安い丸洗いに出したら
汚れがほぼ残ってた!

注文は汚れをキレイに
それとも丸洗い
お店への誹謗中傷?
本当のところは・・・

当店へご相談の際はムズかしくお考えにならず、ご自身が希望する内容を下記のような普通の言葉でお伝えください。

着物のクリーニングの勉強をする必要はありません。

  • ○年○月○日までに戻してほしい
  • ○円までが希望
  • ○円を超えると出せない
  • 特定部分の見える汚れが気になる
  • えりの汚れが気になる
  • しわが気になる
  • アンティーク・中古着物でそでを通すのが気持ち悪い
  • 着物で一般的なクリーニングができれば良い
  • ニオイがキツくて着れない
  • たくさん汗をかいたから気になる
  • 丈を○○cm出したい、詰めたい
  • 幅を○○cm出したい、詰めたい
  • 反物を着物に仕立てたい
  • 水で洗いたい

「丸洗いをお願いしようと思うんですが・・・」とのご相談をよくいただきます。

しかし経験上、着物クリーニングで一般的な丸洗い(京洗い・生洗い・『屋号』洗い)の本当の中身を理解している消費者は多くない、と痛感しています。

それは着物販売店スタッフや着付け/お花/お茶/日本舞踊などの習い事の先生方やスタッフの方も同じです。

実はえりの筋状汚れなどごく一部を除き、正絹着物の見える汚れは手作業である格安汚れ落としえり拭き/えり洗い等部分洗い染みしみ抜き変色処理格安柄足しなどでの処置が必要です。

また仕上げアイロンだけのご利用も可能です。

丸洗いはえりやそで口以外の見える汚れをキレイにするのにあまり効果的だとは言えません。そのため当店では丸洗いセットを必須とせず、気になる汚れだけをキレイにしてとのご要望を広く承っています。

『本当に丸洗いで良いのですか?』と逆に質問すると、後に上記例のような本音を伺う事ができます。

上記例のような直接的な希望を伺う事で、ご相談者様にとって『迷う要素の少ないお見積り』が可能となります。

ぜひ上記例のような普通の言葉でご希望をお寄せいただき、余計な処置を含まない適切なお見積りをお受取り下さい。


new!エコ配とゆうパック送料が同時に確認できる地域別送料一覧でわかりやすくご理解ください。

丸洗いの目的がわかれば
過度な期待がなくなる?

丸洗いクリーニング
目的とは?

すぐに結論を読みたい方はこちら


着物丸洗いクリーニングの目的は次の通りです。

(1) 着物のかけえり部・首にこすれるあたりの皮脂・ファンデーション・軽い油性の汚れを落とす
(2) そで口の内側に手首のこすれで付着した皮脂汚れ、そでたもとのこすれ汚れを落とす
(3) すそ周辺の静電気などで付着した軽い油性のホコリ汚れを落とす
(4) 着物全体に付着した静電気・軽い油性汚れが原因の汚れを落とす
(5) 全体のしわを仕上げアイロンで伸ばす

 

「あれ?食べこぼしや汗の汚れや雨つぶ汚れの処理は含まないの?」

 

はい、丸洗い(京洗い・生き洗い)の作業には軽い油性汚れ・軽い皮脂汚れ・軽いファンデーションなどの、油性100%の化粧品汚れ程度しか含みません。

 

着物全体にまとわりついた静電気によるホコリ汚れも初期の軽い状態のものはよく落ちますが、年季が入ったものは時と共に黄色い変色につながり、丸洗いでは落ちなくなります。

 

ひとまずこれだけご理解いただければあまり深く考えず「丸洗いクリーニングに出そうかしら」とお考えの方は一旦立ち止まれるのではないでしょうか?

 

では丸洗いクリーニング自体、必要ないものでしょうか?

 

いいえ。

丸洗いには丸洗いの良い点があり、丸洗いでできる事・できない事がわかった方が使い分ければ良いのです。

 

「そんなの読んで理解してられない!」という方は、今クリーニングに出そうとご検討中の着物の情報とともにお気軽にお問い合わせ下さい。

 

詳しい情報があればあるほど「丸洗いで良いと思います」「しみ抜きだけで良いと思います」「えり洗いとしみ抜きでいかがですか?」と、ハッキリとしたわかりやすいご案内が出来ます。

 

どうぞお気軽にお声がけ下さいませ。

 

 

着物クリーニングの本質とは

着物の汚れは本来、丸洗い
以外の方法で処理します


 

前述の通り、丸洗いではえり・そで・すそ周辺の皮脂・ファンデーション汚れなど、本当に軽い油性汚れしか落とせません

 

丸洗いが油性の、しかも軽い汚れしか落とせない能力しか持たない、というのは安全性を最優先しているのが原因で、それが正絹着物クリーニングが広く支持されている理由です。

 

新品で買えば数万円~数十万円以上もする着物はたくさん出回っており、そういった高級品を着物クリーニングで縮ませたり型くずれさせたり色落ちさせれば大問題です。

 

丸洗いでそのようなトラブルになる場合、機械のセッティングミス以外の原因は経年劣化など着物そのものにある事がほとんどです。

 

丸洗いはそう断言できるくらい、事故やトラブルを起こしにくい着物クリーニング法=安全性に特化したクリーニング工法なのです。

 

丸洗いクリーニングだけでより多くの汚れを落とそうとすると、丸洗いの特性である安全性が維持できず高い安全性を期待したお客さまの期待を裏切る事になるため、結果的に安全性に特化しているとご理解ください。

 

軽い油性の汚れ以外の汚れは手作業でひとつひとつ汚れを抜く作業=しみ抜きなどの手法で処理する方法しかありません。

 

これらの着物クリーニング専業店の常識をご理解いただいた上で、次に世間に広まる丸洗いクリーニングの誤解されがちな例をご紹介いたします。

 

丸洗いだけでキレイになった!
ネット上の丸洗いレビューは・・・


 ネットで様々なレビューを目にする事ができますが、
数あるレビューを当店なりにひもといた結果、おおむね次のように分析できました。

 

着物クリーニング・お手入れ方法を検討するのに手前味噌ながら非常に重要なポイントになると思いますので、ぜひ読み進めて下さい。


誤解を広めるレビューの真実

非常に好意的なレビューの場合

すごく汚れてたのに丸洗いだけで
とてもキレイになった!

との書き込みは・・・

 

ここまでの説明で丸洗いクリーニングだけでキレイにできる汚れはほんの一握りで、軽い油性汚れ・ファンデーション汚れのみだとご理解いただいていると思います。

 

という事は非常に評価の高い丸洗いクリーニング・レビューは次のような事案だったと推察できます。

【丸洗いに出す前の印象が・・・】

お客さまの汚れに対する捉え方は実に様々だと言えます。

 

これは着物クリーニング専門店の立場でご利用統計から得たもので、本当に感覚は様々です。

 

お一人お一人の性格や考え方により、汚れの発見力やお手入れ後の汚れチェックも異なる事でしょう。

 

「汚れにはキビしい」「汚れがあっても気にならなかったらそれで良し」

ご自身の性格を前提にして読みすすめてくださいませ。

 


【えり・そで口にしか汚れがない場合】

すごくキレイにしてくれた!
とのレビューの場合

 

レビューを書かれた方が「とても汚れていた!」と感じていた汚れが、実は一番汚れやすく汚れが目につきやすいかけえりの筋状汚れだけだった・・・。

 

まる洗いクリーニングの洗浄力で唯一落とせる汚れは当然、まる洗いで落ちます。

 

かけえりの筋状汚れ以外全然汚れがなかった着物をまる洗いに出したら、かけえりの汚れが落ちた→「まる洗いでキレイになった!」となるでしょう。

 

そで口の内側の皮脂汚れはお気づきでない状態でクリーニングに出される方が多く、クリーニング後のお客様によるチェックもゆるいと思います。(丸洗いをキチンと行っていれば軽い皮脂汚れは落ちているはず)

 

注文内容→着物丸洗いクリーニング

レビュー→とてもキレイになった! 

(このレビューの方にとって真実です)

 

汚れが残ったままだった!
とのレビューの場合

汚れができやすいかけえり・そで口内側以外の本来汚れにくい部分に汚れがある着物。

 

こういう汚れ方をしたお着物を丸洗いクリーニングだけで注文すると、「汚れは残ったままだった!ヘタクソな店!最低!」とのレビューになってしまいます。

 

かけえり・そで口内側以外の部分の汚れの特徴に水分が含まれている汚れや食べこぼしなど、油と水と調味料などが混ざった汚れである事がよくあります。

 

お子さまの頭や顔・うでなどを触った時に皮脂汚れが付着する事も多いものです。

 

前述の通り丸洗いクリーニングの目的は軽い油分100%汚れを安全に落とす事ですので、お子さまの皮脂汚れ程度なら落ちる確率は高いものの、その他の原因による汚れを落とす作業がないので当然汚れは残ったままとなります。

 

「とりあえず丸洗いで落ちる汚れだけ落として」や「丸洗いで落とせると思うのでしみ抜きは不要です」などのご注文の場合、軽い油汚れ以外の汚れは残ったまま納品となります。

 

しみ抜きの相談をしていたとしても、「できるだけ落とせるよう努力します」などのあいまいな約束で丸洗いを注文すれば、キチンとしみ抜きしてもらえる可能性は低くなってしまうのも仕方がありません。

 

注文内容→着物丸洗いクリーニング
のみ

レビュー→汚れが全然落ちてない! 

(このレビューの方にとっても真実です)

 

つまり「丸洗いだけで汚れがキレイになった!」も、「ぜんぜん汚れが落ちてない!」も、なんと両方とも正しいレビューなのでした。

 

こういう場合は丸洗いクリーニングを中心に追加でしみ抜きを依頼するより、はじめから「こことここの汚れをキレイにしてほしい」と相談する事でキレイにしてくれる確率はググッと上がります。

 

ただ丸洗いクリーニングとセットでないとしみ抜きを受けないお店も実際にありますので、着物の汚れをキレイにする費用とは別に丸洗い料金がかかる事をあらかじめ想定するなどの対策が必要となります。

 

宣伝です。(^^;
当店ではお客さまが気になる汚れだけ処理して!丸洗いは不要!注文したい内容だけ受けてよ!とのご注文が可能です。

 

カンタンにいえば丸洗いクリーニングもみず洗いも汗抜きもしみ抜きも、すべて単独でご注文いただけるお店です。(宣伝終了)

 

軽い皮脂・ファンデーション汚れが筋状に付着したかけえりの汚れは、一見ヒドい汚れに見えがちです。

 

着物初心者・着物に不慣れな皆さまがこの汚れを見つけた時、「このヒドい汚れをキレイにするのに、一体いくらかかるのかしら?」とヘコむ方が多いと思います。

 

もしかけえりにできた筋状の汚れが付着したと思われる日に汗をかくほど暑くない日だったら、もし晴れやくもりで雨が降っていなかった日なら、丸洗いクリーニングに含まれるえり洗いでほぼキレイにできるチャンスが大きくなります。

 

この場合は丸洗いでもキレイにできます。

 

繰り返しになりますが汚れがたくさんある着物は水分を含んだ汚れや黄ばみ変色などの汚れがある、雨に濡れて輪じみができた、食事や飲み物・ワインをこぼした!などが多いものです。

 

まる洗いは軽い油性汚れしか落とせないので丸洗いしか注文しなければお店側がどう案内してどんな見積りを出そうと、軽い油性汚れだけが落ちその他のしみ抜きが必要な汚れは一切落ちずに納品されます。

 

これらをふまえれば着物クリーニング店にご相談・ご注文される際、「丸洗いをお願い」と伝えるのか「落としたい汚れがある」と伝えるべきなのか ───、

 

ご要望により注文内容を変えるべきだという点をご理解いただけたのではないでしょうか。

 

今後着物クリーニングを利用した後のレビュー時、「利用して良かった!」とずっと書き続けられますよう、皆さま自身にもご協力をお願いしたいところです。

 


 

着物丸洗いクリーニングの評価・ジャッジが真逆になっているたくさんのレビューを読めば読むほど、「着物は丸洗いでキレイになるのか?」がどうにもワケがわからなくなるという悪循環、これが着物丸洗いクリーニングの誤解の本質だと感じます。

 

ここでのポイントはご利用者の皆さまが丸洗いで落とせる汚れを知り、丸洗いで落とせない汚れを知る、というものです。

 

焼き肉の後、ギトギトに固まった汚れが満載の焼き肉プレート。

しばらく水につけ置きしてできるだけ固まった汚れをやわらかくし、その後に金属たわしなどで効率よく短い時間で洗う方は多いと思います。

 

柔らかめのスポンジでどれだけゴシゴシこすっても、熱とタンパク質と油でこびりついた焼き肉の汚れはなかなか落とせない、このポイントを知っているからこそでしょう。

 

同じように着物丸洗いの得手不得手を知るだけでこの汚れは丸洗いでは落とせないだろうとの予測ができやすくなり、気になる汚れは結果的に早めに汚れをするようになるのではないか、と考えています。

 

着物のしみ抜きなど、部分的な汚れをキレイにするお手入れ料金が安いか高いかは結局、技術料よりも人件費が大きく影響すると私どもでは考えています。これは近年、しみ抜き技術が劇的に向上したお店ならどこでも同じだと思います。

 

このページを読み込まれた方で、それでもわかりにくい!と感じられる方はぜひ、ページ最下部の「わかりにくい点をメールで教えてあげる」からご意見をお寄せくださいませ。

 

今後ともできるだけわかりやすい案内になるよう、ページの内容を改善してまいりたいと考えております。どうぞご協力をお願いいたします。

 

【当店をご利用の節は・・・】

 

着物丸洗いクリーニング専門店のご利用前のお見積もり段階で「丸洗いでできるだけキレイにします」と説明を受けても、「丸洗いだけでキレイにしてくれるのね!」と理解される事が、実は結構あったりするような印象を持っています。

 

お店側は本当に說明・見積りに注意が必要な時代です。(^^;

 

正直に全ての汚れを処理するお見積もりをすると、汚れた着物なら当店でも2万円を越える見積もりになったりする事があります。

 

当店のホームーページを見てお問い合わせくださる方の優先順位はコストパフォーマンスに尽きると感じていますので、安くない価格帯のお見積もりなら現実的に注文をいただけなかったり、という事があります。

 

そこで当店では、お見積もりに工夫をこらしたりしています。

と言っても、お客様のありったけのご要望をしっかりと聞き優先順位をハッキリと判断しやすく情報提供に心を配っているだけなんですが・・・。

 

「この汚れだけは絶対落としてほしい」~「そこまで費用がかかるなら○○は不要かしら」、と判断できるようできるだけわかりやすく情報提供する、そんな感じです。

 

着物に不慣れな皆さまは存外、着物の汚れはカンペキにキレイにせねば!とお考えになっておられる方が多いようですが、そんな事はありませんよ、というのが当店の見解です。

 

裏地やおはしょりをつくる部分で着る時に見えない部分までキレイにする意義は正直あまりないと思いますし、ご自身が見て「気にならない程度の汚れ」なら予算によってはスルーするのも全然アリだとも思います。

 

結婚式やお見合いに着ていくような着物は例外として、カンペキにキレイな状態の着物を来ていらっしゃる方のほうが、とてもとても少ない、これ、結構真実だと思います。

現代に限らず、着物はある程度汚れを我慢しながら着ていたものです。ある意味それが伝統でもあります。

 

性格的に完璧主義の方はともかく、ごくごく一般的な方なら着物クリーニングを思い立った時、丸洗いだけで済ませられるかはたまたしみ抜きが必要なのかご自身で着物の汚れをチェックし、このページをあらためて読み直してみてはいかがでしょうか。

 

丸洗いは軽い油性の汚れ程度しか落とせませんが、汗をかかない時期に「先日着ただけなの」的な着物で全体に汚れがないのなら、満足感が高いお手入れ・クリーニングになるでしょう。

 

かけえりの首に触れる部分の筋状汚れ、そで口内側の手首のこすれ汚れくらいしか汚れがない着物なら満足度100%だとも言えます。

 

その他の部分に輪っかのような丸い、楕円形の、波々感のある汚れや黄色い変色、茶色い変色、分厚いカビの発生などがあれば「丸洗いでは落ちないだろう」とお考えいただき、しみ抜きだけで注文できる当きもの医へぜひご相談・お声がけください。

 

相見積をとった他店に負けないような、コストパフォーマンスに優れたお見積もりになるよう、必死でアタマをひねります。

 

これらの点をご理解いただくと着物丸洗いクリーニングに過度な期待を持たずに済み、汚れを見つけたら早めにお手入れに出す方が増える、また不要なら丸洗いナシで気になる汚れだけ安く処理させる・・・

 

そんな良いサイクルになればなぁ、との思いでいっぱいです。(^^

(くどい宣伝ですが、当店では丸洗い・水洗いを注文せず、しみ抜きだけ、部分洗いだけ、アイロンだけなど、多種多様なご利用が可能で、より安く着物をキレイにできます!)

 


 

あんまり汚れはないんですが、とりあえず保管前に一度洗っておきたい

と、送られてきた着物でもキチンとお見積もりを行うと結構あちこち汚れがある場合があります。

 

その事をお伝えした結果、お客さまによっては丸洗いを省いてしみ抜きのみでのご注文いただいたり、「汚れがあっても気にならない」との事で丸洗いのみでご注文いただいたり注文内容も様々です。

 

ただもし商品をお送りになる前にご自身で汚れチェックしていれば、丸洗いに出すのをあきらめたりあらかじめしみ抜き費用まで計算して注文できたりするはずです。

 

そこで当店では商品発送前にお客さまご自身での汚れチェックをオススメしております。(費用に限度がなければ直接発送くださっても対応可能です)

 

数回程度しかそでを通していない着物なら汚れがあったとしても、多くはえりの首が触れる部分やそで口内側・そでたもと・すそ周辺のホコリ・皮脂汚れくらいのものが多いので、それらの汚れしか落とせない丸洗いが安いお店がお得に映るでしょう。

※当店は丸洗い料金だけの分類では激安系ではなく格安系、といったところです。利用してくださればウレしいな、などと考えております。

 

着物をよく丸洗いやクリーニングに出される方にはほとんど常識と言っていいくらいご存知の内容ですが、本当に丸洗いクリーニングの洗浄能力自体はお店により大きな差はなく、軽い油性の汚れしかない着物なら結構キレイになります。(下洗い・前処理を適切に行っているお店限定)

 

かけえり・そでなど汚れやすい部分にできた落としたい汚れがある場合、丸洗い慣れしている方なら丸洗いだけでキレイにできるとは考えていらっしゃらないでしょう。

 

その他の部位にある水と油が混ざった汚れ、黄ばみ変色、水溶性の汚れ、食べこぼしなどが多く、このような汚れは丸洗いでは落とせないのでしみ抜きなどを別途注文されない限り丸洗いのみの注文ではクリーニングしてもらってもそのまま汚れが残った形で納品される事をご存知でしょうから。

 

ですので丸洗い慣れしている方は、費用をそこそこ見込んで注文されていると思います。

 


当きもの医では、今後もお客さまからのご相談をよくある質問と回答のページに追加し続けてまいります。もし着物のクリーニング・お手入れに迷われたら、一度当店のよくある質問のページをのぞいてみて下さいませ。

 

よくある質問と回答のページを見る

 


最終的なまとめ

 

着物を丸洗いに出したのに確認したら汚れがたくさん残ってる!というトラブルを防ぐため、着物をクリーニング・お手入れしようと思ったらまずその着物をご自身の目でチェックする事をオススメします。

 

ここまでのご案内で丸洗いで着物がキレイになるかどうかの見極め方をお伝えしてきました。

 

見極めには丸洗いで落とせる汚れを理解し、かけえり・そで口・たもと・すそ周辺に軽い汚れがあるかどうか、またその他の部位に汚れがないか事前にチェックを行う事がとてもとても大切だという点を念押ししてお伝えいたします。

 

【チェックポイント】
  • えり・そで口・たもと・すそ周辺にしか汚れがないか、その他の部位に汚れがあるかをチェック

→この時点でその他の部位に汚れがない、または仮に汚れがあっても丸洗い後そのまま残っていても構わなければ、丸洗いに出しましょう

  • えり・そで口・たもと・すそ周辺の汚れは気にならないが、その他の部位にキレイに落としたい汚れ・しみ・黄ばみなどがある場合

しみ抜きに出しましょう

当店ならしみ抜きやしみ抜き漂白・格安柄足しなど単品での注文が可能です。予算に余裕があれば、丸洗いもどうぞ。

  • えり・そで口・たもと・すそ周辺もその他の部位にも気になる落としたい汚れ・しみがある場合

→全ての汚れをキレイにするなら、丸洗い+しみ抜き、または格安柄足しなどの注文形式になります。費用はもっとも高額になりますので、少なくとも着物クリーニング専業店3店に見積りを依頼しましょう

 

お見積もりを依頼すると単に安さだけでなくそのお店の雰囲気もわかり、気がつけば一番安いお店に注文しなかった、という事例もあるように思います。

 

時間と手間はかかりますが丸洗いに出したら汚れがそのまま残って帰ってきた事件が起きないよう、ぜひ丸洗いについての知識を頭に入れていただきたいと考えています。

 

そして・・・

できましたらそのお見積もりを依頼するお店の3店目か4店目で結構ですので、当きもの医へもご相談くだされば天にも昇るような心持ちになれます。

 

最後まで目を通してくださりまことにありがとうございました。

m(_ _)m

きもの医のホームページをご覧くださりありがとうございます。

m(_ _)m