着物の変色汚れを効率的に
安く解決できる格安柄足し

伝統技術厳守!→高額 or
格安柄足しで安くキレイに?

柄足し工法の概念がいねん

柄足しがらたし工法は(主に染み抜きしみぬきが困難であると判断された際)『変色の上に何かしらの柄を描いて変色黄変を隠す加工』を致し問題解決を図る工法です。

生地への負担やダメージ回避で染み抜きしみぬきを不適切だと判断した場合や費用の面でより安く処置するために、全国的にあらゆるお店でオススメされている事でしょう。

当店の格安柄足しはこの柄足しと何が違うために単に柄足しではなく格安柄足しとネーミングしたのでしょう?

格安柄足しとは

格安柄足しは「安くたくさんの変色黄変を解決する唯一の方策」です。

安さ』を実現させるべく考え抜いた、柄足しなのです。

技術力のある着物専門クリーニング店で行われている柄足しは、ざっくり言って本格的処置です。伝統的手法といえるものもたくさんあります。

当店で行う柄足しは『まず安さありき』で「普段づかいできる価格帯」にこだわった、皆さまにとってフェアな料金計算となるよう心がけています。

「まず美しい仕上がりである事」というニーズにしばられた一般的なお店とはサービス構築の時点から異なっているのです。

格安柄足しは『まず』費用にこだわっている証として、「けして高額ではないのです」との意図を持ってサービス名称としました。

どこまでもまずお安くするところから考える当店独自の見解をご理解いただければ幸いです。

安くてそれなりは品質無視?

『安さありき』と説明すると「処置の出来は適当でかまわない、仕上がりの美しさを二の次にしているの?」と誤解を受けるかもしれません。

そんな事はありません。

当店では機会にふれるごとにこうご案内しています。

「その着物の図柄を詳細に記憶している方はいらっしゃいません。

ほぼ初めて見る着物の柄をひと目見て、『あ、これは後から書き足した図柄だな。はは~ん。さては変色を隠したのだな』などと判断できる方は存在しません。

変色があるままで着るか新たな柄を描いて着るか ───

あらゆる意味で後者の方が恥ずかしくないでしょう。」

柄=アートです。一般的な美しさを追求すればどうしても費用はかかります。

現実的ではない金額で着物の変色を改善しますか?と問えば、大半の方の答えはNOになるでしょう。

格安柄足しはこの際の回答で「そのくらいの額ならお願いしようかしら」と感じていただける価格帯で、できる限りの美しさを追求した処置と言えます。

皆さまはお気づきになっていないだけで、当店で格安柄足ししてキレイに再生された着物をお召しになっている方は案外いらっしゃるかもしれません。

さて、そんな着物に皆さまはお気づきになられましたか?

・・・こう説明すると、もしかするとわかりやすいのかもしれません。

品質無視ではなく図柄にこだわらずご注文いただいたお客さまが納得できる費用と品質、つまりコスパに優れた処置であると、胸を張って申し上げたい次第です。

格安柄足し・金彩ぼかし柄例

変色丸出し新たに加わった柄

クリーニング料金付き・着物の茶色の変色を割高なしみ抜きではなく安価なぼかし柄の柄足しで処置したビフォーアフター画像例 1ヵ所1,800~3,600円だった時の画像
着物の茶色の変色をしみ抜きより安価に処置できる『金彩ぼかし柄』の柄足しビフォー→アフター例(右のアフター画像の『柄の左側』にくすんだように見えるのは光による陰影です。撮影技術に問題が・・・)

変色黄変がたくさんある状態の着物をお召しになれますでしょうか?

また上の画像を見て品質と費用のバランスをどうお感じになるでしょう?

変色がたくさんあって着れなくなった着物を比較的安い費用でキレイにできる、これが格安柄足しの理念です。

費用が恐ろしくて着物専門クリーニング店へ見積りに出すに出せなくなった着物の再生にピッタリな、コスパに優れる効率的な工法なのです。

しみ消しは格安柄足しでお安く

染み抜きしみぬき 柄足し 染め替えそめかえ

アクと表現されてきた黄ばみ・変色・黄変が多い着物をキレイにする方法として、着物専門クリーニング・悉皆店しっかいてん業界では主に3つの工法で対応しています。

染み抜きしみぬき、柄足し、染め替えそめかえ(部分染めである吹雪加工を含む) ───。

このうち染み抜きしみぬき染め替えそめかえは見聞きした事がある方も多いと思います。

染み抜きしみぬきというワードは『シミ』という言葉と伴うため、非常にポピュラーな言葉となっています。

シミを除去したり隠したりする、という事に興味を持つ方も非常に多いでしょう。

では柄足しはどうでしょう?柄足し工法をご存知でしょうか?

実は着物のクリーニング方法として、柄足しはとても一般的です。

ところが消費者の皆さまには「柄足し?」という感じであまり知られていません。

柄足しの目的

柄足しは化粧で言うコンシーラーやファンデーションなどと同じ、下地(素肌)のシミを隠す目的の処置です。

元のシミには手を加えず、その上に柄を描いてシミを隠します。

外出時、第三者からシミが見えなければそのシミは無いのと同じです。その意味では柄足しは効率の良い処置と言えます。

なぜ柄足しは消費者の皆さまには知られていないのでしょう?

柄足しが知られていない理由

柄足しがこれほど知られていない理由を当店なりに解釈してみました。

結果、そもそも着物の個別汚れを解決しようとする方の数が少なかったからではないかと結論づけました。

 柄足しも染み抜きも見積り依頼で「考えてもみなかった額」回答におののき、着物を美しく再生する事をあきらめられてきた・・・これがもっとも多いのでは?と考えている次第です。

そう考える理由の第一は柄足しは非常に高額に見える工法だからです。

日本画や友禅や染色など、伝統的な着物の技法を熟知した職人でなければできないとの思い込みが大きな理由なのかもしれません。

また理由はともあれ過去50年くらいの単位で考えれば、柄足し処置をご利用した方は染み抜きしみぬき処置を利用した方の数に比べ、圧倒的少数だと思われます。

世間であまり用いられないサービスが一般的にならないのは宿命です。

残念ながら、これまで柄足し工法はごく一部の高級着物やクリーニング代をドバドバ使える方々だけに用いられた工法でした。

格安柄足しは格安美容整形?

着物専門クリーニング店として柄足しを請け負う係としては、格安柄足しのパフォーマンスは非常に素晴らしいものだ、と痛いほど感じています。それに伴うコストも。

それは変色黄変を漂白処置(いわゆる染み抜き系処置)で改善しようとした時と比べ、作業工数を大幅に減らせるからです。

つまり、漂白処置に比べ非常にお安くお届けできるのです。

顔や腕など目につく部分を『美肌』『シワ』『しみ』を改善したい、『素肌を白く若々しく』したい ───

これらを実現する方法は安価なものから外科的処置まで数々あります。

柄足し工法はその意味においては外科的処置に近い処置です。処置すれば改善する・・・でもリスクやデメリットもある。

リスクやデメリットを徹底的に避けようとすれば、行き着く先はどうしても高額なものになります。

最近「整形マニア」の方が自身で情報発信し、話題を集めたりしています。

二重にしたり鼻の形を整えたりするだけで十分美しいはずなのにそれだけではあきたらずどんどん整形をし続け ───

数千万円もかけ、普通の人から見れば少々「奇妙」な結果でご自身は満足しているようです。

「美」は主観的なものです。そのため人により「美」の感じ方は千差万別です。

そこで当店では「いろいろな人から見て違和感がない仕上がりで十分では?」と考えます。

その結論が格安柄足しです。

利用しやすい価格帯で違和感のない仕上がり。もともとの柄だと感じられる品質。それで十分ではないでしょうか?

着物に変色黄変がたくさんあった時、格安柄足しは格安価格帯でありながら、第三者にほぼ絶対にバレない方法としてオススメしています。

目立つ部分の変色、見頃にある茶色いしみ、そでにある気になる黄ばみ ───

気持ちの落ちるこれらの変色黄変がもし数えるのがいやなくらいの量になれば、格安柄足しは救世主になれるでしょう。

格安柄足しは、そんなイメージがしっくりハマる工法なのです。

変色が多い時は格安柄足し!

着物の格安柄足し詳細

着物は独特の和柄が描かれているモノが多く着物クリーニング専門店での処置は、おおむね次のように分類します。


つい先日着た時にできたかけえりの筋状汚れなどを除き、着物の個別部分の汚れを処理するのは染み抜きしみぬき処置が一般的だと認知されています。

中でも着物お手入れが未経験の方やあまり着物に近くない方は着物はクリーニングに出せばキレイにできるの?と、あまりにも情報が少なすぎて根本的なところから迷われているのが実情です。

その上柄足し・格安柄足し?(^^;

柄足し(ガラたし)という言葉を初めて知った方もたくさんいらっしゃると思います。

柄足しとは生地が古かったり傷んでいたりで しみ抜き処理をしにくい場合や、色あせてしまったり金銀が劣化ではがれて薄くなってしまった部分に対して、同じ柄や色合いの図柄を新たに描いて汚れや色あせなどをなかった事にする技術です。

もっとも、当店の統計では生地の傷みや劣化以上に・・・『長期保存で久しぶりに出してみたら茶色のシミが!』事件でご相談に預かる事の方が圧倒的多数となっています。

非常に安く流通しているアンティーク・中古・未使用着物なども同じように多くのご相談をいただいています。

もしご相談いただく全ての変色汚れを安く解決できれば・・・忙しくなってしまうなぁと、遠い目でニヤニヤしながら考えて・・・たりは、けしてしておりません。

格安柄足しはニーズで誕生

美品と札のかかったアンティーク着物を2千円で買ったら鬼のような茶色の染みしみが!

こんな時にいいなと感じたお店に相談したら数万円の見積もりが・・・。キレイにする気が失せる瞬間だと思います。

普通の染み、付着したばかりの一般的な汚れなら柄足しは無用です。通常の格安汚れ落とし染み抜き、かけえりの筋状汚れだけならえり洗いだけで十分対応できます。

変色汚れについても狭い範囲の部分的な変色だったり小さなものが数ヵ所だけなどの場合、費用面から見ても漂白処理(染み抜き+漂白)で処置する可能性も大いにあります。

ただ漂白処理には漂白剤の持つ効能が高すぎるために起こる脱色などのリスクがあります。たった1ヵ所でも大きな変色や金属糸にまたがった変色の場合は、格安柄足しに費用とコスパで軍配が上がる事もしばしばです。

いずれの場合もご利用になる皆さまにとってクリーニング提供品質と共に最大の関心事は染み抜きや柄足し時の費用だと思います。

当店は当店のあるべき姿としてまず安い費用で済む方法から検討します。

逆説的ですが格安柄足しは着物クリーニング料金を安く利用したい皆さまの潜在的なニーズを汲み取ってサービス化した、格安着物みず洗いコースと共に当店イチオシの処置のひとつなのです。

 格安柄足しの ぼかし柄入れは厳密にはデザインを変える事になりますので、ご注文時はこの点をご了承いただく必要があります。

格安柄足しをオススメするのは
変色がヒドくたくさんの着物!

着物ルール・着物の
常識からはみ出る処理

着物の常識では、汚れがよっぽどヒドい状態の着物に対して次のお手入れをご案内しているお店が多数です。

『よっぽどヒドい汚れ』は黄ばみ・茶色じみなど主にカビなどによる変色汚れと、落とすために生地に大きなダメージをともなう墨汁やプリンタトナーなどの汚れがある場合です。

黄ばみ・茶色じみなどの変色は漂白という技術で化学反応を用いて黄色味を消す工法です。その効能に染料を脱色させる副作用があります

漂白作業ですべての着物が脱色する訳ではありません。ただしクリーニング全般のリスク度合いから見れば『ほぼ起きる』くらいに考えねばならない問題なのです。

ほぼ全ての色の着物にリスクが

脱色は化学反応で起こります。コントロールしようにも脱色させずに変色だけを消す漂白剤が現代においても未開発で、おそらくこの状態はまだまだ続くでしょう。

脱色リスクはごく薄~い黄色?くらいの初期変色は低く、真っ茶色・こげ茶色なら確実に起こるものです。

このため当店ではキレイにしたい汚れは早期処置が最も肝心で、その入り口にある日常的お手入れ週間が陰干し虫干し&汚れチェックを同時に行う事だと力説しています。詳しくは上手な正絹着物の長期保存お手入れ法をご参照ください。

漂白剤は青い色の染料を中心に赤色染料も脱色させがちです。黄色の染料までも脱色する事すらあります。

変色=黄ばみや茶色じみの数が多ければ多いほどアチコチ染色補正を行う必要が出てきます。なぜなら前述通り変色を消す漂白剤にはその効能に染料を脱色させる副作用を合わせ持つためです。

ドバッと脱色した着物を見た経験のある方は結構少ないと思います。当店のような着物の汚れを専門にキレイにしようとするクリーニング店では誰もが見慣れているのが実情です。

脱色は実は、それほど日常的なものです。変色を見つけたらクリーニングに出せば大きな確率で脱色する!と考えた方が良いほど、結構な確率で漂白して脱色しています。

ドバッと脱色した部分を目の当たりにすれば・・・ショックでフラフラになると思います。本当に。言いたい事は漂白する→脱色した→そのまま納品はできない、という点です。

変色がジャマで着れない! →そうだクリーニングに出そう! →戻ってきた! →脱色してた!
→ガーンッ!!これでは着れない!

これではクリーニングに出していただく意味が無くなってしまいます。しかも財布には大きな打撃が・・・。

数千円~1万円強ではムリ?

染色補正は比較的高額になりがちな作業です。変色が30ヶ所あれば脱色するものなら30ヵ所とも脱色するはず。

ともなれば着物の汚れを安く解決しますと安さを店の売りにしている当店でさえ『染み抜き+漂白+染色補正+部分染め』の3処置を行わねばならず、莫大な料金になりかねない作業となってしまいます。

そんな時に費用を安く抑えるための代替案としてご案内するのが格安柄足しです。詳細な絵画を描いて変色を消す事もできます。ただし絵心のある経験者や専門家に依頼すると大きな費用がかかります。

当店では超のつく高級着物や著名作家さんの一点ものなど、オリジナルのイメージを損なう事が許されない着物に対しては、和柄を描く専門家による仕事をオススメしています。

逆に「ひとまず着れるようになれば良い、汚れが見えなければ良い」、と希望のお着物に対しては数万円のお見積りはなかなかご案内できません。それでは注文が激減してしまうと心配で心配でストレスで死んでしまいかねません。

皆さまのニーズはそれこそ数千円、がんばっても1万円くらいで、というのが一般的な消費者様の本音ではないでしょうか。

突然話の方向が変わって恐縮です。

「そう言えばしばらく陰干ししてないな~」と思い出した着物があればまずは第一歩、ここ重要です、費用を抑えるための非常に重要な第一歩は着物をクリーニングに出す前にあります。

それが『陰干し・虫干し&その時同時に変色が浮き出てないかチェック』です。これは本来着物を専門に染み抜きする業者としては口にしたくない情報です。

それを皆さまの財布を心配して、一所懸命にお伝えしています。

たくさん変色が起きてもらった方がクリーニング需要があるはずなのに売り上げが下がるような情報を発表してるのって、やっぱりバカなの?

それがそうでもないのです。着物をキレイにする際、ご自身が考える予算を考えてみて下さい。

着物1つにかけられる予算は10万円ですか?、それとも5万円?、3万円?、それとも1万・・・?

そうです。あまりにも放置されすぎてあっちを見ても変色こっちを見ても変色、見頃を見てもそでを見ても背中を見ても胸を見てもお尻を見てもすそを見ても ───

変色にまみれた着物を見つけた時、クリーニングに出してくださるでしょうか?

おそらく答えはNOでしょう。売上が下がる方に影響・・・いえ、着物の役割をタンスの中で終えてしまう着物さまを少しでも多く救わせていただきたいのです。

少し苦しいお話で失礼しました。バカな情報発信は安くキレイにできる時期をのがしてほしくない着物専門クリーニング屋の叫びなのでした。

数千円からかかっても1万円程度で済むよう、ぜひ思い当たる着物には陰干し&汚れチェックを習慣化してくださいますようお願いいたします。

普通のお店の考え方なら

しみ抜きや漂白処置などでは非常に高額になってしまうような場合、一般的には次のような作業で変色の改善を検討いたします。

  • 染め替え※注
  • 専門家による柄足し※注
  • 刺繍(ししゅう)入れ
  • 小物などへリフォーム※注
  • かけえり(共えり)の付け替え(えりの汚れがヒドい場合) など

※注 当店では取り扱いがないサービスです。専門家による柄足しは技術者の方が高齢を理由に引退されたため。

染め替えと かけえり付け替えに関しては、着物の状態や過去のクリーニング経験の影響などでうまくキレイにならない事もあります。

その他の作業はお着物をとてもキレイに復活させてくれるとても良い作業だとされていて、当店でもそう思います。費用を考えなければ。
 誤解がないよう補足します。今の着物の染み抜きクリーニング料金相場は確かに高いと感じています。そう感じているものの、それはこれまで長きに渡り消費者の皆さまが高止まりしているクリーニング料金を支払い続けている結果でもあると考えています。
 その意味では日本中の着物専門クリーニング店が高すぎる、というよりもこれまで価格競争がなかったのがクリーニング代が高止まりしている主たる要因だとの結論を得ました。価格競争力を維持しながらクリーニング料金の結果を発表し続け、全国の料金相場に影響を与えられるくらい、着物のトラブルに精一杯尽くしてまいります。

料金がそれなりにかかっても良い方にはこれらの選択は非常に有意義です。これは間違いありません。

中でも刺繍ししゅうで変色を隠すのは同時に美しさ・あでよみやかさも得られる事でしょう。安いお店を見つけられれば脱色と部分染めの費用リスクがある変色処置よりも十分安く仕上がると思います。

刺繍での変色や汚れ隠し、イメージを変えるためなどをご希望の際はご希望額と併せてその旨ご相談ください。

・・・そもそも「費用にこだわらない」のであれば、このページ内での情報は全て意味をなさなくなり、当店にも需要がなくなってしまいます。(^^;

着物をキレイに復活させたい、胸を張って着れるレベルにしたい

でも、
「安くないとお手入れ自体だせないじゃないかっ!」
との思いの皆さまへは、きっと役立つページとなるに違いありません。

なぜそう言い切れるのか?

およそ3年の間に処置した格安柄足しの結果、届いた利用者さまのお声からそう判断できるのです。

ただ・・・格安着物みず洗いと同じく、着物のルールからははみ出る技術開発となっておりますので、厳格に「着物のルールに沿ったクリーニングを」とお考えの皆さまには支持されないかもしれません。

専門家柄足しと格安柄足しの
違い

精密な和の技術による描きか?安さにこだわった描きか?

少々わかりにくい表現ですみません。

着物の柄を描く勉強をした専門技術者による図柄は美しいものです。精密、というのは少し違う表現ですが、わかりやすくするため精密と表現しました。

ひるがえって格安柄足しで描く柄はぼかし柄や金彩加工はともかく、本当にいろいろな工夫をこらし新しい技術として独自開発した、見た目には十分の程度な図柄を描く工法です。

着物のルールに照らしてみれば邪道な手法かもしれません。

あくまでも専門家の手による柄足しとは違う技術での工法ですので、この点はあらかじめご了承くださいませ。

最後にひとつ言えるとすれば ───

皆さまが初めて目にする着物の柄は好みの絵ならうっとり見とれてしまう事でしょう。

ではあまり好みにハマらない、どっちでもいいと感じる柄に対してはどうご覧になりますか?

想像ばかりで心苦しいものの、やはり普通の着物としてひと目見てスルーするのではありませんか?柄の雰囲気、柄付けのバランスに違和感を感じ「この着物の柄はヘンだぞー」と意識して見入った事は少ないのではありませんか?

人の目の特性の限界と活用法

人の目の特性 ───人の目、見方、見え方には科学的な根拠に基づいた特性があります。

格安柄足しの根本はその特性をできるだけ上手に活用しようとしています。

『興味のないものはスルーしがち』
『「ちゃんと見てみよう」と意識しないと危険以外はボンヤリ見過ごしてしまう』
『違和感を感じたら覚えている限り、ずっと違和感を強く感じてしまう』

 これらは全て、人の目の特性だそうです。

お伝えしたいポイントは格安柄足しであれ専門家による絵画レベルの絵であれ、これらに当てはまらない限りどちらも問題ないと『見える』はずです。

6万円の結果も1.3万円の結果も、6千円の結果も、街ですれ違う第三者からは同じように『違和感なく普通の着物に見える』とすれば・・・

皆さんはどちらがご自身の希望に近い処置内容とお考えになりますか?

「それなら1.3万円、できれば6千円程度がウレしいな」と感じるなら、格安柄足しは皆さまにとって、丸洗い以上の着物クリーニングとなり得ます。

格安柄足しは見た目を改善する、最後のトリデでもあるのです。


格安柄足し料金表を見る

きもの医のホームページをご覧くださりありがとうございました。
m(_ _)m


持って行って相談できない店

だから安価が現実に

◆当店は《着物を安い料金でキレイにしみ抜きしたりクリーニングしたりお仕立て・お直しする事がポリシーの店》で大阪はもちろん全国を対象としたネットショップです。

安さ実現のため様々な工夫を取り入れたため「利用する際わかりにくい」とお叱りを受ける事もありまず。そのひとつが「直接店まで行き目の前で着物を見ながら相談できない店」です。

「お店まで持って行きたい」とのご要望はよくいただきますがどなた様に限らずお断りしております。理由は今の安価な料金帯を維持するためです。接客係を置かない店なのです。人件費削減で安価を実現しているのです。

この件のご相談は「できない事がわかっている上でのご相談で、私どもにとっては営業妨害と等しいものです。この点ご理解いただければ幸いです。

当店をご利用いただくには宅配便等でのやりとりか、大阪/東大阪市内とその周辺地域向けの訪問集配サービスのみとなります。

お問い合わせいただきましても同じご案内となります。なにとぞ「持ち込みに関するご相談」なくご利用いただきますようお願いいたします。

 

■電話番号■

050-7121-0123
受付:平日 11~20時

すぐに対応できない際は折返します。
時間外も電話に出れる時は
対応します。


 

■お着物の発送先■

〒577-0005

東大阪市七軒家
11-13

きもの医 あて


特定商取引記載事項
(準備中)

クリーニング事故賠償基準
(準備中)