着物の茶色い変色 正絹着物
染み抜きしみぬき料金を大発表!

みず洗い+変色処理+部分染め
3つの合わせ技で格安を実現

当店へご相談の際はムズかしくお考えにならず、ご自身が希望する内容を下記のような普通の言葉でお伝えください。

着物のクリーニングの勉強をする必要はありません。

  • ○年○月○日までに戻してほしい
  • ○円までが希望
  • ○円を超えると出せない
  • 特定部分の見える汚れが気になる
  • えりの汚れが気になる
  • しわが気になる
  • アンティーク・中古着物でそでを通すのが気持ち悪い
  • 着物で一般的なクリーニングができれば良い
  • ニオイがキツくて着れない
  • たくさん汗をかいたから気になる
  • 丈を○○cm出したい、詰めたい
  • 幅を○○cm出したい、詰めたい
  • 反物を着物に仕立てたい
  • 水で洗いたい

「丸洗いをお願いしようと思うんですが・・・」とのご相談をよくいただきます。

しかし経験上、着物クリーニングで一般的な丸洗い(京洗い・生洗い・『屋号』洗い)の本当の中身を理解している消費者は多くない、と痛感しています。

それは着物販売店スタッフや着付け/お花/お茶/日本舞踊などの習い事の先生方やスタッフの方も同じです。

実はえりの筋状汚れなどごく一部を除き、正絹着物の見える汚れは手作業である格安汚れ落としえり拭き/えり洗い等部分洗い染みしみ抜き変色処理格安柄足しなどでの処置が必要です。

また仕上げアイロンだけのご利用も可能です。

丸洗いはえりやそで口以外の見える汚れをキレイにするのにあまり効果的だとは言えません。そのため当店では丸洗いセットを必須とせず、気になる汚れだけをキレイにしてとのご要望を広く承っています。

『本当に丸洗いで良いのですか?』と逆に質問すると、後に上記例のような本音を伺う事ができます。

上記例のような直接的な希望を伺う事で、ご相談者様にとって『迷う要素の少ないお見積り』が可能となります。

ぜひ上記例のような普通の言葉でご希望をお寄せいただき、余計な処置を含まない適切なお見積りをお受取り下さい。


このビフォー・アフターのページでは着物を着る皆さまがもっとも知りたいはずの、長い間ブラックボックスにつつまれてきた実際の着物のしみ抜き料金を合せてご案内しています

この活動で正絹着物の染み抜きしみぬきや変色処理、そして部分染めなどのクリーニング料金がわかりやすくなれば本望です。

皆さんが普段利用しているお店にも・・・
「ホームページでわかりやすく表示してよ」と依頼する事で、これまで知られるはずのなかった着物染み抜きしみぬき料金を表示してくれるかもしれません・・・。

一つ紋色無地の変色解決例

着物染み抜き参考料金付きビフォーアフター|薄ピンク系色無地一つ紋の無地場の茶色変色じみの漂白+部分染め+みず洗いのミックス技でお安くできたビフォー・アフター画像
薄ピンク系色無地一つ紋の無地場の茶色変色じみの漂白+部分染め+みず洗いのミックス技でお安くできたビフォー・アフター

ご相談内容

母の形見の着物です。3度ほどしか着てないのでよろしくお願い致します。

左前の2ヶ所の染み抜き希望です。 よろしくお願いします。

茶色変色黄変染み抜きしみぬきCLクリーニング結果
左胸・左脇の2ヵ所のみの結果

このページの前半では画像でご紹介の『茶色い変色黄変の染み抜きしみぬき結果』からご案内いたします。

後半はこの色無地着物の全体的なクリーニング結果をまとめてご案内いたします。

2ヵ所の変色処置はいずれも成功しました。

2ヵ所とも同じ原因の汚れが年月とともに酸化し、変色に至ったと見て取れました。明らかに長期保存による典型的な変色黄変です。

よく見ると左胸の方が大きく少し黄色みを帯びた茶色で、左脇は小さいものの濃い茶色に変色しておりました。左脇は見頃とそでを縫い付けている袖付けそでつけにまたがった部分です。

染み抜きしみぬき+漂白の組み合わせ技法=変色処置で2ヵ所の変色は消せました。

同時に漂白剤の影響による脱色があり、ほぼ正絹の地色である乳白色になった部分ができました。

最終的にこの脱色部分へ薄いピンクの染料を用いて部分染めし、お召しになれる品質に仕上げる事ができました。

今このページと似たような変色のクリーニングを検討するためご覧の方は、費用見積りを次のようにお考えいただければと思います。

1)みず洗いAコースと組み合わせる場合

  • 左胸・・・1,800~3,600円
  • 左脇・・・1,600~3,800円

2)2ヵ所単独で変色処理・染み抜きしみぬきクリーニングする場合

  • 左胸・・・2,400~4,200円
  • 左脇・・・1,800~5,100円

いずれの場合も変色を消す際に脱色を伴い、次の処置が全て必要になる、とお考えいただくのがベストです。

  1. 変色処置(染み抜きしみぬき+漂白)
  2. 部分染め
  3. 上記「1」は +みず洗いAコース

もし変色処理に用いる漂白剤の副作用で脱色が起きなければ、最安料金以下での処置も実現できます。
 ただし漂白剤による脱色は技術的に防げないため、薄い黄色→ハッキリした黄色→茶色→こげ茶色と濃くなるにつれ、脱色はほぼ起こると考え、費用見積もりを組むべきだと考えています。

どのような着物であるか、どのような状態であるか、染色堅牢度せんしょくけんろうどの劣化はどの程度か、変色の原因は何か、かけ得る費用はいくらかなど、諸条件により変動いたします。

実際に費用見積もりをご希望の節は、ぜひメールまたはLINEにて着物全体の前後画像、すそ裏側の画像(八掛はっかけ胴裏どううら)、そしてキレイにしたい部分の画像と共に、できるだけ詳しい補足情報をお寄せ下さい。

その際、クリーニングに投じられる希望額をお知らせいただくと、ご希望の内容に収まりやすいと思います。

このページでご案内の着物は柄のない色無地でしたので解決方法は変色を消す処置しか選択肢はありませんでした。

しかし柄のあるタイプの着物や黒紋付・黒留袖なら格安柄足しでの解決策も選択できます。

ご相談はお気軽にどうぞ。

変色処理のご請求額

2ヵ所の(本)見積り・ご請求額は次の通りです。

  • 左胸・・・1,200円
  • 左脇・・・2,000円

大きい変色がある左胸よりも小さめの変色である左脇の変色の方が最高額が高く見積もったのは、ちょうど縫い目にあたる部分で、少し濃いめの茶色変色=より末期に近い変色だったからです。

変色を消す漂白剤には脱色を伴う副作用があり、茶色の変色具合から見てほぼ確実に漂白剤による脱色が起きる、と想定した、部分染めまで含めたお見積りとなりました。
 変色を消す処置の際の脱色問題の詳細は●変色処置に用いる漂白剤の副効能が起こす問題点とはをご参照ください。

最終的にみず洗い処置が入るご注文となったため、3,200円は変色2ヵ所の解決料金として破格の安さに見えると思います。

もしみず洗いAコースのご注文を含まない変色処置のみでご利用の際は、2ヵ所で5,800円だったと思われます。

地衿じえりすぐ横・左胸の茶色い変色

左胸の変色はもっとも目立つ部分でした。しかも変色も大きめで処置する際、少し大きめに脱色すると見積もりました。

比較的軽い処置で変色が消え、脱色も軽いもので、部分染めもほんの少しで済んだ際、もっとも安い場合600円くらいでキレイになる可能性もなくはありませんでした。

逆にドバッと広範囲に脱色が起きた際、部分染めも広範囲になるため最高額は1,200円と見積もりました。

結果的には1,200円となりました。
 この料金はみず洗いAコースを含めたからこそ実現できた額です。もしみず洗いAコースをご利用にならず、変色処置のみだった際は最大4,200円くらいかかった可能性があります。

こちらの提供品質は90点強だと自己判定しております。
 当店独自の染み抜き採点で、ざっくり85点以上の品質はお召しの際、ほぼ目立たず気にならないレベル、と受け止めていただければと思います。

結果としては十分なものだと考えています。お客さまの反応が気にかかるところでした。

袖付けそでつけにまたがる左脇の茶色変色

問題はこちらの袖付けそでつけにまたがった変色です。

裏地のある着物で縫い付け部分ですので、都合4枚の布地と縫い代のための余った布地がしまい込まれています。

中に埋もれた布地の色が表地に響いて、変色の消え具合がわかりにくかったりその後の部分染めの品質にも影響が出やすい部分です。

左胸同様脱色が少なく部分染めがほとんど不要なら900円、部分染めまで完全に必要になった際、最高額は2,000円と見積もりました。

結果は成功しました。ただ提供品質は85点と判定、一抹いちまつの心配が残りました。

要因はやはり布が重なり合った部分の発色でした。

表地を指でつまんで1枚だけにし、周りの地色とバッチリ合う色にした結果、そのままの状態では地色とほぼ違和感なくきれいに仕上がりました。

ところが縫い代の余り布の影響で、お召しの際のように生地が重なり合うとピンク色が強く発色して違和感が残りました。

そこで実際にお召しの際に目立たないようにと、少しピンク色を薄くしてよく見れば白っぽい状態に仕上げた結果が85点でした。

普通に着物を着ている方の脇などはほぼ表に出ないので問題はないようにも感じます。手を広げた際チラッと見えたとしても85点品質だと見抜ける方はいらっしゃらないでしょう。

ですが、お客さまによってはたたんで置いている際に違和感を感じ「下手くそ」と評価される事もあるのが着物クリーニングの世界です。

最低限の品質は確保できました。後はお客さまのご判断を待つばかりでした。

着物全体の染み抜きしみぬきCLクリーニング結果

■(本)お見積りのご案内
→ご請求額:4,040円~19,780円(税・ご返送料込)

【内訳】
●サービス料金
 →3,600円~18,600円
●ご返送送料
 a)エコ配:440円
 b)ゆうパック:1,180円
●会員料金:たとう紙割引:たとう紙:1枚150円で購入できます。

【個別詳細内訳】------

(1) 色無地一つ紋・裏地付き・薄ピンク系:八掛/同色系
→3,600円~18,600円

【内訳】

A)みず洗いAコースとセットで汚れ全て処置する場合
 →10,700円~14,100円

B)しみ抜きのみで対処する場合
①胸2ヵ所変色処置▼3,600円~4,800円
②肩・首周辺黒ずみ処置▼4,000円~5,800円
③その他変色処置▼1,800円
④背中・かけえり輪じみ処理◎4,600円~6,200円

ご注文内容

では、 1. Aのみず洗いAコースとセットで汚れ全て処理する方で依頼お願いします

身丈は十分にありますので、おはしょりで調整できますので、この機会に綺麗にして頂ければ嬉しく思います。 よろしくお願いします

お預かりしたあわせ色無地(薄ピンク系)は、変色のある部分・汚れがある部分を除きとても美しい着物でした。

しかし変色やその他の汚れ自体ひとつひとつが大きめで、全て処置するには(本)見積もりにあるように最大で18,600円もの高額処置になってしまう、と判明しました。

全体的にお安くまとめるには?

今回ご紹介の紋入りの色無地は結果的に変色処理を伴う際によくご注文いただくパターン、みず洗いAコース(裏地付き・淡い色の色無地:2,900円)と組み合わせてのご利用でした。

もちろん当店がご要望をお伺いした結果、オススメした内容を元にしたものです。

最初後ご相談メッセージの通り、お客さまは当初、画像の2ヵ所の変色をキレイにする事だけを望んでいらっしゃいました。

当初お考えでなかったものの、ある程度まとまったクリーニングをご提案した時に「どうせクリーニングするならついでにやっておこうか」、とご希望をいただく事が少なくない数あります。

全体的には費用を抑えた染み抜きしみぬきクリーニングにするため、みず洗いAコースを含めた事を目的にオススメしたものです。

「みず洗いAコースを追加した方が安くなる?」
いろいろなページで言及していますが、みず洗いAコースを含めた方がコスパに優れたクリーニングになる例が多かったりするのです。

注意していただきたいのは当店が提案したクリーニング内容を、全て注文する必要はない、という点です。

当店はお客さまの代わりに着物類をキレイにする係です。いわば代理業者です。あくまでもご注文する内容をお決めになるのはお客さまの専権事項です。

お見積りの内容を見て、ご自身が本当に注文したい内容のみご注文くださいませ。

みず洗いAコースを含めた理由

ご依頼とは別に詳細チェックしたところ、左胸と脇の2ヵ所の変色以外に、上前掛衿かけえりにもキツい変色と背中左側に大きな輪じみの跡がありました。

左胸と左脇、それに上前掛衿かけえりの変色の原因はその変色の形から、食べこぼしや何かしらのアクシデントの成分だろう、と見極めました。

汗が変色したものなら、掛衿かけえりは上前も下前も(左右とも)首とこすれる部分に筋状汚れとなっているはずです。

左胸と左脇は小さな丸みを帯びた変色で、その大きさと位置から汗とは考えにくいものでした。
 汗が原因ならもっと大きく、もっと端寄りでなければならない、と見たのです。

背中から肩にかけての大きな輪じみは汗か水をバシャッとこぼしたかのような大きなもので、私どもの感覚では『目立つのでは?』というものでした。

しかも見積もりのための試験的に処置した染み抜きしみぬきの結果、単なる水の輪じみではなく部分的に変色が始まっている初期状態だと判明しました。

量的に考えれば、これはオオゴトです。(費用的に)

変色を消すのは薄い黄色の変色でもこげ茶色の変色でも同じで、漂白剤と水を用いた処置が必須です。

背中から肩にかけての大きな輪じみも大半は典型的な『水』が原因の染みしみで、部分的に薄く変色が始まっている ───。

左胸・左脇・上前掛衿かけえりのキツい変色に加え、背中から肩にかけての初期の変色、前身頃などその他の部分に小さな中期~末期の変色・・・。

これらを個別に処置すれば、安さを一つの売りにしている当店ですらそれなりの金額になるのは否めません。

これがみず洗いAコースをお見積りに加えた最大の理由でした。

みず洗いコースの中でも最安価格帯のみず洗いAコースはイメージで例えると着物の形のまま『ザブッと水で洗って乾燥するだけ』の、超が3つも4つもつくくらいシンプルな工法です。

しかも見える汚れを落とす処置は全て有料で追加注文の必要があります。
 汚れができやすい掛衿かけえりの筋状汚れも有料で、この点着物クリーニングの定番である丸洗いと決定的に異なっています。

ところが ───ここできもの医マジックです。

みず洗いを最終工程に置く事で、水を用いた染み抜きしみぬき処置のひとつずつの料金を3~6割程度安く抑えられるのです。

詳細は省きますが簡単に言って染み抜きしみぬきの最後の過程である『すすぎ』を最後のみず洗いに担当させる事ができるため、すすぎに投じる時間を削減でき、その分割安で提供できるという寸法です。

左胸と左脇、そこそこ大きな変色2ヵ所だけだったら、みず洗いAコースは過剰だったと思います。

変色や汗汚れなどたくさんの水系しみへの染み抜きしみぬきのが必要だからこそ、2,900円のみず洗いAコースは活きたのでした。

同じ部分にファンデーション・口紅・マスカラ・皮脂汚れなど油系汚ればかりだったなら水を用いた処置は不要でした。

もしそのような場合なら、丸洗い+格安汚れ落としで6千円でお釣りが来た事でしょう。
 当店では正式な染み抜きしみぬき処置が必要ではないものの、手作業での処置で簡単に落ちる汚れの処置・サービス名を格安汚れ落としとし、染み抜きしみぬきとは区別して取り扱っています。

着物の状態見極めと判断

柄のない着物の代表、色無地の目立つ部分・・・と言えるかどうかギリギリの部分にあった、すでに茶色になりつつある仮定の変色黄変と見て取りました。

実は柄のない着物への変色処置=漂白処理は品質・クリーニング代金ともにあまりコスパはよくありません。

と言うのも、部分染めはどうしてもよく見ると違和感を感じやすいからです。

小さい変色ならそれほど気にならない部分染めも、500円玉硬貨以上の大きさになればどうしても染めた部分と元の地色のキワに違和感が出やすいものです。

しかも淡いピンク系の色目でしたのでリスクはございましたがお申込みメッセージの中の『お母様の形見』との文言を見て「できるだけキレイにしたい」とメラメラやる気がわいてきたのでした。

着物染み抜き参考料金付きビフォーアフター|薄ピンク系色無地一つ紋の無地場の茶色変色じみの漂白+部分染め+みず洗いのミックス技でお安くできそう、と感じた処置前のビフォー画像
色無地のご相談当初にお送りいただいたビフォー画像(実は撮影し忘れ、お客さまに再度快くお送りいただきました。ありがとうございます)

変色の状態と提供品質目測

実際に届いた着物を手に取り左胸・左脇の変色を見た際、無料画像相談でいただいたビフォー画像よりも変色の色目がこげ茶に近い状態でした。

中期~末期に向かう変色黄変ですでに茶色になっている ───結果的にはこの見立て通りでした。変色の進み方についてはこちらのページをご参照ください。

ひとつは500円硬貨の2~3割増し大、ひとつは10円硬貨大。しかも両方とも中期~末期の茶色い変色。

生地へのダメージを最小限にした処置はすぐに決まりました。

その際の見立ては『変色はおそらく完全に消えないかもしれない』というものでしたが、結果的には変色自体は十分に消せた処置となりました。

変色処置(染み抜きしみぬき+漂白)
+部分染め+みず洗い
成功

着物染み抜き参考料金付きビフォーアフター|薄ピンク系色無地一つ紋の無地場の茶色変色じみの漂白+部分染め+みず洗いのミックス技でお安くできそう、と感じた処置前のビフォー画像
変色処置・部分染め・みず洗いを終えた、当初ご指定部分・左胸と左脇のしみ抜きアフター画像

クリーニング品質の自己評価

結論から申せば、変色処置(染み抜きしみぬき+漂白)+部分染め+みず洗いはどれも成功でした。

キツい見方で自らを評価すれば、85点~90点くらいの出来だと判定しています。

よく見れば変色処置で脱色した部分と元の地色とのキワの部分に違和感を感じる部分があります。

また左脇については裏に縫い込まれている余った表地・裏地の生地の影響で、部分染めした部分の色目が地色の薄ピンクよりも少しだけ黄色っぽく仕上がっている ───。

技術力のある着物専門クリーニング店に出していたら?今回以上の品質を得られた可能性は十分にあります。

技術力のある店は「安さありきとは考えない」ためです。ある程度費用が高額になっても、その代わりに100点に近いあるいは100点満点の品質を受けられるはずです。

正絹着物の染み抜きしみぬきクリーニングについては、その目的・かけられる費用・求める品質を総合的に勘案し、お店を選ぶのが失敗しない着物クリーニングの選び方だと言えます。

それにしても処置した自らの採点で100点満点に遠く及ばない、85~90点という品質・・・皆さまにはどううつりましたか?

ご注文なさったお客さまはどのようにお感じになったのでしょう?

着物染み抜き参考料金付きビフォーアフター|薄ピンク系色無地一つ紋の無地場の茶色変色じみの漂白+部分染め+みず洗いのミックス技でお安くできそう、と感じた処置前のビフォー画像
変色処置・部分染め・みず洗いを終えた、当初ご指定部分・左胸と左脇のしみ抜きアフター画像

黄色っぽく写っている部分は撮影技術によるものです。実際の着物の方が違和感なくキレイな感じに仕上がっています。

納品後いただいたLINEメッセージ

こんにちは
先程手元に着物が届きました

とっても綺麗にして頂いて、感激しました
ほんとにありがとうございます

心から感謝します

また、何かあればお願いするかと思います
その際はまた、よろしくお願いします

ありがとうございました

生業なりわい冥利みょうりに尽きるご感想

お店のホームページで公開しているので「都合よく書いてるのでは?」と感じるかもしれません。

しかしウソではなくいただいたメッセージを行間を含め、そのままコピペしました。

推測ではあるものの、よほど左胸と左脇の変色が気にかかっていらっしゃたのだと感じました。帯では隠しきれなかったのでしょう。

左胸と左脇は男性にはなかなか目を向けにくい部位にあたるかもしれません。ですが女性同士なら結構目が行きます。

左胸の変色はちょうど顔の真下くらいにくる位置です。そのクヤしい存在が目に入らなくなったための、ご評価だととらえているところです。

結果的にこのクリーニングの総額は1.5万円ほどになりました。正直、高額なクリーニング代金です。

しかも納期が遅れに遅れ、一度はお召しになる予定に着れず、その後も納期が遅れてしまい ───

その上みず洗いAコースは何ら補正のないサービスです。少しばかり縮みが出ておりました。
 縮みについてはお見積り提供後に「身丈は十分にありますので、おはしょりで調整できますので、この機会に綺麗にして頂ければ嬉しく思います。」とのお申し出がありました。それに甘える事無く、最小限の縮みに収まりました。

納期が遅れに遅れ、サービスを受けたためほんの少しではあるものの着物は縮み、1.5万円ものクリーニング代金をお支払いになった上で、先のお言葉です。

当店としましては『感激と感謝』の二文字しか思い浮かびませんでした。

着物クリーニング屋にとっては「ありがとう。またお願いします。」、これは最高のお言葉です。

何よりも「お母上の形見の大切なお着物」のお手入れが成功できた事が、生業なりわいとして着物クリーニング屋冥利みょうりに尽きます。

ご利用いただいた事に、また大変ご不安な思いをされまたガッカリされた事をお叱りにならず、温かいお言葉をいただけた事にあらためて御礼申し上げます。

まことにありがとうございました。m(_ _)m

染み抜きしみぬきクリーニング成功理由

今回の染み抜きしみぬきクリーニングの成功の要因は大きく3つあります。

クリーニングにかけた費用

ひとつは間違いなく染み抜きしみぬきクリーニング費用そのものでしょう。もしご予算が2千円以内で、となれば提供できなかった品質と言えます。

クリーニング代1万円は大きな額です。まして今回の総額は往復送料まで全て含めて1.5万円です。非常に高額なクリーニング代ではないでしょうか。

事情はそれぞれおありだと思いますが、今回の成功はご注文なさったお客さまが投じた金額なりだったと第一に感じるところです。

着物自体の品質と良好な保存状況

いまひとつの要因としては着物の保存状態自体、非常に良好だったと見られる点です。しっかりした染色、織り、造り。美しい状態を保ったままだからこその結果でした。

保管に関わったご家族の皆さまの積み重ねてこられた見えない努力の結果だ、と言えるのではないでしょうか。

無地モノながら織り柄があった!

忘れてならないのは織り柄が目に入る生地だった点が上げられます。

無地の部分への部分染めは本当にムズかしく、大きくなればなるほど細心の注意を払った処置が必須です。

織り柄のメリハリ、陰影が部分染めの品質を自動的に上げてくれた面は否定できません。

その意味においては『ラッキーだった』着物です。
 着物クリーニング屋が言ったらおしまいな発言です。ですが織り柄が無いツルンとした光沢があるタイプの色無地や江戸小紋だったら、もしかしたら「あぁ・・・この程度なのね」と言われる品質だった可能性はありました。この色無地は本当にラッキーだったと言えるのです。

番外編
虫干し陰干し&汚れチェック効果は絶大

少し話はずれますが、今後必要になるかもしれないクリーニングを見据え、ぜひ大切なお着物だけでも時期を見て陰干し虫干しと共に、せっかく出した手間を考えて同時に汚れチェックを行ってみて下さい。

変色は薄い黄色のうちは費用も抑えられます。

変色こそ早めの処置が結果的にクリーニング代の節約に直結します。

着物のクリーニング代を安く済ませるコツの第一は、皆さまの日頃のメンテナンスにかかっているのです。

着物を安くキレイにしませんか?
当店ならチャンスありです

 

皆さまがご所有のお着物で「安くキレイにできないかしら?」と思い当たるお着物はございませんか?

 

もしかしたら・・・当店ならば・・・

 

当店なら「えっ!?マジでその料金でキレイにしてくれるのっっっ?」という内容のお見積りをご提示できるかもしれません。

 

ご相談はいつでもお気軽にどうぞ!

 

LINE・メール・お電話、お好きなツールでぜひ一度ご相談くださいませ。

 

皆さまからのご相談、ご質問を・・・

できればご注文を(^^;、心よりお待ちしております。

 


 

着物クリーニングの
ビフォーアフタートップに戻る

きもの医のホームページをご覧くださりありがとうございました。
m(_ _)m


持って行って相談できない店

だから安価が現実に

◆当店は《着物を安い料金でキレイにしみ抜きしたりクリーニングしたりお仕立て・お直しする事がポリシーの店》で大阪はもちろん全国を対象としたネットショップです。

安さ実現のため様々な工夫を取り入れたため「利用する際わかりにくい」とお叱りを受ける事もありまず。そのひとつが「直接店まで行き目の前で着物を見ながら相談できない店」です。

「お店まで持って行きたい」とのご要望はよくいただきますがどなた様に限らずお断りしております。理由は今の安価な料金帯を維持するためです。接客係を置かない店なのです。人件費削減で安価を実現しているのです。

この件のご相談は「できない事がわかっている上でのご相談で、私どもにとっては営業妨害と等しいものです。この点ご理解いただければ幸いです。

当店をご利用いただくには宅配便等でのやりとりか、大阪/東大阪市内とその周辺地域向けの訪問集配サービスのみとなります。

お問い合わせいただきましても同じご案内となります。なにとぞ「持ち込みに関するご相談」なくご利用いただきますようお願いいたします。

■電話番号■

050-7121-0123
受付:平日 11~20時

すぐに対応できない際は折返します。
時間外も電話に出れる時は
対応します。


 

■お着物の発送先■

〒577-0005

東大阪市七軒家
11-13

きもの医 あて


■メールアドレス■

●お問い合わせ●

soudan@kimonoi.com


 

●ご注文お申し込み●

order@kimonoi.com


 

●会員登録する●

member-registration@kimonoi.com


特定商取引記載事項
(準備中)

クリーニング事故賠償基準
(準備中)