着物のスレは補正必須?

スレは放置すると恥ずかしい?

当店へご相談の際はムズかしくお考えにならず、ご自身が希望する内容を下記のような普通の言葉でお伝えください。

着物のクリーニングの勉強をする必要はありません。

  • ○年○月○日までに戻してほしい
  • ○円までが希望
  • ○円を超えると出せない
  • 特定部分の見える汚れが気になる
  • えりの汚れが気になる
  • しわが気になる
  • アンティーク・中古着物でそでを通すのが気持ち悪い
  • 着物で一般的なクリーニングができれば良い
  • ニオイがキツくて着れない
  • たくさん汗をかいたから気になる
  • 丈を○○cm出したい、詰めたい
  • 幅を○○cm出したい、詰めたい
  • 反物を着物に仕立てたい
  • 水で洗いたい

「丸洗いをお願いしようと思うんですが・・・」とのご相談をよくいただきます。

しかし経験上、着物クリーニングで一般的な丸洗い(京洗い・生洗い・『屋号』洗い)の本当の中身を理解している消費者は多くない、と痛感しています。

それは着物販売店スタッフや着付け/お花/お茶/日本舞踊などの習い事の先生方やスタッフの方も同じです。

実はえりの筋状汚れなどごく一部を除き、正絹着物の見える汚れは手作業である格安汚れ落としえり拭き/えり洗い等部分洗い染みしみ抜き変色処理格安柄足しなどでの処置が必要です。

また仕上げアイロンだけのご利用も可能です。

丸洗いはえりやそで口以外の見える汚れをキレイにするのにあまり効果的だとは言えません。そのため当店では丸洗いセットを必須とせず、気になる汚れだけをキレイにしてとのご要望を広く承っています。

『本当に丸洗いで良いのですか?』と逆に質問すると、後に上記例のような本音を伺う事ができます。

上記例のような直接的な希望を伺う事で、ご相談者様にとって『迷う要素の少ないお見積り』が可能となります。

ぜひ上記例のような普通の言葉でご希望をお寄せいただき、余計な処置を含まない適切なお見積りをお受取り下さい。


よく受けるこのご質問にわかりやすく、ご自身で判断しやすい情報の形にしてご案内いたします。

スレ補正はしみ抜き同様必須

スレ補正って必ず必要なの?

まず結論です。スレ補正は「必要性の高い着物」と「必要性の低い着物」に分ける事ができます。

着物の種類や将来どのようなシーンでお召しになる着物か、という目的によって変わると思います。

  • 黒留袖など礼服として格式を求められる着物には処置をした方が後々安心だと言えるでしょう。
  • つむぎや小紋など普段着はご自身が気になるならアリと言えますが、スレがあっても気にせずお召しになれる着物も多いと思います。お仕事でお召しになる方で明るくない店内でお召しになる着物なら、スレ補正は無用とも言えます。
  • 稽古けいこごと用のお着物にはまったく不要だと思います。

これらを次の表にまとめました。

冠婚葬祭や茶会など晴れの舞台でお召しになると決まっている着物

着物種類 お召しになるシーン スレ補正の必要性
黒留袖 結婚式
お見合い
結納など冠婚葬祭
パーティー
お茶会
踊りの発表会など
公式行事や格式を求められる際にお召しになる着物
高い
色留袖
振袖
紋付き・喪服
色無地
色無地
訪問着
付下げ訪問着
付け下げ
江戸小紋
つむぎ
小紋
男着物
着物の見えない部分 低い

趣味・お仕事・おケイコで着る着物

着物種類 お召しになるシーン スレ補正の必要性
黒留袖 お仕事
趣味
着付けのケイコ
踊りのケイコ
お茶のケイコ
ラフなパーティー
リメイク用など
公式行事や格式を求められない、自由にお召しになれる着物
低い
色留袖
振袖
紋付き・喪服
色無地
色無地
訪問着
付下げ訪問着
付け下げ
江戸小紋
つむぎ
小紋
男着物
着物の見えない部分 不要

スレ補正の必要性

着物の格式=見栄

ここではスレ補正をオススメする理由をご案内いたします。

格式で着物を考える時、黒留袖や振袖は最高ランクに位置する格式高い礼服としてお召しになれます。

当店の勝手な理解ですが「着物の格とは《どれだけ見栄を張ったか》」を指していると感じています。

この考えで言えば黒留袖や振袖着物のスレ補正は必須と言えます。なぜならスレが見抜かれた際、「礼服のスレを補正するだけの資金力がないのか」とスレを見つけた第三者に感じさせてしまうリスクがあるからです。

ただし、スレを見抜ける方がどれだけいらっしゃるかはわかりません。
※私どもでは他人の着ている着物のスレを見抜ける方は少数だと考えています。

スレは案外、気づかない

皆様にやみくもに「スレ補正は不要です」という意味ではなく、事実ありのままをお伝えします。

着物のスレの多くはお召しの際に山折りにし、首の周りにくるかけえりや、脇・背中など帯でギュギュッと締め付けられる部分にできるのが定番です。

とは言え淡い色合いの着物や総柄小紋など、柄が多めの着物はどちらかと言えばスレにお気づきでない場合が圧倒的多数です。

黒留袖や濃紺・濃い青・緑色の着物のような、私ども着物クリーニングのプロが見て「あ、スレがある」とすぐわかるような着物においても、実はスレにお気づきでなくクリーニングを依頼されているお客さまが多数です。

私どもの見積もりで「スレを補正しますか?」と言われて初めてスレがある事を理解したような場合 ───他の方もスレに気づかない可能性が高いのです。

冒頭でご案内の通り黒留袖など一部の格式高い場所でお召しになる着物は仕方ないにしろ、特に趣味でお召しになる着物にスレ補正がどれだけ必要なのか、私どもにもわかりません。

言い換えればスレ補正は必ずしも必要ではない、とも言える処置、それが着物のスレ補正なのです。

スレ補正を安く提供できる時代

スレ補正は今、一部の着物専門クリーニング店で「安価で高品質に提供できる時代」に突入しつつあります。当店もそのうちの1店として、日々スレ補正を安く提供しています。

ところがスレ補正は全国的に見て、まだまだ高額な処置のひとつとして知られています。

今も多くのお店がそうであるように、「スレ補正は高額で品質もそれなり」との理由で、洗い張り+再仕立てを勧める店が多数派です。

新しい技術で開発されたスレ補正薬剤や新技術を採用していないお店では、選択いただけるメニューが洗い張りしか無く、消極的に洗い張りをススメる環境にあります。

着物のクリーニングやしみ抜き品質にカンペキを求めると、「洗い張りを勧めるのは致し方ない」と言えます。

その意味では百貨店からのクリーニング依頼を受けているような老舗のお店は「ある程度キレイになります」、とは表現しにくいのも当然だとも言えるでしょう。

当店のスレ補正の提供品質は控えめに表現して80点~90点台です、とご案内しております。もちろん高度な安全性や信用を重んじる百貨店からの仕事依頼はありません。

「なんだ、百点じゃないのか」と、ガッカリされたでしょうか?

絹糸の毛羽立ち=髪の毛のキューティクルがガサガサに開いた状態にそっくり=着物のスレは少し目立たなくなるだけでも「気になる度合い」が大きく改善できる、非常に稀有なクリーニングメニューだと考えています。

当店のスレ補正は例えばかけえり左右両側の部分的処置なら、2~3千円程度です。一般的な着物専門クリーニング店で例えればしみ抜き1ヵ所の処置料金より安いとも言えます。

必ずしも必要ではないスレ補正ですが、安ければやる気が出るのではないでしょうか。

(極論で無理やりな)判断基準

スレ補正が必要かどうか ───いかがでしたでしょうか。ここまでで決断いただけていたとすれば幸いです。

「まだわからないのよ!」とお感じの方へ極論でご案内します。

結婚式に新郎新婦のご両親として着ていく着物は、スレがあるならスレ補正すべきです。

当店ではカンペキではないものの、スレ処置後はおそらくどなた様にもスレだと指摘を受けない程度の品質を安くお届けできます。
カンペキをお求めの際は老舗着物クリーニング店が安心です。当店ではカンペキ品質を常に提供できるワケではありません。

結婚式など格式の高い会でお召しになる着物は、着物の種類はともかくスレがあるならスレ補正を行いましょう。

スレ補正は高額だと知られている、という事はつまり、スレに気づいた第三者がスレを放置しているのは着物のお手入れにお金を投じていないと受け止められるという事です。 ───これは恥の文化である日本においては非常に恥ずかしい事です。

つまり「私が着ているこの黒留袖はできる限りの予算を投じて最高最良の状態で着ているのよ」と宣言したい、とのお気持ちが強ければスレ補正を、「目立たないかもしれない」とお考えの際はひとまず処置なしで良いのでは?と提案いたします。

濃色の訪問着や色無地・付下げ。

これらは判断が難しいと思います。でも極論で無理やりご案内します。

次にお召しになる予定がある着物は、このページの冒頭でご案内した表を参考にスレ補正をするかどうか検討できます。

次の予定が立っていない着物については、次にそでを通す予定ができてから判断してみましょう。当店では特急仕上げ対応が可能ですので、最悪数日あれば処置して納品できます。(特急費用が割高になる難点があります・・・)

普段着なら?

スレ補正の全国相場価格帯1万円~3万円もの費用を投じる方は少ないでしょう。ところが、当店では前述の通り数千円です。カンペキではない品質になる可能性がありますが、相当マシになって戻せます。

う~ん。でも・・・でもやっぱりわからない!

とお考えの方は直感で「やる、やらない」を決めてしまいましょう。

以上が当店の着物のスレ補正に出す出さないの判断基準です。
参考になれたとしたら幸いです。

さらにご不明な際はあらためてお声がけいただければと思います。

きもの医のホームページをご覧くださりありがとうございます。
m(_ _)m


持って行って相談できない店

だから安価が現実に

◆当店は《着物を安い料金でキレイにしみ抜きしたりクリーニングしたりお仕立て・お直しする事がポリシーの店》で大阪はもちろん全国を対象としたネットショップです。

安さ実現のため様々な工夫を取り入れたため「利用する際わかりにくい」とお叱りを受ける事もありまず。そのひとつが「直接店まで行き目の前で着物を見ながら相談できない店」です。

「お店まで持って行きたい」とのご要望はよくいただきますがどなた様に限らずお断りしております。理由は今の安価な料金帯を維持するためです。接客係を置かない店なのです。人件費削減で安価を実現しているのです。

この件のご相談は「できない事がわかっている上でのご相談で、私どもにとっては営業妨害と等しいものです。この点ご理解いただければ幸いです。

当店をご利用いただくには宅配便等でのやりとりか、大阪/東大阪市内とその周辺地域向けの訪問集配サービスのみとなります。

お問い合わせいただきましても同じご案内となります。なにとぞ「持ち込みに関するご相談」なくご利用いただきますようお願いいたします。

 

■電話番号■

050-7121-0123
受付:平日 11~20時

すぐに対応できない際は折返します。
時間外も電話に出れる時は
対応します。


 

■お着物の発送先■

〒577-0005

東大阪市七軒家
11-13

きもの医 あて


特定商取引記載事項
(準備中)

クリーニング事故賠償基準
(準備中)