着物の比翼-ひよく-とは?
留袖・留袖着物の比翼ぅ?

伝統でなく慣習で取り付け
られた白い布=パーツです

当店へご相談の際はムズかしくお考えにならず、ご自身が希望する内容を下記のような普通の言葉でお伝えください。

着物のクリーニングの勉強をする必要はありません。

  • ○年○月○日までに戻してほしい
  • ○円までが希望
  • ○円を超えると出せない
  • 特定部分の見える汚れが気になる
  • えりの汚れが気になる
  • しわが気になる
  • アンティーク・中古着物でそでを通すのが気持ち悪い
  • 着物で一般的なクリーニングができれば良い
  • ニオイがキツくて着れない
  • たくさん汗をかいたから気になる
  • 丈を○○cm出したい、詰めたい
  • 幅を○○cm出したい、詰めたい
  • 反物を着物に仕立てたい
  • 水で洗いたい

「丸洗いをお願いしようと思うんですが・・・」とのご相談をよくいただきます。

しかし経験上、着物クリーニングで一般的な丸洗い(京洗い・生洗い・『屋号』洗い)の本当の中身を理解している消費者は多くない、と痛感しています。

それは着物販売店スタッフや着付け/お花/お茶/日本舞踊などの習い事の先生方やスタッフの方も同じです。

実はえりの筋状汚れなどごく一部を除き、正絹着物の見える汚れは手作業である格安汚れ落としえり拭き/えり洗い等部分洗い染みしみ抜き変色処理格安柄足しなどでの処置が必要です。

また仕上げアイロンだけのご利用も可能です。

丸洗いはえりやそで口以外の見える汚れをキレイにするのにあまり効果的だとは言えません。そのため当店では丸洗いセットを必須とせず、気になる汚れだけをキレイにしてとのご要望を広く承っています。

『本当に丸洗いで良いのですか?』と逆に質問すると、後に上記例のような本音を伺う事ができます。

上記例のような直接的な希望を伺う事で、ご相談者様にとって『迷う要素の少ないお見積り』が可能となります。

ぜひ上記例のような普通の言葉でご希望をお寄せいただき、余計な処置を含まない適切なお見積りをお受取り下さい。


比翼ひよくってナニ?

このように比翼ひよく仕立ての比翼ひよくとは、着物のフチからチラッと見える白い布です。

 

比翼ひよく仕立てかどうかは表側正面から着物(主に黒い色の留袖や色留袖)のフチを見て、白い布がニョッと出ているもの、または表地をペリッとめくって白いペラペラの布が縫い付けてあるかどうかで見極めます。

 

表地と一体的に縫い付けてある白い布は単なる”裏地”です。裏地は完全に表地と縫い合わさっており、ヒラヒラする部分はありません。

 

比翼ひよく比翼ひよくの一方のフチを着物に縫い合わせてありますが、大部分がヒラヒラするように作り付けられています。

※文字だとなかなか伝わりにくくてすみません。(^^;

 

比翼は主に留袖着物のそで
えりすそにある白い別布

比翼ひよくの意義は?
形式的なもので実用性ナシ

ざっくりとした説明です。

 

比翼ひよくとは長じゅばんと着物の間にもう一枚着物を着ているかのように見せるための白い別布を指します。

 

今の一般的な着物の着用ルールでは、まず長じゅばんを着てその上に着物を着付けます。

 

現代風の表現でまとめれば比翼は「この場に来るために最高の着物を用意したのよ」と感じさせるためだけ、と言っても過言ではないでしょう。その意味では見栄のためのモノとも言えます。

 

レンタル着物でもクリーニングに出しても比翼の取り付けられていない同程度の留袖・色留袖着物に比べ、いずれも高価です。

 

「私は私が揃えられる最高の着物を着て来たの」アピールに使えます。

 

比翼仕立ての留袖・色留袖着物はそういうものだとお考えいただければ良いと感じます。

 

留袖・色留袖には比翼ひよく仕立て
が必ず必要? あって当然?

後述しますが比翼仕立てにする必要があるかどうかは、皆さまがお決めになる事です。

 

ただ比翼は昔ながらの着物の伝統か?と問われれば「そうではありません」との回答になります。

 

着物をもう一枚着ているように見せるための比翼仕立ては、いわゆる簡略化をはかる中で生まれたものですので、正直あまり意味があるものではありません。

 

はるか昔、長じゅばんに加えて着物を2枚も着るのはかさばるし、着付け時も着用時もとても面倒なので、着物の中にもう一枚着てるように見せるために考えられたものが比翼仕立てです。

 

そもそも比翼が生まれた経緯がそれまでの伝統文化の否定=着やすいように簡略化する目的です。

 

着物に不慣れな方なら一生のうち着物をお召しになるのは数回だけ、という方がたくさんいらっしゃいます。

 

主な機会は結婚式、お見合い、格式高い豪華な集まりくらいではないでしょうか。

 

比翼の直接的な目的は「見栄をはる事」に尽きると言っても過言ではないでしょう。

 

留袖・色留袖には比翼仕立てが必須なの?との問には回答しにくいのですが、伝統文化ですか?との問には明確に「いいえ」と申し上げられます。「見栄のためのものです」と。

 

見栄が大切、というシーンももちろんありますので、必要かどうかは皆さまお一人お一人が答えをお持ちだと考えています。

 

私の留袖は比翼ひよく仕立てで・・・
クリーニング代は割高よね?

はい、残念ながらその通りです。

 

このページにクリーニングを検討していて来られた方は、その比翼仕立ての留袖・色留袖着物を着ていく場に着物に対して「ウルサ型」の方がいるかどうかリサーチしてみてはいかがでしょう。

 

流行りの言葉で着物警察官が居ないようなら、思い切って留袖・色留袖着物から取り外してしまえば、今後比翼部分へのクリーニングが不要になります。

 

比翼は真っ白なので、えりや見頃などにできた変色が目立ちがち。

「いっそのこと無ければいいのに!」

とのご意見に、当店は賛同いたします。

 

デメリットは着物のルールをある程度知っている方から見れば「ほんの少し格は落ちる着物なのよオホホ」と思われるくらいでしょうか・・・。

 

着物レンタルショップや着物販売店・呉服店、お仕立て直しを専門に取り扱う業者さんや着物専門クリーニング店・悉皆店からは「残念がられる」・・・かもしれないくらいです。(それぞれ単価が安くなってしまうので)

 

ですが比翼のかけえり部に真っ黄色の2センチ幅で20センチほどの筋状汚れがある場合 ───

 

「先日の結婚式で着た時にできた汚れなの」

こんな軽い汚れ・ファンデーションや皮脂汚れ程度なら丸洗いが不要なら丸洗いを注文せず、えり洗い=1,700円で処理できる可能性が大です。

ところがこれが数年ぶりにタンスから出してみたら・・・という古い汚れの場合、着物クリーニング料金の安さをひとつのウリにしている当店でさえキレイにするにはおそらく3~6千円はかかります。

 

さらに古い黄色い汚れがある比翼仕立て留袖なら、表地の黒い布のかけえりにも白っぽい筋状汚れがガッシリできている場合が多いもの。

 

比翼仕立て留袖、ヒヨク付き色留袖着物はいわばもっとも汚れやすいえりが着物2枚分あるので、どうしてもクリーニング料金がカサ増しになってしまいます。

 

実際、着物をよくご存知の方ほど「私は比翼があろうがなかろうが気にしない」という方が多いようにも感じるところですが、本当のところはなんとも言えません。

 

着物専門クリーニング店としてなにか有益な情報を発信するとすれば、「それ言うか?」とおしかりを受けそうな事しか考えつきません・・・。

 

特に比翼仕立て留袖・色留袖を着用の際は着付け時に汚れにくいよう着せてもらうか、動きをゆったりして首をあまり大きく動かさないよう注意するしかない、これがお届けできる情報のすべてなのです。

 

これが着物専門クリーニング屋の限界かもしれません。

 

ただ ───

着物に不慣れな着物初心者の皆さまの心配もわかります。

 

「譲り受けた留袖/色留袖着物にこの比翼が付いていて、よく確認すると黄色っぽい10~20センチ程度の筋状の汚れがある・・・どうしよう?」

 

サバけた方なら予算に応じて「取っ払ってしまう」のもひとつの考え方です。

 

無いなら無いで構わない、比翼は今、本当にこのように形式的なものなのです。

 

「予算は構わないからキレイにしたい!譲り受けた形のままで着用したい!」

 

このご要望の際はもちろん喜んでお手入れ・しみ抜き・クリーニングさせていただきます。

 

皆さまにおかれましてはもっともわかりやすい判断基準があります。

 

「比翼が付いている着物の方が金額が高い→比翼なしの着物を着て節約したと思われたくない、ちょっとは見栄をはりたい」という場合は留袖をクリーニングに出す際、比翼のしみ抜きクリーニング・お手入れや比翼を新しく作り直したりしましょう。

 

「別にどう見られても平気。キレイな留袖を着てれば問題なし」という場合は汚れた比翼をしみ抜きしたりクリーニングしたり作り直す必要はありません。

 

ていねいに縫い糸をほどいていけば、多くの方がご自分で取り外す事もできると思います。

 

繰り返しになりますが留袖・色留袖でしか見られないこの比翼(ニセ着物)はあくまでも形式的なもので、無くても構わないものです。

 

クリーニング代を節約するコツ
・・・を発表する少しおバカな?
着物専門クリーニング店(笑)

身もフタもない言い方をすれば、私ども着物専門クリーニング店は着物クリーニング料金を安くできない事で着物を着る人を減らすとても大きな要因を作ってきたと自負しています。

 

クリーニング料金をなりわいにしている業者としてタブーがあります。

それはクリーニングを節約するコツをお伝えすること。

 

しかしそれでは同業他社さまとなんら変わらず個性が出ません。

 

そこで一所懸命考えて、ようやく着物クリーニング料金に対するひとつの節約術を見つけました(思い出した、がより正確です)。

 

あえて着物ルールを無視してあまり誰も言ってこなかった提言をするとすれば ───

 

比翼のかけえり部分に長じゅばん用の無地の白い半えりを洋裁手法の並縫いや両面テープや安全ピンで留めてしまえば?

 

これしか出てきません。

特に女性の皆さんなら思い当たるフシがあるのではないでしょうか?

 

出発直前に「ゲッ!裂けてる!破れてる!アナがあいてる!」

 

そんな時、安全ピンが大活躍していた事でしょう。

 

たかが1日、晴れの舞台はおおむね3~5時間、長くても8時間着たらおしまいです。

 

そのクリーニング料金が普通の着物に比べて高くなるくらいなら、比翼に半えりをつけて汚れをそこにひろってもらい、その下の比翼を汚さない ───

 

書いていて「なかなか良い案では?」と感じていますがどうお感じになりますか?

 

気になる半えりですが、通販で安いものだとシルク100%=正絹で作られたものでも千円強で買えそうです。

 

当店でクリーニングするなら、比翼のかけえり部分の「この前の結婚式でできた筋状の汚れ」くらいなら●えり洗い:1,700円●という格安料金で処置可能です。

 

しかし往復の送料を考えると、半えりなら3枚くらい買えるかもしれません。

 

もし皆さまにもっとよいアイデアがありましたら、当店へお教えくだされば当ホームページで情報発信もできます。

 

お持ちのアイデアがたくさんの着物に不慣れな着物初心者の方々にとってクリーニング料金を節約できる有益な情報となれば、教えてくださった方もウレしいはず。

 

どうぞ良いアイデアをお持ちの方は、ぜひお気軽にお知らせくださいませ。

 

ホームページに採用できる有益情報だった場合は、当店をご利用の際になんらかのエコヒイキでお礼させていただきたいと思います。

 

この章の目的とは少しズレますが、ぜひ良い案の提供にご協力をお願いいたします。m(_ _)m

 

比翼ひよく仕立て留袖の未来は

比翼は今、実際には形式的なもので留袖には必ず付いているべきとは言えないものとなっています。

※理由はカンタンです。今着物を着る方で長じゅばんと着物の間にもう1枚着物を着る方はほぼいらっしゃらないのです。特別こだわりのある方を除いて・・・。

 

着物販売店さまや着付けサービス店ではヒヨク付き着物をオススメされる事が多いと思いますが、ヒヨクのある無しはお好みで構わないのでは?というのが当店のスタンスです。

 

ヒヨクが付いている留袖が形式にかなっているとの考えはヒヨクが正式なもの、との立場だと思います。

ですがヒヨクはそもそも着物を着る際に簡略化するために考え出されたもので、もともと着物文化から外れた形式的なものだと当店ではとらえています。

 

現代において普通の方が着物を着る際は長じゅばん+着物+帯です。長じゅばんと着物の間にもう一枚着物を着るかたはいらっしゃらないでしょう。

ほぼ100%です、と言い切れるくらいの確率で・・・。

 

ですが未来に目を向ければどうでしょうか。

 

私たちは「今と変わらず形式として比翼仕立ては残ってゆく」と想像しています。

 

豪華なパーティーに特別なドレスや衣装を用意するのは一般的です。

 

そしてパーティーの中にはドレスコードという”着てくる衣装への制限”を設ける事があります。

 

「”サンダルばき、だらしないジーンズ、Tシャツのみの上着なし”では入場できません。男性は上着、女性は○○○○でご来場下さい」

 

大阪の方なら「これナンボに見える?へへーっ。980円やで!」と安さ自慢をする方が多かったりします。ですが購入価格はともかくパーティーの現場に着ていく衣装の見栄えはやはり”キチンと高見え”するよう工夫されるはず。

 

これが留袖でいうところの”比翼仕立て=高見え”となるのです。

 

結婚式など衣装に格式を求められる場でもある程度不文律のようなドレスコードがあります。

 

それが「新郎新婦の親族は留袖または礼服でのご参加を」というもので、この際に留袖というのはイコール比翼仕立て留袖着物を指します。

 

核家族化が普通になった現代、少子化とも伴って豪華な結婚式を行う数が激減しているそうです。

 

そのため不文律ドレスコードに抵触する機会は減るももの、完全にはなくならないでしょうし、やはり見栄の世界は残ります。

 

くどいようですがここまで書いてきた上で、最後に申し上げます。

 

ご自身が「比翼仕立ての方が良いんだろうな~」とちょっとでもお感じなら、その後かかるクリーニング代を覚悟して比翼仕立てを着ましょう。来て行った場で恥をかくのを防げます。

 

もし「ドレスコードに引っかからないならいらない!」と強く感じられるのなら、比翼は取っ払ったり比翼仕立てではない留袖・色止め着物を購入・レンタルしてもなにも恥ずかしくありません。

 

要は形式的なものですので。

 

それでもまだお悩みですか?

では最後の最後に背中を押す一言でしめたいと思います。

 

あなた様に限らず着物を普段着として着ない大多数派の皆さんは、あなた様と同じ悩みを持ってこのページをご覧になっている事でしょう。

 

形式を重んじるなら比翼仕立てを、そうでなければ留袖・色留袖着物で十分です。

格式としては十分ドレスコードをパスしているのですから。

 

最後まで目を通してくださってありがとうございました。

m(_ _)m

 

きもの医のホームページをご覧くださりありがとうございます。

m(_ _)m