着物の黄色・茶色の変色は
どう進んでいくの?

収納前は無かったのに・・・
いつの間にか黄色いしみが!

当店へご相談の際はムズかしくお考えにならず、ご自身が希望する内容を下記のような普通の言葉でお伝えください。

着物のクリーニングの勉強をする必要はありません。

  • ○年○月○日までに戻してほしい
  • ○円までが希望
  • ○円を超えると出せない
  • 特定部分の見える汚れが気になる
  • えりの汚れが気になる
  • しわが気になる
  • アンティーク・中古着物でそでを通すのが気持ち悪い
  • 着物で一般的なクリーニングができれば良い
  • ニオイがキツくて着れない
  • たくさん汗をかいたから気になる
  • 丈を○○cm出したい、詰めたい
  • 幅を○○cm出したい、詰めたい
  • 反物を着物に仕立てたい
  • 水で洗いたい

「丸洗いをお願いしようと思うんですが・・・」とのご相談をよくいただきます。

しかし経験上、着物クリーニングで一般的な丸洗い(京洗い・生洗い・『屋号』洗い)の本当の中身を理解している消費者は多くない、と痛感しています。

それは着物販売店スタッフや着付け/お花/お茶/日本舞踊などの習い事の先生方やスタッフの方も同じです。

実はえりの筋状汚れなどごく一部を除き、正絹着物の見える汚れは手作業である格安汚れ落としえり拭き/えり洗い等部分洗い染みしみ抜き変色処理格安柄足しなどでの処置が必要です。

また仕上げアイロンだけのご利用も可能です。

丸洗いはえりやそで口以外の見える汚れをキレイにするのにあまり効果的だとは言えません。そのため当店では丸洗いセットを必須とせず、気になる汚れだけをキレイにしてとのご要望を広く承っています。

『本当に丸洗いで良いのですか?』と逆に質問すると、後に上記例のような本音を伺う事ができます。

上記例のような直接的な希望を伺う事で、ご相談者様にとって『迷う要素の少ないお見積り』が可能となります。

ぜひ上記例のような普通の言葉でご希望をお寄せいただき、余計な処置を含まない適切なお見積りをお受取り下さい。


アク・黄色/茶色変色
じみってどう進む?

・・・このページでは変色の進み方を中心に変色について案内していますが ───。

「見えない部分」や「変色があっても気にしなければ良し!」とお考えなら読み進めなくてもOKです。

着物の汚れは恥ずかしい!と感じるのは仕方がないかもしれませんが、細かいことを気にせずファッションとして楽しむ着物ならあまり気にせず、お召しになってみては?と感じます。

着物をお召しのとっても美しい方!を目にした第三者の皆さまは「あ~、着物っていいな~。私も着たいな~。」などとポジティブに受け止めているはず。

気にしているのは、あなただけかもしれません・・・。これ、本当に感じます。着物専門クリーニング屋として。(^^

気にならない部分の変色はほおっておいて、浮いた費用で半えりや帯揚げに投じた方が幸せな時を過ごせるように感じます。

気になる汚れだけ処置し、あとは着物を楽しむ費用にお使いいただければ幸いです。


new!ご返送時のエコ配とゆうパック送料が同時に確認できる地域別送料一覧

正絹着物によくある黄ばみ
変色の進み方

時間の経過と共に進むのが
黄ばみ変色の特徴です

図でわかりやすく!着物に突如現れる黄色や茶色い変色の進み方
図でわかりやすく!着物に突如現れる黄色や茶色い変色の進み方

※表示している時間の経過はわかりやすくするためにお示ししています。必ずしも図の期間で起こるものではありません。


着物のクリーニング屋に届く変色は、上の図の右側上下くらいのものが大多数です。

提案・・・と言うには厳しい意見かもしれないのは重住所地の上で申し上げれば ───

上の図で言う「半年後~」や「1~5年後」くらいの状態だと、結構お安く処理できる場合が本当によくあります。

この図はこの後、変色を起こした着物の早期発見→早期処置→結果的に安く変色を綺麗にできた!との良いサイクルを広めるためのものです。

着物ちゃんのオーナーの皆さまには、その意味でぜひ虫干し&汚れチェックを絶賛オススメします。
本当に、安く着物を美しい状態で持ち続けられるのです。虫干し&汚れチェックは。(^△^

格安柄足しで変色を消した好例の処置後の画像です。きもの医ならわずか数千円で変色を消せるのです!
お見積り依頼で突出して多い、長期保存後の古い着物のアク・黄ばみ変色を安く改善したい!とのご相談への回答編です。

何もなかったところに突然
黄色いシミが!?の

着物だけに留まらず衣類全般の話として、何も汚れがなかったはずの場所に突然黄色っぽい汚れ発生事件は日々巻き起こっています。

日本全国、どの地域でも起こる現象で、原因がわかれば「なるほど」と手を打つ事でしょう。

「前はなかったはずなのに!」の場所に突如現れる薄い黄色~黄色い変色の犯人は ───?

犯人は2人います!

まず汚れの原因物質、
そしてもうひとりの真犯人は
空気、おまえだっ!

・・・・・・ (^^;

着物は人に着てもらう事が宿命。ですので必然として汚れはいずれ付着します。

着物を来ている時にガンガン食べこぼしてよだれダラダラ落として汗をそででふき取って・・・いる方はほぼいらっしゃらないはず。

という事で、普通に着こなしている限りできるだけ汚さないよう工夫されていらっしゃると思います。(着物のクリーニング料金はバカにできない額ですし・・・)

ですので問題は空気に触れ続けている環境という話になります。

そこで長期保管中は黄ばみ変色が進まないように空気に触れないようにすれば問題解決です。

ところが着物を長期保存するのに際し空気に触れないようにするには、結構な費用と手間がかかります。

着物を着る → クリーニングする → 空気に触れないよう加工してもらう
・・・数年経過 → 半年後に着物を着る事になった

→着物をタンスから出しクリーニングに出す→ 着物を着る→ 繰り返し~~~

真空状態で保管していたのでしわができ、アイロン仕上げの必要があるのです。結局クリーニング2回、真空加工1回の手間と費用が必要になります。

また着物を真空状態にした保存は今のところ一般的ではありません。費用の面で、着物クリーニングの王道にはなかなかなりにくいように感じます。

こうした空気に触れない加工をしなかった着物はどの着物にも等しく「黄色く変色していく」トラブルが起こります。

「黄色く変色した!=必ずクリーニングせねば!」
・・・必ずしもそうする必要はないと思います。あくまでも可能性のお話です。黄色く変色するのは普通の事です。

汚れがなかったはずの、または汚れがあったけどスルーしてた部分に突如想定していなかった黄色や茶色の変色ができていたらビックリします。当然です。

多くの男性が女性の話を聞いていなかったり、グチのつもりで悩みを打ち明けたら頼んでもないのに解決しようとしてしたり、髪型・化粧・ネイル・装飾品を変えてもぜんぜん気づいてくれなかったりするのと同じような現象です。

男なんかどうせ・・・着物の変色はどうせ・・・と。

男性は女性の気持ちをわかってくれませんし、着物は「やめて!」とさけんでも時間とともに変色するのをやめようとはしてくれません。

もちろん女性のように敏感に感じ取ってくれるスーパーカッコいい男性も一部に存在しますが・・・男性陣に女性に対して敏感になれと言っても、わからない方が大多数なのが現実です。

これはある意味解決できない問題です。ですのでどこかで割り切る必要があります。「無理なもんはムリだ」と。

着物はいずれ黄色く変色し、ほうっておくとどんどん茶色くなり、いずれ生地がボロボロになって破れたりします。(冒頭の図を参照)

黄色く変色していくのを防ぐ対策をとるのか?

それを防ぐには前述の通り莫大な手間やお金、それに時間が必要になってしまいますので現実的ではないと言えるでしょう。

という事で(少々変わり種の)着物クリーニング専門店としては、黄ばみを防ぐ事に重きを置いたり汚れがあればどんな汚れでもすぐにクリーニングに!とは考えていません、という事をお知らせしようとこのページを作りました。

「え?」

(笑)  目が点になるのも仕方がありません。でも変わり種とは言え着物クリーニングのプロが言うのです。参考程度に読みすすめていただけるとウレしく思います。

まずここでのポイントです。

しばらく着ないでいた着物はいつの間にか黄色い変色ができてしまう、これは仕方がありません、という点を、どうかマッサラなお気持ちで受け入れてくださいませ。

ウソは申しません。(^^;

着物の黄ばみ・茶色い変色を
防ぐ効果的な方法はない?

残念ですが衣服である以上気が付かない間に汚れの原因物質は付着してしまいます。ですので変色を防ぐ効率的な方法は無いとお考えいただくのが正解かもしれません。

このページではあえて直接黄ばみ変色の染み抜きクリーニングにつながるような案内ではなく、情報発信に重きを置いて書き進めてみます。


汚れが目に見える形でできた場合は早めの着物クリーニングで対処できます。

ところが着用直後の点検で汚れがなかったはずの部分数年後数十年後に突然現れる変色汚れ元々汚れがなかった部分にできるので、その意味において対処するのはとても困難なものです。

衣服の中でも特に長期間に渡って「着る事を目的に保存される」着物の黄ばみ・茶色い変色を防ぐ効果的な方法は「無い」と言い切っても良いくらいでは?と考えています。

上の図のような突然現れるいわゆる変色のしみは、現代のように忙しい日々を過ごしている方にとって、また長期間衣服として扱われる着物にとってはどう対処しても防ぎきれない代表的な問題のひとつです。

「なぜ変色するのか?」を書きつづる事もできますが、とてもとても大変な手間と時間と費用が必要なご案内となります。

さらに他の方のネット記事やブログ、他の着物クリーニング専門店さまが発信している情報でよりわかりやすく知る事ができるはずですので、ここではあえて触れないでおきます。

事実として言える事は次のとおりです。

  • 自転車がサビてしまうように
  • カットしたリンゴが赤くなるように
  • 熱したお湯が冷たくなるように
  • お肌にしみができてしまうように・・・

これらと同じような理由でいつの間にか、気がついたら着物に黄色い変色や茶色い変色ができてしまっているという点です。

生き物の命がいずれ尽きるように、残念ですが自然な事だと受け止めるべきだと思います。

実際には自転車のサビやリンゴの変色を防いだりお湯の温度をキープしたりお肌のしみを消すように、情熱と時間とそして費用をかければ変色を防げるかも・・・防げる可能性は無きにしもあらず、です。

しかし知らず知らずのうちに着物にできる(しかも元は汚れのなかった部分の)変色を防ぐのは・・・

着物クリーニングのプロとしては口が重たくなってしまいますが、現実的ではないと言うべきかも、ととらえています。

着物クリーニング専門店としてはかなり変わった意見だと思いますので、「ちょっと変わった説明をする店だな」 ───そんな風に受け止めてください。

ホームページにこのような形で黄ばみ・茶色い変色のメカニズムを案内して、最後まで読んだら高額なサービスへ誘導する文章だった、というのではガッカリされ店の信用を損ないかねません。

ここはあくまでもお客さま目線・消費者目線でのご案内に徹します。

オキニ・大切な着物
長く生き残らせたい着物には

絶賛オススメはやっぱり、
ド定番の陰干し虫干し!

着物の変色を防ぐ事に注力するよりも、変色したのを早めに発見して対処するのがベストです。なにも「当店にクリーニングをおまかせを!」という趣旨ではありません。

変色を見つけた着物はどのお店に出しても良いのです。ポイントは早期発見早期対処という点です。

病気と同じ、と言うとおしかりを受けるかもしれませんが、日々の業務を通じて「本当に病気と同じようだ」と実感しています。

病巣(黄ばみ変色)がごく小さい(薄い黄ばみ発生)時期に服薬・治療・手術(しみ抜き漂白でクリーニング)すれば、治癒(変色が消滅)の確率は非常に高く費用も安く済む事が多いでしょう。

定期検診や人間ドッグに行く時間が取れず、体の調子がおかしくなってから病院に駆け込んだら身体にもおサイフにも色々とツラい出来事が・・・。

映画やドラマでもよく描かれる描写ですが、実際によくある出来事ではないでしょうか。

ここまで読み進めて「もしや私の着物にも黄ばみが!?」とお感じになられた方は、一旦読むのを止めてしばらくタンスで眠ったままの着物の中で「どうしても着続けたい着物」を思い出してみませんか?

いえいえご安心ください。「着物クリーニングに出して!」という意味ではありません。

大事に大切に想っている着物だけ、その着物だけで良いのでタンスから出して虫干し陰干ししてあげましょう、という提案のみです。(^^

「なぜ虫干し陰干しで変色の早期発見になるの?」

虫干し陰干しは着物を広げて干す、という家事です。その際、ほんの少し時間をかけて着物の着用時に人の目に触れる部分に黄色や茶色の変色・しみが浮き出てきていないかを調べるのを習慣にするのです。

当店はとても変わったお店です。「着物を着てしまえば見えない部分の汚れを費用をかけてキレイにする必要はありません」と、日々ご相談いただいた皆さまへご案内しています。

つまり虫干し陰干しと汚れチェックを習慣化しましょう、というお話です。

今までそんな手間のかかる事をしてこなかった方なら「そんな面倒な!!」と感じるかもしれません。でも、虫干し陰干し自体は何回かやれば「あら?考えたらそんなに面倒じゃなかったわね」と思っていただけるはず・・・です。

「夕食は簡単にそうめんや惣菜で済まそうかしら?」と考えてたらお子さまに「手作りハンバーグにして!」と言われ、夕方にあわててスーパーに買い出しに行き玉ねぎをみじん切りにしてコネコネもんでキャベツを千切りするよりはるかに手軽で、とても簡単です。

なにもご所有の全ての着物を調べる必要は無いと思います。お気に入りや大切な想い出のある着物だけでまずは十分でしょう。

繰り返しますが早期発見がもっとも大切な手順です。イロハのイが変色の早期発見です。

日本全国どの地域のどの着物クリーニング専門店でも赤みが増しに増して茶色にまで進行した絶体絶命の変色に比べれば、黄色みが薄いごく初期の黄ばみ変色ほど費用は安く済むはずです。

着物を好きな・・・着物ファンの・・・着物を楽しむ仲間として、できればご自身が大切に思っていたりお気に入りにしている着物の「着物としての生涯」を長続きさせてあげてくださいませ。

何回かやればすぐに慣れる、それほどムズカシクも手間でもない虫干し陰干しと同時に汚れチェックを習慣化する事で、フトコロに優しく着物をキレイな状態にしておけるのです。

「どうせ着物のクリーニング屋の変化をつけたセールストークやろ?」
(^^;

皆さまのお着物が安くキレイな状態を保てますように。20年後も、その着物を気に入った方がそでを通せますように。

私どもの願いはそれだけです。

・・・ほ、本当です・・・このページを作った理由の・・・多くはたしかに・・・みみ皆さんのためだと思っ・・・。

気になる黄ばみや変色が見つかりましたら、ぜひ私どもへもご相談いただければとてもウレしく存じます。

ポイントです。
ご自身が大切だお気に入りだと感じる着物だけで結構です。

年数回の虫干し陰干しと、その時に同時に汚れチェックをしてあげてください。多少の手間はかかっても、後悔せずにすむかもしれません。

きもの医のホームページをご覧くださりありがとうございます。
m(_ _)m