正絹着物にしみが!
黄ばみや茶色の変色じみの
しみ抜き+漂白料金表

着物しみ抜きだけで注文可能
だからレイを実現!

当店へご相談の際はムズかしくお考えにならず、ご自身が希望する内容を下記のような普通の言葉でお伝えください。

着物のクリーニングの勉強をする必要はありません。

  • ○年○月○日までに戻してほしい
  • ○円までが希望
  • ○円を超えると出せない
  • 特定部分の見える汚れが気になる
  • えりの汚れが気になる
  • しわが気になる
  • アンティーク・中古着物でそでを通すのが気持ち悪い
  • 着物で一般的なクリーニングができれば良い
  • ニオイがキツくて着れない
  • たくさん汗をかいたから気になる
  • 丈を○○cm出したい、詰めたい
  • 幅を○○cm出したい、詰めたい
  • 反物を着物に仕立てたい
  • 水で洗いたい

「丸洗いをお願いしようと思うんですが・・・」とのご相談をよくいただきます。

しかし経験上、着物クリーニングで一般的な丸洗い(京洗い・生洗い・『屋号』洗い)の本当の中身を理解している消費者は多くない、と痛感しています。

それは着物販売店スタッフや着付け/お花/お茶/日本舞踊などの習い事の先生方やスタッフの方も同じです。

実はえりの筋状汚れなどごく一部を除き、正絹着物の見える汚れは手作業である格安汚れ落としえり拭き/えり洗い等部分洗い染みしみ抜き変色処理格安柄足しなどでの処置が必要です。

また仕上げアイロンだけのご利用も可能です。

丸洗いはえりやそで口以外の見える汚れをキレイにするのにあまり効果的だとは言えません。そのため当店では丸洗いセットを必須とせず、気になる汚れだけをキレイにしてとのご要望を広く承っています。

『本当に丸洗いで良いのですか?』と逆に質問すると、後に上記例のような本音を伺う事ができます。

上記例のような直接的な希望を伺う事で、ご相談者様にとって『迷う要素の少ないお見積り』が可能となります。

ぜひ上記例のような普通の言葉でご希望をお寄せいただき、余計な処置を含まない適切なお見積りをお受取り下さい。


着物のアク・黄ばみは変色
変色しみも安くキレイに

ふた工夫で総額を安価にできた

「アクは仕方がない」

「黄色いしみが気になってそでを通せない」

「変色をキレイにするのは腰が抜けるほど高額」

 

ここで言うアクは変色の事を指します。

 着物/呉服店・悉皆店・着付け/レンタル店そして着物専門クリーニング店ではおおむね「アク=変色汚れ」を指します。少し広い意味でざっくり製造時の「のり」や「汚れ」を指す場合もあります。

 

「黄ばみ(変色)は仕方がない、処理代金が高額」 ───状態によってはこのお考えがくつがえるかもしれない時代がきました。少なくとも当店には。

 

当店では丸洗いやみず洗いなど、着物の全体クリーニングをしみ抜きと一緒に注文するかどうかをお客さまが決められるように工夫しています。

 

もともとのしみ抜き料金自体を安く設定している事もあり、相乗効果で着物クリーニング代金総額を抑える事が実現しました。


袋帯・名古屋帯・丸帯のしみ抜き注意点

他の汚れはともかく
黄ばみ変色だけ処理したい

もちろん「この部分だけキレイにして!」との注文も可能です。

 

逆に「(着物の事はあまりわからないので)おまかせするのでできる限り美しい状態に戻して」とのご注文もできます。

 

ぜひご希望をそのままお伝えいただければと思います。

アク・変色をキレイにするのは
確かに高額だったかも

その手間と作業時間、作業の元になる技術の習得の経緯を考えると『ちょっとヨソ行きのランチ代10回分』くらいは覚悟しなければ・・・。

 

むかしむかし、我々着物クリーニング業者は『その地域で信頼を得たご商売がうまくいってる店の主人』が商売の対象でした。

 

「え?先月の売上が○○両!○○の主人はそんなに儲けてるの!」

 

今風に言えば年間売上10億円企業のオーナーが「着物ひとつを30万円でキレイにしてくれるんなら安い! お願い! キレイに頼む!」と言っているような状況 ───。

 

庶民からは「・・・」な額でも、想い出や価値、値打ちのある着物になら投資しても全然惜しくない ───。

 

そんな昔の企業オーナーさま風にお感じの方もいらっしゃるとは思いますが、『1万円以下でキレイにできればなー?』とお考えの着物の方が圧倒的多数だと思います。

 

・・・皆さま、支払う額から得られる品質を検討しませんか?

 

「3千円以下で収まるのならキレイになったらうれしいなー♪」

・・・そんな汚れはありませんか?

 

「1.2万円までは出そう。送料 ───往復送料込みでなら。

でも確実にキレイにしてもらいたい!」

 

そんなご要望のある着物の変色処置時は、ご予算を見越した部分だけのお見積りをお命じ下さい。

 

5ミリ程度の大きさなら・・・

100円硬貨くらいの範囲に複数ある変色なら・・・

方法をお任せいただけるのなら・・・

 

キービーしーーーい予算の範囲内で、キレイにできるかもしれません。

 

当店は利益確保を最優先している・・・おそらく普通の企業では皆そうだと思うのですが・・・利潤目的の企業(と言うのが恥ずかしいくらいの規模であるものの)として、利益を得られる注文しか受け付けません。

 

ですのでお見積りで例えば4千円です、8千円です、と回答があったとして ───

 

当店は一切のソンがなく、お客さまの着物をキレイにします。

 

もしかしたらその額が1.2万円、1.6万円、2.8万円なのかもしれません。

 

ハッキリお伝えできる事は『ご注文の単価そのものはともかく』、相対的に診て安価に収めようとする店だ、という点です。

 

当店は「着物をキレイにするのに最適な店」ではありません。

当店は「着物を安くキレイにするのに最善な店」であるべく様々な知恵を絞って工夫し、処置している店なのです。

黄ばみ・アク・変色しみ抜き
黄色~茶色しみ抜き料金表

黄ばみ=変色を化学反応で処理

■しみ抜き返金制度・対象サービス■

変色の大きさ 黄ばみ 茶色じみ
2mm程度

400~

600~
5mm程度 600~ 800~
1cm程度 800~ 1,000~
1.5cm程度 1,000~ 1,200~
2cm程度 1,200~ 1,400~
それ以上の大きさ 要見積もり
費用の見方

しみ抜き漂白は以下の内容により費用が変動します。

  • 着物の年齢(生産時期)
  • 色落ちしやすさ
黄ばみは発見した時期が早ければ早いほど、黄色みが薄ければ薄いほど費用は安く済みます
年2回の陰干し&汚れチェックは早期発見ツールとして非常に優秀で、着物お手入れ費用を抑えるのにとても役立ちます。

※漂白は生地の染料のうち青色や赤色を奪う色ハゲを起こす可能性の高い処理です。この場合、ご要望次第で染色補正などで目立たなくする事が可能です。

確実に起こる変色を伝統的な
着物お手入れ法で安く解決

タンスで保管していた際、一番上の着物のそで・見頃部分が黄色く変色している事件は本当によくあるトラブルです。

 

着物は製造上の理由から、生まれた時からいずれアク・変色が起きる事を運命づけられています。理由はともかくいずれ黄色の変色がどこかに出てくるという理解が重要です。

 

「そんなものなのか」と知るだけで、いざ変色を発見した時にあわてふためく事なく落ち着いた対応ができます。(必ずしもキレイにする必要があるかは皆さま次第です)

 

当ホームページ上でくどいほど申し上げている内容に次のようなものがあります。

以前はなかったはずの部分に黄色や茶色のしみ汚れを防ぐ、もっとも安価で効果的な方法は年2回の陰干し(虫干し)です。

 

変色トラブルは年2回以上の陰干し虫干し&汚れチェックで発見しやすく結果的に着物を長く美しく保管するのに非常に適しています。ぜひ習慣化してみてください。

ここでお伝えしたいポイントは ───。

 

(1) 変色はいずれ起こる 

 (2)変色を早期発見すれば
安く処置できる

 

逆に言えば「着物の変色トラブルをキレイに解決する費用にこだわりがなければ、早期の変色発見のために年数回も陰干しする必要はない」という事になります。

陰干しはカビの発生防止&チェックの役割も兼ねていますので、まったくやらないよりは定期的に行うのはとても良いお手入れ法です。

費用が安いか高いかは主観により感じ方が違うもの。

 

ただハッキリしているのは初期の薄い黄色い変色の方が末期のこげ茶色にまで進んだ変色よりも安く安全にキレイにできると断言できます。

 

これはどちらのお店を利用しようとも同じですので、キレイに保存しておきたい正絹着物についてはぜひ時々チェックしてあげてみてください。

 

想い出のある着物の陰干し虫干しや汚れチェックって、意外と楽しい時間になるかもしれません。ぜひご活用ください。

きもの医のホームページをご覧くださりありがとうございます。

m(_ _)m


友だち追加 LINE無料画像見積り
月~土曜 12~22時