汗抜きと着物みず洗いの違い

部分的な汗汚れ除去
or
着物全体をみず洗い

当店へご相談の際はムズかしくお考えにならず、ご自身が希望する内容を下記のような普通の言葉でお伝えください。

着物のクリーニングの勉強をする必要はありません。

  • ○年○月○日までに戻してほしい
  • ○円までが希望
  • ○円を超えると出せない
  • 特定部分の見える汚れが気になる
  • えりの汚れが気になる
  • しわが気になる
  • アンティーク・中古着物でそでを通すのが気持ち悪い
  • 着物で一般的なクリーニングができれば良い
  • ニオイがキツくて着れない
  • たくさん汗をかいたから気になる
  • 丈を○○cm出したい、詰めたい
  • 幅を○○cm出したい、詰めたい
  • 反物を着物に仕立てたい
  • 水で洗いたい

「丸洗いをお願いしようと思うんですが・・・」とのご相談をよくいただきます。

しかし経験上、着物クリーニングで一般的な丸洗い(京洗い・生洗い・『屋号』洗い)の本当の中身を理解している消費者は多くない、と痛感しています。

それは着物販売店スタッフや着付け/お花/お茶/日本舞踊などの習い事の先生方やスタッフの方も同じです。

実はえりの筋状汚れなどごく一部を除き、正絹着物の見える汚れは手作業である格安汚れ落としえり拭き/えり洗い等部分洗い染みしみ抜き変色処理格安柄足しなどでの処置が必要です。

また仕上げアイロンだけのご利用も可能です。

丸洗いはえりやそで口以外の見える汚れをキレイにするのにあまり効果的だとは言えません。そのため当店では丸洗いセットを必須とせず、気になる汚れだけをキレイにしてとのご要望を広く承っています。

『本当に丸洗いで良いのですか?』と逆に質問すると、後に上記例のような本音を伺う事ができます。

上記例のような直接的な希望を伺う事で、ご相談者様にとって『迷う要素の少ないお見積り』が可能となります。

ぜひ上記例のような普通の言葉でご希望をお寄せいただき、余計な処置を含まない適切なお見積りをお受取り下さい。


汗抜き部分的水洗い
着物みず洗い
全体をドバッと水洗い

どちらの処置も一長一短が

特に着物に不慣れな着物初心者の方にはちんぷんかんぷんな用語ばかりで大変申し訳ありません。

 

できるだけくだけたわかりやすいご案内になるよう心がけますので、ご不明な点などあればお気軽にお問い合わせくださいませ。

 

わかりにくい部分をご指摘いただければホームページをよりわかりやすく改善できます。

 

毎年のように生まれる着物クリーニング難民をへらすためにも、ホームページの案内をよりわかりやすく改善できる活動にご協力いただければ幸いです。

 

ホームページのわかりにくい
点を教えてあげる

 

汗抜きは昔ながらの伝統工法

全国の着物クリーニングで
注文できる、着物の汗抜き


安全性を重視した洗浄法
比較的安価に利用できる
着物のスタンダードクリーニング

汗抜きは昔ながらの伝統工法で安全性が高い反面、洗浄力はみず洗いに比べ大きく劣る、安全性と伝統性を最優先した作業です。

 

当店ではまる洗いと組み合わせず、汗抜きだけでご注文いただけるので費用を抑えた着物クリーニングができます。

 


 安全性が高いって?

 

みず洗いクリーニングに比べ、縮みの心配をする必要はほとんどなく、型くずれもほぼありません。

 

危惧があるとすれば色にじみの問題だけのクリーニング方法です。

 

色にじみは古くなった着物によくある染色の牽牛度の低下や、反物を作る工程で余計な染料が生地にまとわりついた状態のまま販売された着物に見られるもので、どの着物でも起こるものではありません。

 


格安着物汗抜き作業工程

1.  水を用いお尻・胸・そで上部の汗成分を除去する(指定部・または汗によるキツいしわ部分・または全体)
2.  処理した部分のみに仕上げアイロンを行う

みず洗いは新たなチャレンジ

日本の格安・正絹水洗い
普段着を安く洗おう!が
コンセプト

当店独自開発の
格安着物みず洗い各コースは
未来へのチャレンジです

当店が独自に開発した格安着物みず洗いは、汗などの汚れ成分の洗浄能力がとても高い反面、特にみず洗いAコースでは縮み・型崩れ・色にじみなどのリスクを飲み込んだ上でご利用いただく必要のある、安さと品質のバランスに優れた正絹着物の新しいお手入れを提案するクリーニング方法です。

 

これまで「水洗いしたいな~」と感じた正絹着物は着れなくなるほど縮むのを覚悟して自宅で水洗いするか、数万円・時には10万円弱もの費用をかけて洗い張りして再仕立てするか、先送りしてタンスの肥やしになるか、売り飛ばされるか・・・

 

大きくこの3つのうち、どれかを選択されてきました。

 

当店が開発した正絹着物のみず洗いクリーニングABC各コースは、この3つの選択肢に

新たに加わる費用もお小遣い程度の洗浄力の非常に高いクリーニングコースです。

 

特にみず洗いAコースは夏の薄ものや裏地の無い単衣タイプのお着物や、冬物の裏地のあるあわせ着物でも普段着と割り切って着用するお着物へは非常にマッチする画期的なクリーニング方法です。

 

多少の縮みや型くずれが「絶対にダメ!」という着物以外の水洗いに、あらたな価値を投入できたと自負しています。

 


みず洗いAコースの作業工程

1.  当店独自ブレンドの安全性に優れた洗浄剤で正絹着物全体を水洗い
2.  自然乾燥後、全体へ仕上げアイロン

汗抜きとみず洗いの違い

縮みがダメなお着物へは
汗抜きがオススメ!

多少の縮みがあっても
ニオイやくったり感を
改善するならみず洗いを

次の說明を見るまでもなく、数ミリ縮んでも着れなくなるような少々小さめやぴったりサイズのお着物は汗抜きで様子を見ましょう。

 

後悔するとすればニオイを大きく改善できない点が上げられます。

ですが「ち・・・縮んだぁぁぁ!」と後悔せずに済みます。

 

逆に数ミリ縮んでもオッケーな少々大きめの着物や、多少縮んだり型くずれしてもクサいニオいを発するから着れない着物、また「裄や丈が短くても着方を工夫して独自のファッションとして楽しむからかまわない!」という着物へはみず洗いAコースは超オススメです。

 

これまで実感した事のないスッキリ感を着物に不慣れな初心者の皆さまでも、多くの方が実感できる洗浄品質が得られます。

 

汗抜きとみず洗いの比較

●作業内容を比較●
着物汗抜き 着物みず洗い
部分的に水処理 全体を水につけて洗う
 水のみを用い、脇・背中・お尻・そで上部などにできた汗汚れを処理   当店独自ブレンドの安全性に優れた洗浄剤で正絹着物全体を水洗い
 処置した部分のみしわ取りアイロン   自然乾燥後、全体へ仕上げアイロン
●作業結果を比較●
着物汗抜き 着物みず洗い
汗でできたキツいしわが無くなる 全体の汗・ニオイ汚れがスッキリ落ちる
縮み・型くずれほぼ無し 若干の縮み・型くずれあり
●作業目的を比較●
着物汗抜き 着物みず洗い
汗汚れをある程度とる 汗汚れを最大限とる
汗によるキツいしわをとる 全体のしわをとる
縮み・型くずれとんでもない!
安全性最優先   
ニオイの原因を大きく除去
異次元のスッキリ感を得たい
クッタリ感の解消
誰が着たかわからない気持ち悪さの解消
黄ばみ汚れが多い時には
みず洗いを行う事で
料金総額を安くできる

 


●作業料金を比較●
着物汗抜き 着物みず洗い
汗でできたキツい
しわ部分のみ処理
2,400円~
みず洗いAコース
2,400円~

とにかく安くみず洗い
したい!
 部分汗抜きで処理する部分以外のご希望の部分を水で処理3,200円~ みず洗いBコース
13,500円~

すその袋状たるみを解消付き
みず洗いCコース
25,000円~

元の寸法復元、.または
寸法直しがセットに!

普通の悉皆屋にお手入れに
出す感覚なら汗抜きを、
多少の縮み型くずれがあっても
段違いの洗浄力を求めるなら
みず洗い

要約するとこのようなご案内になります。
ご理解を深めていただけたとすれば幸いです。

きもの医のホームページをご覧くださりありがとうございました。
m(_ _)m


友だち追加 LINE無料画像見積り
月~土曜 12~22時