かけえりの筋状汚れ
お安くキレイにできる方法

料金は1,700~6,500円程度と
リーズナブルでキレイに!

当店へご相談の際はムズかしくお考えにならず、ご自身が希望する内容を下記のような普通の言葉でお伝えください。

着物のクリーニングの勉強をする必要はありません。

  • ○年○月○日までに戻してほしい
  • ○円までが希望
  • ○円を超えると出せない
  • 特定部分の見える汚れが気になる
  • えりの汚れが気になる
  • しわが気になる
  • アンティーク・中古着物でそでを通すのが気持ち悪い
  • 着物で一般的なクリーニングができれば良い
  • ニオイがキツくて着れない
  • たくさん汗をかいたから気になる
  • 丈を○○cm出したい、詰めたい
  • 幅を○○cm出したい、詰めたい
  • 反物を着物に仕立てたい
  • 水で洗いたい

「丸洗いをお願いしようと思うんですが・・・」とのご相談をよくいただきます。

しかし経験上、着物クリーニングで一般的な丸洗い(京洗い・生洗い・『屋号』洗い)の本当の中身を理解している消費者は多くない、と痛感しています。

それは着物販売店スタッフや着付け/お花/お茶/日本舞踊などの習い事の先生方やスタッフの方も同じです。

実はえりの筋状汚れなどごく一部を除き、正絹着物の見える汚れは手作業である格安汚れ落としえり拭き/えり洗い等部分洗い染みしみ抜き変色処理格安柄足しなどでの処置が必要です。

また仕上げアイロンだけのご利用も可能です。

丸洗いはえりやそで口以外の見える汚れをキレイにするのにあまり効果的だとは言えません。そのため当店では丸洗いセットを必須とせず、気になる汚れだけをキレイにしてとのご要望を広く承っています。

『本当に丸洗いで良いのですか?』と逆に質問すると、後に上記例のような本音を伺う事ができます。

上記例のような直接的な希望を伺う事で、ご相談者様にとって『迷う要素の少ないお見積り』が可能となります。

ぜひ上記例のような普通の言葉でご希望をお寄せいただき、余計な処置を含まない適切なお見積りをお受取り下さい。


最大6,500円が安いかどうかは判断が分かれると思われます。ただ着物のしみ抜きクリーニングの世界では1万円でお釣りが帰ってくる確率が・・・。その意味では相対的に安価といえる価格なのです。

首とコスれてできる筋状汚れ
を数千円まででキレイにする

皮脂・ファンデーション・汗
・食べこぼし等もほぼキレイに

当店の絶対的ポリシーである『着物の汚れを安くキレイにする』をもっとも忠実に体現しているのが1度でもお召しになるとたいていの着物にできる、かけえりの筋状汚れ。

かけえりだけの汚れ処理なら、過去3年間で1度も1万円を超えた事がありません。

かけえりの汚れだけが気になった着物のクリーニングご注文時、丸洗いや汗抜きなどお店とのやりとりで追加して2~3万円支払った経験のある方なら、にわかには信じられない安さを日々実現しています。

5つある処理方法のうち、汚れの状態やいただいた情報を元にもっとも適した処置をお見積りに落とし込んでご案内いたします。

着物、長襦袢ながじゅばん、羽織、各種コート類など幅広い着物類に対応しております。もちろん伝統製法に基づいて作られた正絹しょうけん製着物への処置を前提としております。シルックやポリエステル・綿や麻の浴衣まで対応可能です。

※こちらのえり・そで・すそ洗いは格安着物みず洗いクリーニングABC各コースに追加できる専用メニューです。このメニューだけで単独注文はできません。

少々ややこしいため
丸投げ注文が可能

大切なポイントです。
このページでご案内の内容を完全に理解する必要はありません。ざっくりと
 「多くの着物のかけえり汚れは数千円程度まででキレイにできる可能性があるんだな」
くらいのイメージでとらえていただければご注文が可能です。

私どもとしては「伝えよう、わかっていただいた上でご注文の判断を」と求めてしまいがちです。ところがよくよく考えてみれば「処理する内容をご利用になるお客さまが詳細に知る必要があるの?」との結論に至りました。

「着物の事はわからなくて」「着物クリーニングは経験がなくて」など、不安なお気持はよくわかります。

私どもは一地方のネットクリーニングショップとして《信頼される大切さ》を身を持って理解しております。

そのため「ホームページで訴求している内容とはまるで逆、ぜんぜん安くなかった!数万円普通にかかった!支払わされた!」などネガティブな評価にならないよう最新の注意を払ってお見積りをご案内しサービスを提供しています。

ご利用前に「信じて下さい」とは口が裂けても申せません。
ただ当店に届くご利用後のお客さまよりいただくお言葉では批判的な内容は総じて「時間がかかりすぎ」、「待っても待っても連絡がない」「(先着順/仕上がり次第納品ご注文品で)当初の納期見込みから遅れすぎ!」 ───

このように「遅い!」に集約されるものがほとんどで、料金についての批判的メッセージは開業以来皆無なのが本当のところです。

申し上げたいのは、当店のご利用時には「クリーニング内容の理解はスルーできる」という点です。

ただし黄ばみ変色などの漂白処置に代表されるリスク・デメリットについてはキチンとした御理解の上でご注文いただく必要がございますので、お見積り時に個別に案内させていただくマイナス要素の情報にはしっかり目を通していただければと思います。

(ここまでで「オッケー♪」とご理解いただける方にはこの先の情報は不要かもしれません。)

直近にできたえり汚れはお安く、
高額になる際も工夫でお安く。

かけえりの筋状汚れ対策には

人と対面する際にどうしても目に飛び込んでくる部分で、着物をお召しになるとすぐ汚れの出来やすいかけえり。

このかけえりに筋状の汚れができるのは普通の事です。お召しの際に頭を動かすとどうしても首筋に横向きにコスれてしまうためできる汚れです。

格安着物みず洗い各コースに追加できる専用メニューである『えりの水洗い』は、みず洗いを行う前に水と洗剤を用いて処置する強力な工法です。

汗をかく時期に来た着物のかけえりにできた筋状の汚れがある着物などにオススメの追加メニューです。薄いファンデーションなども落ちます。

ただし揮発性溶剤のみで処理する着物丸洗いと比べると、強めに厚く付着したファンデーション汚れ除去能力は少し弱くなります。

着物をみず洗いする事が決まっている場合を含め、かけえりにできた筋状汚れの処置方法としては次の5パターンあります。(最後の変色処理は参考のため掲載)

かけえり汚れ除去の6工法と
その効果目安と料金表

サービス名 落とせる汚れ 料金

皮脂

ファンデーション その他 変色

 1. えりの水洗い
※みず洗い料金が別途必要

500円

 2. えり洗い

1,700円

 3. えりの水洗い+えり洗い
※みず洗い料金が別途必要

2,200円

 4. しみ抜き

200円~

 5. かけえり付け替え

5,800円~

 6. 丸洗い(2. えり洗い含む)

3,200円~

 番外. 黄ばみ・茶色じみの変色処理

過剰処理のため不要
※かけえりの変色は長さ10cm以上、幅1cm程度のものが多くそれが左右両方にあればコスパ的に「5.かけえり付け替え」が最善だと言えます。

400円~

500円硬貨大1ヶ所分。500円玉10枚分の際は表示料金✕10ヵ所となります。

まずは6つの処理法をざっくり案内します。

  1. えりの水洗いはみず洗い各コースをご注文時に追加できる専用メニューです。
  2. えり洗いはえりだけを処置する『えり拭き』です。
  3. えりの水洗い+えり洗いは「1,2」をセットしたもので、より強力です。
  4. 染み抜きは洗剤を使う処置で、目的は汚れを見えないようにするものです。
    ※決定的に違うのは目的です。「4」は染みを消す事を目標にします。「1,2,3」は定型的に決まった処置をキチンとやりきる事が目的です。ある意味1,2,3は結果に責任を持たない処置、と言えます。とは言え上の表の◎印の『新しい』汚れはよく落ちます。年月の経過したものは「4」しみ抜きの方が有効的と言えます。
  5. かけえり付け替えはお召しになる時に汚れが見えなくする魔法のような処置です。
    ※別途ご注文がない限り、汚れやシミは処置せず和裁処置で目的を果たします。
  6. 丸洗いはえり洗いの他そで洗い・すそ洗いを含めた、仕上げアイロンまで視野に入れればお得感のある定番メニューです。

最後にご案内の変色処理は本来ここで掲載しない方がシンプルですが、ご相談も多いため比較参考対象として載せました。

表で見るとかけえりの筋状汚れに対して最も効果的なのは『しみ抜き』処理である事がわかります。これは『しみ抜き』の目的が読んで字のごとく、しみを除去する目的で行う処置だからです。

その他の処理(変色処理を除く)は定型的な処置とその組み合わせです。マニュアル通りに決まった手順で決まった溶剤を用い、決まった処理を行います。結果的に多くの汚れを除去できます。

ただし『しみ抜き』と比べると工夫した処置、よりたくさんの汚れを落とすための処置が含まれないためその分安価です。

できるだけ100点に近いクリーニング品質をご希望の際は『しみ抜き』を、コスパを重視される方はそれ以外の処置が適していると言えます。

6つのうち、『5. かけえり付け替え』は汚れをキレイにする処置をせず、和裁の技術でお召しの際に見えないようにかけえりを付け替えてしまえっ!という大胆な処置です。

着物初心者の方には非常に荒々しい処理方法で「そんな事して大丈夫なの?」と感じるかもしれませんが、何百年と続く着物伝統文化の中ではなんととってもポピュラーな「当り前じゃん!」的な手法です。

『しみ抜き』をもってしても完全に汚れをキレイにしきれないと判断した着物や、かけえりの汚れ処置だけで総額6千円を大きく越えようか!とした際など、相対的に安く《汚れがなかった事にできる裏技》としてご案内いたしました。

たたんで平たく寝かしている時は目に入るかけえりの筋状汚れは非常に気に障るものです。

ところが『かけえり付け替え』がうまくハマって処置できればなんとお召しの際には汚れ部分が表に出ず、結果的に「キレイな着物」としてそでを通す事が可能になるのです。
※ただし汚れの状態やこれまでのかけえり付け替えの経験回数などの理由で『かけえり付け替え』でも隠しきれない結果になる場合があります。この点あらかじめお覚悟の上でご注文いただく事となりますのでご留意下さいませ。

かけえり汚れ処理の注文方法と
洗浄剤/処理法と料金一覧

サービス名 注文方法 洗浄剤と処理法 料金

 1. えりの水洗い

みず洗い時に追加可能 水と洗剤で処理 500円

 2. えり洗い

単独で注文可能 揮発性溶剤で処理 1,700円

 3. えりの水洗い+えり洗い

みず洗い時に利用可能 揮発性溶剤処理+水と洗剤処理 2,200円

 4. しみ抜き

単独で注文可能 しみ抜き剤処理(+熱処理) 200円~※1

 5. かけえり付け替え

単独で注文可能 汚れ処理なし・ほどいて付け替え 5,800円~

 6. 丸洗い

単独で注文可能 えり/そで/すそ洗い+ドライクリーニング+仕上げアイロン※2 3,200円~

 番外. 黄ばみ・茶色じみ
   の変色処理

単独で注文可能
※変色している場合のみ
水と漂白剤と熱処理 400円~※1

※1 500円硬貨大1ヶ所分。500円玉10枚分の際は表示料金✕10ヵ所となります。

※2この表のうち、6.丸洗いのみ仕上げアイロンがあります。
1~5は処置した部位にのみアイロンが入ります。

表の最初の『えりの水洗い』はみず洗いABC各コースに追加するサービスで、『えりの水洗い』単独ではご利用できません。

『えりの水洗い』は必ずみず洗いコースとセットでご注文いただくサービスです。そのため本来は《2,900円~》と表記すべきですがえりの汚れだけにフォーカスした方がわかりやすいと判断したため《500円》と記載しました。

1. みず洗い専用追加メニュー
えりの洗い:500円

着物みず洗い各コースは『汚れのない着物』でみず洗いだけを希望される方へ最安料金を実現するため、『水で洗って手アイロン仕上げするだけ』の作業です。

このようにみず洗いABC各コースは一般的な着物丸洗いクリーニングとは異なり、汚れやすいかけえりやそで口内側の皮脂汚れなどの処理はありません。

みず洗い各コースをご注文の際、一般的な丸洗いと同じようにかけえりの汚れ処理をご希望の場合は《えりの水洗い》を別途ご注文ください。※こちらのえりの洗いは格安着物みず洗いクリーニングABC各コースに追加できる専用メニューです。このメニューだけで単独注文はできません。

みず洗い+『えりの水洗い』だけでも「先日来た時に出来た筋状汚れ」程度なら、十分汚れが落ちる可能性が大です。

『えりの水洗い』は軽い食べこぼしや汗、油汚れもよく落ちます。ただし何回もヘビロテしてできたファンデーションと皮脂が強く混ぜ合わさった筋状汚れの場合、次の『えり洗い』の方に分がある事もあります。

2. 単独注文できる えり洗い
(えり拭き):1,700円

『えり洗い』は着物丸洗い工程に含まれる作業のひとつで、全国の着物専門クリーニング店であればどこでも行っている処置のひとつです。非常に安全性が高い上、短期間に2~3回程度着た際のかけえり筋状汚れに強力な効果を発揮します。

えり洗いは揮発性溶剤でえりを洗う処置で、ご自身でエリモトやリグロイン・ベンジンなどで処置するツワモノの方がいらっしゃるほどポピュラーな処置として知られています。

汗がたくさん混じった汚れの場合は落ちない事もあります。

『えり洗い』は当店の会員さまは一定の条件で800円割引特典が適用された場合
1,700円が900円に減額してご利用いただけます。

3. えりの水洗い+えり洗い
:2,200円

『えりの水洗い+えり洗い』の組み合わせはみず洗いAコースを含めたみず洗いコースをご利用する際、非常に効果的にかけえりの汚れ全般を落とせる組み合わせとなります。
※『えりの水洗い』はみず洗い各コースの専用追加メニューで、みず洗いコースのご注文と必ずセットでご注文いただくサービスです。

「先日来た時に出来た筋状汚れ」なら『えりの水洗い』だけで十分汚れが落ちる可能性があります。

ところが何年も放置したままの汚れだったりいただきものや中古購入時にすでに大きな筋状汚れになっている場合、みず洗い専用追加メニュー・えりの洗いえり洗いを組み合わせてのご利用がおすすめです。

なおここまでご案内の1~3の処置では『付着しているだけの皮脂・ファンデーション汚れ』しか落とせません。すでに『しみ化している汚れ』や『アク=黄色い変色・茶色の変色汚れ』は取り除けません。

変色をキレイにしたい際のみ変色処理が必須です。

『しみ抜き』との最大の相違点は処置の目的です。

『えりの水洗い+えり洗い』の目的は《規定部分へのえり洗い→えりの水洗い処置を行う》事です。
『しみ抜き』の目的は《指定された部分の汚れを100点満点を目標にキレイに取り除く》事です。

ほんの少しの違いに見えるかもしれませんが、目標とするゴールが実は大きく異なります。そのため《よりキレイな状態》をご希望される方は次の『しみ抜き』をご検討ください。

『しみ抜き』は着物専門クリーニング店の花形で実力がモロに露呈する代表的な処置です。

『しみ抜き』処理は単独でも、丸洗いや汗抜き、みず洗い、仕上げアイロンのみなど他のサービスと組み合わせてでもご利用いただけます。

昔はアクと表されていた黄ばみ・茶色じみの総称である《変色》を消すための『変色処理(しみ抜き+漂白)』でしかキレイにできない《変色》を除く、全ての種類の汚れをキレイに処置する事ができるサービスです。

「とりあえず『しみ抜き』注文しておこう」
実はこの注文方法が《キレイにしたい時の最良のご注文法》です。

お客さまの多くは着物の汚れを除去する方法についてご存じない方がほとんどです。そのため当店では安さとクリーニング提供品質をバランス良く提供すべく、『しみ抜き』でご注文いただいた場合、次のような手順で処置を進めます。

  1. →まず『えり洗い』処置
  2. →続いて『しみ抜き』処置

この流れで「1」で汚れが解消できた時はご注文が『しみ抜き』でも『えり洗い』料金が適用され、『しみ抜き』料金の追加はありません

この流れの背景には「しみ抜きで注文したから数千円はかかるはず」とお考えのお客さまに対し、「えっ!ホントッ!? 1,700円で済んだの? キレイにできたの?」ととてもポジティブに受け止められるため、お店の信用度がグーンと上がる、との思惑が正直あるのです。(^^;
しかも当店の会員さまなら 『えり洗い』正規料金1,700円が900円になる可能性もあり、お客さまと当店が双方ウィンウィンの関係になれると・・・期待している面もございます。

確実に何年も前の汚れなどの場合はどうしても『しみ抜き』料金となるケースがほとんどです。当店では《着物の汚れを安くキレイにする宣言する店》として、そんな場合でももっとも安くキレイにできる手を考え、提供しております。

1~3と同様に黄色い変色・茶色の変色汚れ処理にはしみ抜き+漂白が必要な処置です。

5. かけえり付け替え:5,800円~

かけえり付け替えの詳細はこちらのページをご参照ください。
ここではとてもシンプルにご案内いたします。

『かけえり付け替え』をご注文の着物にその他しみ抜きや丸洗い・みず洗い・汗抜きなどのクリーニング処置を同時注文いただく際は表記の料金:5,800円、
『かけえり付け替え』単独でご注文の際は料金が正規料金:6,300円が適用されます。

これは本格的な和裁処置をできるだけ安価に提供すべく編み出した特殊ルールで、着物クリーニングを自社処理している当店でなにかしらのクリーニング処置をご注文いただくと当店はそれで利益を得られます。

その際は赤字にならないギリギリのラインの料金までお安く提供します、というのが主旨です。単純に少しでも安く見せかけようとの思惑で無い点をご理解いただければ幸いです。

かけえり付け替えがハマる着物には非常に効果的でハマらない着物には《料金がまるでムダ》になる可能性のある、ある種「一か八かの賭け」的要素があるのが事実な、少々不安定とも言える処置かもしれません。

ただまったく効果が得られないという例もそれほど多くないため、お客さまの品質と予算のご要望を総合的に勘案してお見積りに含める事がある処置です。

6. 丸洗い;3,200円~

本来はこのページでご案内の目的である『汚れやすいえりの汚れをいかに安く処置するか』からは外れますが、ご案内がないのもどうかと考え念の為ご案内いたします。

丸洗いは着物クリーニングのド定番です。お店によっては伝統的クリーニングと紹介している事もある安全性の高い、それでいて1~2度そでを通しただけでできた皮脂やファンデーション汚れならよく落ちます。しかも仕上げアイロンまで含めます。
 ※日の浅い汚れに限ります。汚れができてから年月が大きく経過している場合はすでに変色していたり染み抜き処理でないと汚れが落ちない可能性が高くなります。

「ついでに仕上げアイロンもしてほしい。なぬ?えり洗いに千円ちょっと追加するだけで丸洗いができるのね!」

このようなご要望の場合は非常に効率的でお得と言えます。(ただし当店の丸洗いは激安価格ぞーんではなく格安価格系、絶対的に安い!価格ではありません。水で洗うみず洗いはと~っても安価です。)

着物専門クリーニング店として日本で唯一《着物の汚れを安くキレイにする宣言》をしている当店にもっとも多く届くご相談が、アクと呼ばれてきた黄色や茶色の変色じみトラブルです。

「以前はなかったはず」「○○店にクリーニングに出して戻ってきたらできていた」「30年前に私が着たお宮参りの産着・七五三着物に!」

このようなお言葉と共に非常にたくさん届く変色をキレイにする処理である変色処理=しみ抜き+漂白処置は品質の面でも費用の面でも、じっくり腰を据えて検討しなくてはならない着物トラブルの第1位です。

変色処理については専用ページがございますので、変色処理に用いる漂白剤の問題点と共にじっくり読み進めていただきご検討いただきますようお願いいたします。

課金の考え方

えりの水洗い+えり洗い

「えりの水洗い」+「えり洗い」の組み合わせは付着して間もない食べこぼしや汗汚れ、よくある皮脂汚れにファンデーション汚れ、マスカラなどの油性の化粧品などもほぼ問題解決できます。

会員サービスにご登録された方なら《えり洗い》料金が800円割引の900円でご利用いただけるなどの特典もございます。

えりの水洗い+しみ抜き

みず洗いコースご利用時に利用できる「えりの水洗い」+「しみ抜き」の組み合わせでのご注文の際は、処理は「えりの水洗い」から先に行います。

例えば最初に処理する「えりの水洗い」で筋状汚れが解決できれば「しみ抜き」のご注文をいただいている場合でも「えりの水洗い」料金だけのご請求となります。


アンティーク着物、中古品、いただきもの、お下がり着物などでかけえりの筋状になった汚れの原因がわからない際、それでもできるだけキレイにしたい!とのご要望が強い際はこの「えりの水洗い」+「しみ抜き」でのご注文がベストな結果を生みます。

汚れがヒドい場合は『洗ってキレイにする』しみ抜き方式よりも『汚れの上に柄を描いて汚れを隠す工法』の《柄足し》『一旦かけえりだけをほどいて外し、お召しになる時に筋状汚れが表に出ないよう付け替える工法』の《かけえり付け替え》の方が良い結果になる場合があります。

詳しくはメールやLINEで写真をお送りいただければお得にキレイにできる方法をご案内させていただきます。

かけえり汚れの目立ち方
が減っていればOK

 「とりあえず汗やニオイが落ちて目立つ汚れがある程度薄くなればOK」、という着物へのお試しみず洗いチャレンジをご検討の方はたくさんいらっしゃると思います。

そのような場合はひとまずみず洗いABC各コースに加え「えりの水洗い」を追加してみてください。

みず洗いだけではほとんど落とせないかけえりの筋状汚れが、時には驚くほどキレイになって帰ってくる事もございます。

着物を安くキレイに
しませんか?
当店ならチャンスありです

 

皆さまがご所有のお着物で「安くキレイにできないかしら?」と思い当たるお着物はございませんか?

 

もしかしたら・・・当店ならば・・・

 

当店なら「えっ!?マジでその料金でキレイにしてくれるのっっっ?」という内容のお見積りをご提示できるかもしれません。

 

ご相談はいつでもお気軽にどうぞ!

 

LINE・メール・お電話、お好きなツールでぜひ一度ご相談くださいませ。

 

皆さまからのご相談、ご質問を・・・

できればご注文を(^^;、心よりお待ちしております。

 

きもの医のホームページをご覧くださりありがとうございました。
m(_ _)m