります。

長期間保存しようとお考えの七五三着物ならもし汚れが見つかれば、早めのクリーニングがコスパに優れます。(当店限定かも)

その後のクリーニング代の節約に大いに役立つ事でしょう。

「今回でお役目ゴメン」な七五三着物・お宮参りの初着うぶぎは仕方がありませんが、しばらく・・・もしかするとその後に誕生する次男次女やお孫さん玄孫やしゃごさんのために保管をお考えなら、ぜひ着物にそでを通した後、早めにクリーニング店にご相談ください。

子供の着物にできる汚れは汚れの成分から、大人の着物以上に「え!?もう!?」な変色が始まってしまいます。

大切なお子様のお宮参り着物・七五三着物などのお祝い着は、早め早めのお手入れが肝心です。

3歳女児の七五三着物にできた2ヵ所の数センチの縦に伸びた汚れの染み抜きビフォーアフター、処置前の画像
3歳女児の七五三着物にできた2ヵ所の数センチの縦に伸びた汚れの染み抜きビフォーアフター、処置後の実際の染み抜きクリーニング参考料金付きの染み抜き後の画像

大人の着物と汚れ方が異なる

お子様の着物にできる汚れは大人の着物に比べ処置しやすい汚れが多いものです。

アオバナ・よだれ・汗・皮脂・涙、そして食べこぼしなどなど。これらは主に両そでの前側やえりを含めた胸元にでき、背中やすそ周辺にはあまり汚れができません。

もちろん雨の日の水はね汚れやコケたりしてできた土汚れなども典型的に七五三着物によく見られます。

これは大人の皆さまの着物の汚れ方とは異なります。

大人は着物を着る際、このように自分をしばって着物を着ます。「今日は着物だ。所作にも歩幅にも歩きかたにも気をつけねば」と。

細やかな正確の方ならそれ以上に着付けは崩れてないか、すそはおかしくなっていないかなど心配も様々です。

ですので汚れる場所や原因はやはり典型的と言えます。

ここからは当店独自の見解で、着物業界全体がどう考えているかは知らぬところです。

お子様に普段着慣れない着物を着せる以上、ぜひこうお考え下さい。

「この小さな鬼っ子たちは必ず着物を汚すだろう。私たち大人が絶対に想像できない汚し方をするだろう。なぜそんな汚れがそんな部分に?という汚れができるはずだ。だって彼ら彼女らは子供なのだから。」

そしてそうお考えの上で、「着せる以上は汚れるはずだ、だから着たら早めにクリーニングに出そう。だって早めに出せばそれだけ安くキレイにできるチャンスに恵まれるのだから 」───できるだけこうお考えください。

日が昇れば日が沈む、食べれば食欲がおさまる、始まりがあれば終りがある ───

子供が着物を着れば着物は汚れる→その着物が数年以上経ってから着る機会があるかもしれない着物なら、子供の着物こそそでを通した直後にクリーニングをと覚悟を決めてくだされば幸いです。

なぜなら当店のような着物専門クリーニング店には日々子供着物が届くからです。

これらの七五三着物は数年以上タンスから出してもらえなかったと思われるものがほとんどです。そしてクリーニングに出す理由が前回お召しになった時の汚れ成分がいたずらした、変色汚れだからなのです。

変色を止める方法は現時点ではありません。

ただ着物を着た直後のクリーニングで適切に目に見える汚れを染み抜きなどで処置していれば、「ここまでひどくならなかったかも」と考えられる着物がたくさんあります。

繰り返しになります。「今回でお役目を終える」七五三・お宮参り・初着着物には着用後すぐのクリーニングは意味がありません。

ただし「いずれ新たな命」が誕生し、むかしむかしその着物を着て記念日を過ごしたり記念写真を撮った経験のあるご親族や両親・祖父・曽祖父だったなら ───

必ずこう思うはずです。

「あぁ・・・クリーニングに出しとくんだった」と。

後悔は「後の祭り」とも言います。

思い出の詰まった、大切だと思える七五三・お宮参り・初着着物には、着る以上クリーニング料金もセットでお考え下さい。

5年後10年後、もしかしたら30年後に「あぁ、大切に保管してくれたんだな、ありがとう」と感じてくださるご子孫がいらっしゃるかもしれないのです。
 「ぜひ当店の利用を!」とうながしているのではありません。様々な処置を駆使してお子様のお祝い着・記念日の想い出溢れる着物の汚れを処置する者として、本当の意味で『「後悔先に立たず」です』と、いずれ痛感する後悔の念を「今なら回避できるのです!」という趣旨の発信なのです。

普段「気にならない汚れは汚れじゃないんですよ!」と発信している当店が、お子様の七五三・お宮参り着物に限っては『大切なお子様の記念着お祝い着に限り、着用直後のクリーニングを!』と強くオススメするのは、

一にも二にも「次に使用するご親族が『なんでクリーニングしてくれて無かったの?」との懸念を払拭するためです。

誕生記念のお宮参り着物、3歳の七五三着物、5歳の七五三着物、7歳の七五三着物は成人式の振袖と同じく一生に一度の記念技となり得る、他国では例を見ない日本独自の恒例行事向けの大切な着物となります。

「口を出すな」と言われるのを承知でくどいのも承知で申し上げます。

大事だと思うお子様の記念着は、「着たら汚れチェックしてクリーニングする」、これをぜひ予算化して実行してくださいますようお願いいたします。

 ───ひいてはその着物に連なるご親族のためにも。です。

着物専門クリーニング業者が皆さまにムダになるかもしれないクリーニング費用を「強く意見した」点をお詫びいたします。

きもの医のホームページをご覧くださりありがとうございます。
m(_ _)m

持って行って相談できない店

だから安価が現実に

◆当店は《着物を安い料金でキレイにしみ抜きしたりクリーニングしたりお仕立て・お直しする事がポリシーの店》で大阪はもちろん全国を対象としたネットショップです。

安さ実現のため様々な工夫を取り入れたため「利用する際わかりにくい」とお叱りを受ける事もありまず。そのひとつが「直接店まで行き目の前で着物を見ながら相談できない店」です。

「お店まで持って行きたい」とのご要望はよくいただきますがどなた様に限らずお断りしております。理由は今の安価な料金帯を維持するためです。接客係を置かない店なのです。人件費削減で安価を実現しているのです。

この件のご相談は「できない事がわかっている上でのご相談で、私どもにとっては営業妨害と等しいものです。この点ご理解いただければ幸いです。

当店をご利用いただくには宅配便等でのやりとりか、大阪/東大阪市内とその周辺地域向けの訪問集配サービスのみとなります。

お問い合わせいただきましても同じご案内となります。なにとぞ「持ち込みに関するご相談」なくご利用いただきますようお願いいたします。

■電話番号■

050-7121-0123
受付:平日 11~20時

時間外も電話に出れる時は
対応します。


 

■お着物の発送先■

〒577-0005

東大阪市七軒家
11-13

きもの医 あて


■メールアドレス■

●お問い合わせ●

soudan@kimonoi.com


 

●ご注文お申し込み●

order@kimonoi.com


 

●会員登録する●

member-registration@kimonoi.com


特定商取引記載事項
(準備中)

クリーニング事故賠償基準
(準備中)