着物が大雨に!みず洗い
Aコースだけでキレイに?

シミ抜きも必要?→着物の状態に
より回答が変わります

当店へご相談の際はムズかしくお考えにならず、ご自身が希望する内容を下記のような普通の言葉でお伝えください。

着物のクリーニングの勉強をする必要はありません。

  • ○年○月○日までに戻してほしい
  • ○円までが希望
  • ○円を超えると出せない
  • 特定部分の見える汚れが気になる
  • えりの汚れが気になる
  • しわが気になる
  • アンティーク・中古着物でそでを通すのが気持ち悪い
  • 着物で一般的なクリーニングができれば良い
  • ニオイがキツくて着れない
  • たくさん汗をかいたから気になる
  • 丈を○○cm出したい、詰めたい
  • 幅を○○cm出したい、詰めたい
  • 反物を着物に仕立てたい
  • 水で洗いたい

「丸洗いをお願いしようと思うんですが・・・」とのご相談をよくいただきます。

しかし経験上、着物クリーニングで一般的な丸洗い(京洗い・生洗い・『屋号』洗い)の本当の中身を理解している消費者は多くない、と痛感しています。

それは着物販売店スタッフや着付け/お花/お茶/日本舞踊などの習い事の先生方やスタッフの方も同じです。

実はえりの筋状汚れなどごく一部を除き、正絹着物の見える汚れは手作業である格安汚れ落としえり拭き/えり洗い等部分洗い染みしみ抜き変色処理格安柄足しなどでの処置が必要です。

また仕上げアイロンだけのご利用も可能です。

丸洗いはえりやそで口以外の見える汚れをキレイにするのにあまり効果的だとは言えません。そのため当店では丸洗いセットを必須とせず、気になる汚れだけをキレイにしてとのご要望を広く承っています。

『本当に丸洗いで良いのですか?』と逆に質問すると、後に上記例のような本音を伺う事ができます。

上記例のような直接的な希望を伺う事で、ご相談者様にとって『迷う要素の少ないお見積り』が可能となります。

ぜひ上記例のような普通の言葉でご希望をお寄せいただき、余計な処置を含まない適切なお見積りをお受取り下さい。


格安着物みず洗いコースのリスク・デメリット・注意点をご理解の方は牡蠣をクリック

みず洗いリスクを
理解した上でご利用を

本題に入る前に重要な注意点のご案内があります。

 

格安着物みず洗いコース、中でも汗汚れとニオイ汚れ落としに特化したみず洗いAコースはリスク・デメリットを十分にご理解いただいた方のみがご利用できるコースです。

 

まず重要な点はいずれの場合も寸法が小さめ、ご自身のために誂え仕立てしたぴったりサイズの着物はみず洗いAコースに向いていません。

 

みず洗いAコースに適した着物は正絹着物の中でも「少し縮んだり型くずれしても構わない」着物だけだとご理解いただければと思います。

 

お店としては初めてみず洗いコースをご利用になる方には、次のような順番でみず洗いをお試しいただくよう努めてオススメしています。

 

  • 【初めて】

 初めてのご利用は下着に相当する長じゅばんでお試しください。

  • 【2回目】

2回めのご利用は裏地の無いタイプの薄もの着物やひとえ着物をお試しください。

 

裏地のないタイプでも腰の辺りからすそにかけて大きく別布がある居敷き当てがついているタイプの着物はさけ、なるべく裏地のまったく無いタイプの着物がベストです。

  • 【3回目以降】

裏地のあるタイプ・あわせ着物や二重紗・紗袷着物、長じゅばんを恐る恐る検討ください。

 

みず洗いコースをご注文いただいて起こった想定外のトラブルの補正については、ご希望のある場合に限り全て有料で承ります。

 


みず洗いご注文必ずお読みください。
みず洗いコースの注意点

雨に濡れただけ。
みず洗いAコースのみ
キレイにできるでしょ?

できる場合と  
できない場合が・・・
やってみないと・・・?

 

「昨日の雨に濡れただけ。雨粒は水なので水洗いで落ちるでしょ?」

 

これは実に「はい」とも「いいえ」とも言いにくい質問です。(^^;

 

「着物の状態によります」と前置きがつきます。

 


着物の状態とは・・・?


 

細かな話になりますがざっくり言って着物にはホコリ等が原因の油性の汚れや、なんらかの成分が付着しているとお考えください。

 

まったく汚れ成分が付いていない着物は存在しません。多いか少ないかの程度差はあれど、なんらかの成分が付着しています。

 

新品だからと安心はできません。

反物が作られて日が浅ければのりの成分がキレイに残っている着物もあります。

 

「毎年丸洗いしてるから大丈夫」ではありません。丸洗いはドライクリーニングがベースで、水にしか溶けない汚れは一切落ちません。

 

また適切にドライ溶剤を管理していないお店に丸洗いを出したら、ドライクリーニングした結果他の着物の汚れに逆汚染されて、クリーニングに出したのにかえって汚れて戻ってくるものまであります。

 

これらのなんらかの成分や汚れがたくさん付着している着物は雨つぶで点々と濡れてしまった時、よく見ればわかります。着物の状態がわかるのです。

 

(1) 雨粒がついた小さな跡全体が薄くくすんだ感じになっている

 

(2) 雨粒のあとの跡形のフチが濃く、中心部が薄いくすみになっている

 

これらについてご案内いたします。

 

水溶性汚れの変化・見極め方

着物についた水・雨粒汚れの例① 真ん中もフチも同じようなくすみ色
着物にできた水汚れ① みず洗いAコースだけで落とせる?

(1) 雨粒がついた小さな跡
全体が薄くくすんだ
感じになっている

みず洗いAコースのみで
キレイにできる・・・かも?


 

簡単な表現では着物はあまり汚れていなかった可能性が高い状態です。

 

なぜそれがわかるのか ───?

 

着物の表面にキレイな水をポトンと垂らします。着物に落ちた水は円形に少しずつ広がります。

 

そのまま時間が経過すれば水は乾き、跡形が残る場合と残らない場合に分かれます。

 

雨粒でも同じ事ですがもし水滴がついても跡形に何もなければお手入れの必要はありません。

 

図①のようにフチも真ん中も同じトーン・色合いでくすんでいる場合、汚れや何らかの成分がが少なかった可能性が高いと感じます。

 

そのためみず洗いAコースのみ、または前処理:400円~を追加注文する事で比較的安全にキレイにできる可能性があります。

 

なぜそれがわかるの?
着物に落ちた水が着物表面の汚れを溶かして広がっていく様の図
着物に落ちた水が着物表面の汚れを溶かして広がっていく様

 


 

着物の表面に汚れやなんらかの成分がある場合、 この図のように水の効能で水が付着して徐々に円形に広がっていく過程で、濡れた部分の汚れ成分を溶かして外へ外へ追い出します。

 

これが着物の状態で、図①のように水の跡が全体的に同じトーンでくすんでいれば汚れが少ない、水で汚れが溶け出していないと判断できます。

 

この汚れ方ならみず洗いAコースだけの処理で雨粒汚れやドシャッと濡れた着物でも、キレイにできる可能性はあります。

 

汚れが少なければ濡れてから日にちがある程度経過していても、水洗い前に雨汚れの部分に前処理剤=汚れ落とし促進用洗剤をスプレーして水洗いするだけで落とせる雨汚れもあります。

 

 

もしみず洗いAコースのみ、またはみず洗いAコース+前処理のみでキレイにできれば、みず洗いAコース料金に少しのプラス料金でキレイにできるという事になります。

 

着物についた水・雨粒汚れの例② 真ん中が薄くフチに行くほど濃くなるくすみ
着物にできた水汚れ② みず洗いAコースだけで落とせないような・・・

 

(2) 雨粒がついた小さな跡
外側・フチが濃くくすみ
真ん中ほどくすみが薄い

みず洗いAコースのみでは
キレイにできない可能性


 

残念ですがこの状態になっていれば、着物の状態が悪かったため水滴で汚れが溶け出し水の跡の外側にたまった状態です。

 

濡れた直後、乾いてなければみず洗いAコースでキレイにできると思われますが、乾いてしまえば油のバリアーができてしまいます。

 

着物の表面には油脂分があります。その油脂が乾くと汚れの表面をバリアーのようにおおってしまいます。単なる洗剤の混ざった洗浄液ではそのバリアーを壊せないので、バリアーに守られた内側の汚れを洗い流せなくなります。

 

汚れが乾燥してバリアーが完成してしまうと、その汚れは「軽い水滴汚れ」から「キチンとした汚れ」に昇格します。

 

キチンとした汚れとは表現がヘンですが、これを当店では「しみ」と定義し、この「しみ」を除去するにはしみ抜きが必要となります。

 

つまり図②のように汚れ・くすみがフチほど濃く、中心部が薄い場合はみず洗いAコースだけでキレイにするチャンスが限りなく低くなります。

 

ただ ───

しみ抜きをせず、先ほどご案内のみず洗いAコース+前処理だけでももしかしたら落ちる水跡がある可能性は、少ないながらもあります。

 

例えば100ヶ所の雨による水あとがあった場合。

 

着物の表面に付着しているなんらかの成分は、着物全体に平均的に存在する訳ではないと考えられます。

 

汚れの少ない部分に付着した雨や水の水滴汚れ50ヶ所は、図①のように水跡が同じトーンのくすみで残りの50ヶ所がフチが濃い水跡の場合、前者はみず洗いAコース(+前処理)のみでキレイにできる可能性が高く、後者は しみ抜きが必要な可能性が高くなります。

 

なんらかの成分が着物のある部分にはたくさん、ある部分にはほとんど無い場合、後者に付着した雨粒の乾いた汚れはみず洗いAコース+前処理で落ちるかもしれません。

 

ここでのポイントは汚れの外側・フチの部分がハッキリくっきりと濃くなっている場合はしみ抜き処理が必要な可能性が高いという点です。

このページをご覧になっている方の内、もしかしたら雨の汚れや冷たい飲み物が入ったグラスの水滴など、単なる水の汚れがある着物のクリーニング方法を探している方もいらっしゃるでしょう。

 

そんな緊急事態にさらされている方の着物クリーニングの最大の悩みのひとつ、「どれくらい費用がかかるのかしら?」の参考になればとこのページをまとめました。

 

「あぁ、もしかしたらみず洗いAコースやちょっとした前処理料金の費用をかければ・・・安くキレイにできるかもしれないのね」

 

または・・・

 

「あうぅぅぅ・・・。やっぱりしみ抜きしないとキレイにできないかもしれないのか・・・。」

 

どちらの感想をお持ちなのかわかりませんが、費用を安く雨汚れをキレイにできるチャンスが当店にはございます。

もしかしたら、のチャンスが
汗抜き技術の応用は

もうひとつ、着物クリーニングの技法のひとつ・汗抜きの技術で処理できる可能性もあります。

 

当店での汗抜きは洗剤やお酢を使用しない、水だけを用いた作業となります。

 

図①のような汚れ全体が同じトーンのくすみ方の場合、もしかするとみず洗いAコースではなく汗抜き処理でキレイにできるかもしれません。

 

汗抜きでキレイにできればみず洗いコース特有の縮み・型くずれ問題は考えずに済みますので、安心してご注文いただけます。

 

汗抜きクリーニングでも縮みが出る着物もあります。詳しくはご相談の際にお申し出くださいませ。

 

着物汗抜きクリーニング料金表

 


 

当店には雨汚れ、汗汚れ、ニオイ汚れ除去に特化した必殺技・格安着物みず洗いAコースがあります。

 

雨汚れを効率的に非常に安い料金で水洗いできるみず洗いAコースを提供している限り、全体に付着した雨汚れのうち図①のように軽い汚れ状態なら、他店のように数万円もの費用がかかる可能性はとても低くなるとお考えいただいて差し支えありません。

 

着物の状態がわからない時点で甘い見通しをお伝えするのはいかがかとは思いますが、もし雨汚れの着物がありましたら、着物専門クリーニング店にご相談する中にぜひ当店もお加えください。

 

●着物丸洗いとは異なり、みず洗いABC各コースともその作業に▼えり洗い▼そで洗い▼すそ洗いは含みません。

 

これらの部分洗いはみず洗いコースをご利用の際、必要な場合のみお客さまの申し出により有料で追加いただけます。

 

この点予めご了承くださいませ。

 

着物クリーニングや
しみ抜きのご相談を
いただけるだけで
本望です (^^

当店は大阪市にあるとっても
小さな規模の着物クリーニング
・しみ抜き専門ネットショップです


 

近くの専門店を選びたい、
それが普通だと考えます

当店は他店同様、お見積りは無料でできます。

 

しかもLINE・メールなどで着物の汚れ状態と着物全体の画像をお送りいただく画像見積もりなら、完全無料で利用できます。

 

当店では着物クリーニング時には少なくとも3軒の着物クリーニング店に相見積で相談しましょうとオススメしています。

 

ご相談するお店の1軒に加えていただければ、少なくとも費用の面ではご期待に添える可能性が高いと自負しています。

 

もちろん着物の汚れをキレイにする品質にも積み重ねてきた実績があります。

 

ただ全ての汚れに対して「非常に安い料金でキレイにできる」と言えるほど技術に限界がない訳ではありません。

 

着物をキレイにする費用を安く提供します、と安さを売りのひとつにしている当店でも、正直現時点での科学力には限界を感じています。

 

結果的に洗剤・溶剤・化学薬品、そしてしみ抜き技術などに技術的限界はあるのは事実です。

 

そのため過剰な表現にならないようここでは控えめな情報発信にとどめます。

 

ただ ───。

単なる水の汚れや雨が原因だとわかっている、そんな汚れ処理は当店独自開発・提供中のみず洗いAコースはピッタリです。

 

そのために開発したようなクリーニング・メニューですので、みず洗いAコースとの組み合わせは非常に強力だと信じています。もちろん費用の面でも。

 

また「ご予算内で気になる部分だけキレイにして!」とのご依頼や丸洗いをセット注文しなくてもしみ抜き単独などでもご利用いただけますので、お気軽にご相談いただければと願っております。

 

ご相談はいつでもお気軽にどうぞ。

 

お問い合わせ専用フォームから、以下の情報のみでお問い合わせいただけます。

  1. お名前(苗字のみ可)
  2. メールアドレス、または電話番号
  3. ご相談内容

またはLINEで友達登録していただければLINEのみでご相談が完結できます。

 

「あらかじめ着物クリーニング料金のだいたいの額を知っておきたい」のは当然です。

 

費用込みで着物をキレイにできるかどうかを知りたい、という場合は下記メールアドレスまたはLINEで着物全体と汚れ部分のアップ画像を少なくとも数枚お送りいただければ、できるだけ早く実際にかかる料金をわかる範囲でご案内させていただきます。

 

「相談するだけしてクリーニングをお願いしないと悪いかしら?」

 

そんな事はありません。

ご相談いただいた内容から料金と仕上がり品質を想定してご案内いたします。

 

仕上がり品質、またはその料金、または何かしらの理由で当店を選ばなかった ───当店ではそう受け止め、次に繋がるようできるだけわかりやすくご案内するよう心がけています。

 

少なくともご相談いただけるだけで光栄だと、本気でそう思います。

 

ご相談はいつでもお気軽にどうぞ。

 

皆さまからのご相談がなければ、不安で不安でおちおち寝ていられないほどです。(^^;

 

本当に・・・利用する気がなくても・・・いえ、それは困ります(笑)。

 

利用する・・・かもしれない、くらいの感覚で結構です。

 

ぜひ、なにとぞ、できれば・・・当店へもご相談いただければ幸いでございます。

 

皆さまからのご相談を今か今かと心待ちにしております。

(そう考えている風景を思い描いてみてくださいませんか?
ほら、なんとなく、相談したくなったのではありませんか?)

 

遠方の皆さま、近くに無くて申し訳ありません。

 

ネットショップに不安のある皆さま、お気持ちお察しいたします。

 

でもできますれば、一度お試し感覚でご相談いただけませんでしょうか。

 

ご期待に添えますよう精一杯務めさせていただきます。

 

きもの医のホームページをご覧くださりありがとうございました。
m(_ _)m