着物しみ抜きのみ利用時の
注意ポイントまとめ

着物しみ抜きだけで注文可能な
店だからこその利用ポイント

当店へご相談の際はムズかしくお考えにならず、ご自身が希望する内容を下記のような普通の言葉でお伝えください。

着物のクリーニングの勉強をする必要はありません。

  • ○年○月○日までに戻してほしい
  • ○円までが希望
  • ○円を超えると出せない
  • 特定部分の見える汚れが気になる
  • えりの汚れが気になる
  • しわが気になる
  • アンティーク・中古着物でそでを通すのが気持ち悪い
  • 着物で一般的なクリーニングができれば良い
  • ニオイがキツくて着れない
  • たくさん汗をかいたから気になる
  • 丈を○○cm出したい、詰めたい
  • 幅を○○cm出したい、詰めたい
  • 反物を着物に仕立てたい
  • 水で洗いたい

「丸洗いをお願いしようと思うんですが・・・」とのご相談をよくいただきます。

しかし経験上、着物クリーニングで一般的な丸洗い(京洗い・生洗い・『屋号』洗い)の本当の中身を理解している消費者は多くない、と痛感しています。

それは着物販売店スタッフや着付け/お花/お茶/日本舞踊などの習い事の先生方やスタッフの方も同じです。

実はえりの筋状汚れなどごく一部を除き、正絹着物の見える汚れは手作業である格安汚れ落としえり拭き/えり洗い等部分洗い染みしみ抜き変色処理格安柄足しなどでの処置が必要です。

また仕上げアイロンだけのご利用も可能です。

丸洗いはえりやそで口以外の見える汚れをキレイにするのにあまり効果的だとは言えません。そのため当店では丸洗いセットを必須とせず、気になる汚れだけをキレイにしてとのご要望を広く承っています。

『本当に丸洗いで良いのですか?』と逆に質問すると、後に上記例のような本音を伺う事ができます。

上記例のような直接的な希望を伺う事で、ご相談者様にとって『迷う要素の少ないお見積り』が可能となります。

ぜひ上記例のような普通の言葉でご希望をお寄せいただき、余計な処置を含まない適切なお見積りをお受取り下さい。


着物のアク・黄ばみは変色
変色しみも安くキレイに

指定する汚れ部分だけの指定
しみ抜きだけで注文可能

当店は丸洗いやみず洗いなど、着物の全体クリーニングをしみ抜きと一緒に注文するかどうかをお客さまが決められるシステムです。

 

もともとのしみ抜き料金自体を安く設定している事もあり、丸洗いやみず洗いなど着物全体クリーニングを省く事でさらなる相乗効果が生まれ、着物クリーニング代金総額を抑えられます。

予算はナイショで依頼できます
問合せ時にはお知らせ下さい

当きもの医ではさまざまなしみ抜き技術を駆使して組み合わせ、皆さまの予算の範囲でもっともベストなキレイ品質をお届けできるよう心がけております。

 

お問い合わせ・ご注文の際にご予算をあらかじめお知らせいただかなくてもご要望がわかればお見積りをご案内できます。

 

「費用優先で品質は目立たない程度でかまわない」

「品質優先で費用はある程度かかってもかまわない」

 

このように最低限、心づもりをお知らせいただけるとご要望を反映しやすくなります。

 

20ヶ所の黄ばみ変色・茶色じみのうち、5ヶ所だけ、胸の部分だけ、そでの部分だけなど、細かくご指定いただく事も可能です。(その際はしつけ糸などでご指定ください。おおまかな指示では対応できない可能性があります)

 

作業する部分は全てお客様のご要望に従います。

汚れが多い着物についてはしいて言えばある程度のご予算をお知らせいただく事で『より良い結果』が得やすくなります。

 

当店よりご予算について質問があった際は『どの方向で処置するのが最良なのか』判断つきかねている時です。

 

予算についての質問がある際は、できるだけお知らせいただければと思います。

 

仕上げアイロンは処置部分のみ

丸洗い・みず洗いなどの着物全体洗いを注文せず、着物のしみ抜きのみのご注文時は処置した部分へのみ仕上げアイロンを行います

 

丸洗いやみず洗いなど全体クリーニングを一緒に注文すれば仕上げアイロンが含まれるのでしわの問題は解決できます。が、その分割高になります。

 

「部分的に汚れているだけだから丸洗いなど不要!」としみ抜きだけでご注文いただくのはもちろん大歓迎です!

 

ただし仕上げアイロンはしみ抜き処理した部分だけですので注意が必要です。

着物をたたむのが苦痛?

当店が絶賛オススメの年2回以上の陰干し・虫干し&汚れチェック。

 

「着物をチェックするために広げたら、たたむのも一苦労。」このようにお考えの方も多いと思います。

 

しわについては当店の例を元に案内すれば、クリーニングに出す腹づもりができているなら着物のクリーニング前に多少しわが入ってしまっても問題ないと思います。

 

着物を広げて自分でたたんで多少しわができたとしても、着物専門クリーニング店にしみ抜きなどに出せば、ある程度しわはキレイになって戻ってくるはずです。

 

他店はわかりませんが・・・当店にも『次も利用してもらいたい』との下心(^^;があります。

 

基本的には前述通り、しみ抜きのみのご注文にはしみ抜きした部分としみ抜きのためにできたであろうしわへはアイロンを加え、それらの部分はしわを無くした状態で納品します。

 

ですがそれでは着物を送る前・輸送中にできてしまったしわはそのままです。そのままですが ───

 

まったくそのままの状態での納品は「クリーニングに出したらしわをつけられた!」と誤解される可能性もあり、多少目立つ部分はサッとアイロンがけして納品するように心がけています。

 

「だったら無料でキレイにアイロンかけて!」

・・・さすがにこのご要望にはお応えできかねますが、できるだけしわにならないよう工夫してご返送いたします。

しみ抜き返金制度の適用は

当店が独自採用しているしみ抜き返金制度はほとんどの汚れに対して有効です。

 

下記の汚れはしみ抜き返金制度対象『』です。

 

・黄色や茶色くなった変色汚れ

・墨汁

・その他個別ケース

しみ抜き料金400円だったら
支払いは400円+送料よね?

お支払い料金の事で非常に重要です。

 

実は当店のしみ抜き料金は『しみ抜きそのものに必要な人件費と原材料費』のみで構成されています。

 

例えば1ヵ所400円のしみ抜きだけのご利用であれば、普通のお店ならご請求は400円です。ところがカッツカツで限界に近い利益を乗せてるだけの当店の課金方式では「え?」と感じる『おかしな』システムがあります。

最低ご利用設定額:1,800円

ご注文が1,800円に満たない料金の場合、お支払い金額は自動的に1,800円になるシステムです。

 

ご利用時に着物1点当り1,800円以上のご利用料金になるよう、工夫が必要です。

変色汚れを元の状態に戻したい

当店のクリーニングメニューでは『しみ抜き』と『変色処理』を完全に分け、それぞれ高度に提供しています。

 

変色処理のみをご利用の際の注意点はほぼしみ抜きの注意点と同じですのでこのページを参考にしていただければと思います。

 

変色は人が触れたり汚れ成分がついていたり、着物の製作時に塗布する『のり』成分の残留による劣化が原因の化学反応で、いわゆる○○をこぼした、○○がついた、○○がかかったなどの直接的な汚れではありません。

 

変色は『汚れに見えるし汚れじゃないとも言える』少々複雑な『汚れのような』モノです。

 

変色を元に戻すには『漂白』という化学反応を用います。『しみ抜き』ではなく『漂白剤による漂白』が黄色みや茶色みを直接消す処置方法です。

 

変色を元に戻す変色処理には一定のリスクがございます

着物しみ抜きクリーニングが
安いって本当?

着物しみ抜き料金については絶大な自信を持って提供しています。

 

ですがお店側が一方的に『うちは安いでっせー』と発信したところで本当かどうか、疑念を持つのは当然です。大阪という地方都市にある小さなネットショップですし・・・。

 

そこで当店が下した決断はシンプルなものでした。

メールとLINEで発信すれば良いと。

 

『写真を送ってもらい、写真を元に見積もり、提供品質と料金をご案内する』

 

今のところ、これで解決できているのでは?と考えています。

 

写真で提供したお見積りと実際に着物をお預かりしてお見積り ───これまでのところ大きなギャップなく、ほぼ正確にお伝えできています。

 

「安いって言って実はボッ○クリだろ?」

そうお感じの方はぜひお気軽にお声がけ下さいませ。

着物しみ抜き・クリーニング
と上手につきあうには
※手前ミソで失礼します

結果的におトクな事前準備

当店のサービスメニューは独自開発のものも多くホームページのページ量が多く、「かえってわかりにくい」とお声をいただく事があり、その点反省しています。

 

みず洗いコースを利用する時以外はご利用になるサービスの詳細を調べなくともお見積りの中でご案内いたしますので「ナニをドウしたいか」をお知らせくださいませ。

 

ご相談・ご注文時の伝え方例

 

例)左胸の汚れだけはキレイにしたい。

→A)あとは一切の処置不要です

→B)あとは着物を見て提案してください

→C)やる内容はまかせるので
全体をできるだけキレイに

 

自分で見る作業が生む効果

お着物を送る前にご自身で汚れチェックを行うと良い効果が生まれます。

 

『心配が少なくなる』気持ち的には非常にラクです。

 

チェックポイントは汚れを探し出す、というより『汚れ除去が必要な部分』と『そうでない部分』を見極める事です。

 

入念にチェックすれば汚れは結構見つかるものです。でも落ち着いて考えましょう。その汚れ、気になりますか? お召しの際帯でかくれませんか? その汚れは目立ちますか?

 

ご自身が「これはキレイにせねば!」と感じる部分だけをチェックするのがオススメの方法です。

 

まず着物の状態をご自身やご家族と一緒にチェックしてみましょう。

 

お店側からすれば事前に着物の状態を把握していただいていれば話がスムースに進み、まことにありがたいものです。

 

ただご自身での着物の汚れ状態チェックをオススメしているのはそれが主な理由ではありません。皆さまが得をするお話なのです。

 

おトク?とっても気になるキーワードです。

実際には直接ナニかの利益がある、というより心理的な負担が軽くなる意味でのおトク感です。

 

着物の状態を知れば実際に着物専門クリーニング店に預ける前にある種の心づもりが芽生えます。

 

「あぁ。汚れなし!安く済みそう!」

「あら?あっちこっちに汚れが!      
 むむ!・・・費用がかかりそう(TT)」
と。

 

どちらの結果になったとしても、着物専門クリーニング店から見積もりの連絡が届くまで心配で心配で右往左往する心の負担が軽くなります。

 

ご面倒なら着物チェックは省けますし、お急ぎの時はそれどころではない気持ちでしょう。そういう時は当店にそのままおまかせいただく事も可能です。

きもの医のホームページをご覧くださりありがとうございます。

m(_ _)m


友だち追加 LINE無料画像見積り
月~土曜 12~22時