正絹着物の裏地の汚れは?

ポツポツ黄ばみや全体が
くすんだ黄色茶色に(TロT

当店へご相談の際はムズかしくお考えにならず、ご自身が希望する内容を下記のような普通の言葉でお伝えください。

着物のクリーニングの勉強をする必要はありません。

  • ○年○月○日までに戻してほしい
  • ○円までが希望
  • ○円を超えると出せない
  • 特定部分の見える汚れが気になる
  • えりの汚れが気になる
  • しわが気になる
  • アンティーク・中古着物でそでを通すのが気持ち悪い
  • 着物で一般的なクリーニングができれば良い
  • ニオイがキツくて着れない
  • たくさん汗をかいたから気になる
  • 丈を○○cm出したい、詰めたい
  • 幅を○○cm出したい、詰めたい
  • 反物を着物に仕立てたい
  • 水で洗いたい

「丸洗いをお願いしようと思うんですが・・・」とのご相談をよくいただきます。

しかし経験上、着物クリーニングで一般的な丸洗い(京洗い・生洗い・『屋号』洗い)の本当の中身を理解している消費者は多くない、と痛感しています。

それは着物販売店スタッフや着付け/お花/お茶/日本舞踊などの習い事の先生方やスタッフの方も同じです。

実はえりの筋状汚れなどごく一部を除き、正絹着物の見える汚れは手作業である格安汚れ落としえり拭き/えり洗い等部分洗い染みしみ抜き変色処理格安柄足しなどでの処置が必要です。

また仕上げアイロンだけのご利用も可能です。

丸洗いはえりやそで口以外の見える汚れをキレイにするのにあまり効果的だとは言えません。そのため当店では丸洗いセットを必須とせず、気になる汚れだけをキレイにしてとのご要望を広く承っています。

『本当に丸洗いで良いのですか?』と逆に質問すると、後に上記例のような本音を伺う事ができます。

上記例のような直接的な希望を伺う事で、ご相談者様にとって『迷う要素の少ないお見積り』が可能となります。

ぜひ上記例のような普通の言葉でご希望をお寄せいただき、余計な処置を含まない適切なお見積りをお受取り下さい。


着物の裏は人に見せないから
汚れは気にしなくてOK

正絹着物だから・・・

着物の知識がないから・・・

店員さんがススメるし・・・

 

たったそれだけの理由でいろいろ気にして、それなりの費用がかかりムダかもしれない着物クリーニングを検討していませんか?

 

衣服ですので着用すれば汚れるのは普通の事です。

 

でも裏地って裏側にある生地で、大部分は第三者に見えません。

 

洋服なら例えばブラウスやカットソーにスカートなど、少々のほつれ・破れ・サイズ違いが合っても折り込んだり安全ピンで止めたりスカーフで上手に目立たないようにして工夫して着ていらっしゃる方は多いと思います。

 

着物も衣服のひとつです。

着物の人に見せない裏地の汚れを気になさるのは、過剰に気にし過ぎでは?とお声がけしたい気持ちでいっぱいです。

 

着物をキレイにする品質と同列にそのクリーニング料金の安さをお店の柱にしている当店でさえ、汚れをひとつ残らずズバッとキレイにして!と言われれば、安いなりにもそれなりの料金がかかります。

 

では着物は汚れのひとつもない状態で着なければいけないものでしょうか?

 

ぜんぜんそんな事はありません。

皆さまが思っている以上に、他人が着ている着物の汚れには気づかないものです。

 

ご自身が気にならないと感じる汚れのひとつやふたつ、あったままでも着物を楽しんでいただければこれ以上の喜びはありません。

着物裏側の黄色/茶色変色は
誰かに見せるかで決める

下着は不特定多数に見せますか? おそらく答えはNOノーでしょう。

 

着物の裏地には2種類あります。

見せる裏地と見せない裏地。

見せる裏地は「八掛はっかけ」、見せない裏地は「胴裏どううら」と呼びます。

 

見せる裏地=八掛はっかけはお召しになっていれば誰かに見られるよう配置されたあえて見せている部分ですので、概念としては「表地の一部」に相当するものです。

 

逆に見せない=お召しになれば誰にも見られない部分ですので、ある意味で長襦袢ながじゅばんと同じく下着、とも言える部分です。

 

着物専門クリーニング店として申し上げれば『ぜひ裏地もキレイにしましょう!』『着物クリーニング屋を喜ばせて下さい!』と、かすれるほど大きな叫び声で全国のきものファンの皆様へ響き渡らせたいところです。

 

ですが正直に申し上げて『その部分の汚れ処置、本当に必要ですか?』と聞かざるを得ません。

八掛はっかけはチラチラ見えるでしょう?

歩いていたり風が吹いたり、なにかしらの動作で前身頃がゆれめくれてチラリと顔を覗かせる八掛はっかけ

八掛はっかけは着物のそで口や下半身全体のフチ部分に配置された「チラ見せ」パートです。

 

もし時間が許すなら着物を着てお散歩やちょっとした買い物したり、お家の中でも歩いたり座ったり洗濯物を取り込んだりしてみましょう。

 

チラ見せ生地の八掛はっかけって思った以上にチラチラしなかったと感じませんか?

 

前身頃のおくみ(お召しの際に右足の前にくる部分)裏側はさすがにチラチラする機会が多いものの、その他の部分は本当に目に入らないものです。

表地と同色系ならほぼ目に入りません。

 

赤や緑などハッキリした色目、表地の色合いに対して目に飛び込んでくるようにするため差し色を用いている場合は「人の目の特性」効果で「色」は目に入りますが「汚れ」がどれだけ見つけられるか・・・?

 

見えない部分の汚れを除去するのに仮に8千円かかるとします。

当店なら8千円投じるなら結構な汚れを除去できます。表地の。すぐ目に入る部分の。

 

 ───対面した誰もが気づくえり・胸・肩口・背中などの目立つ汚れ・・・。

さあ、どちらの汚れをキレイにしたくなりますか?

 

当店は『表地だけキレイにして!裏地はお金がかかるなら処置不要!』という珍しい注文ができるお店です。

 

お店がやっている様々な施策や工夫で徹底的に着物の汚れを安くするべく頭をひねっていますが、ここに皆さまのご判断『裏地は適当で良いから表地を安くキレイにして!』と注文すれば、さらに安価にクリーン品質を手に入れられます。

 

当店の様々な工夫の一例では「裏地・八掛はっかけ」の汚れは第1段階ではお見積もりに大きく影響しない程度に判断している、というものがあります。

 

「この汚れ処置は普通にやれば5千円です。裏地のあるあわせ着物ですので処置するに当り洗浄剤・すすぎ液・流れ出た汚れ成分が裏地などへも流れ出ます。

 

普通のお店はこの際、裏地まで徹底的にキレイに処置して納品を目指し、その分消費者の皆さまから見て『高額』な費用請求につながっています。

 

当店ではこの洗浄時に裏地部分に流れ出たあらゆる成分を完全に除去しなくて良い、とお申し出くだされば、ある程度処置して多少モヤモヤ感が残っていても表地がキレイになっていればその分割安料金で納品できます。

 

いかがでしょうか?」

まったく見えない部分の汚れを処置しなければ、その分さらに割安なクリーニング料金となります。

 

その余った金額分を新たなお着物や小物・ぞうりなどへの投資、もっと言えば着物の「目立つ部分のクリーニング・しみ抜き代金」へ投じていただければ ───

 

お店も「安くキレイにしてくれてありがと!」と評価をいただける上お客さまは好きに使えるお小遣いが残り、着るに着れない目立つ汚れのある着物が復活できるという、一石三鳥の効果が得られるのです。

 

誰にも見られない部分へお金を投じるのなら、1点でも多くの「表地が汚れ・変色があって衣服としての役割を果たせない着物」へ投じていただきたいとの願いは切実です。

 

ヤフオクなどで1,800円で競り勝って購入した一目ぼれ着物 ───

「あら?」と気づいた胸元の大きなしみ、かけえりの変色、脇にできた丸い汗?の末路の黄色の黄変・・・。

 

もしそれらが安くキレイに処置できれば ───そでを通せるようになります!

 

仮に裏地が汚れていても、誰にもバレなければ汚れていないのも同然です。

誰にも見えない部分をきれいサッパリあきらめ、ぜひ表地をキレイにしてくだされば・・・。

 

大阪のネットクリーニングショップの、心からの願いです。

着物専門クリーニング店としては、希望されるなら裏地部分の胴裏どううら八掛はっかけ部分のクリーニング依頼は大歓迎です、念の為(^^;

・・・恥ずかしいけど
本当にほっといていいの?

裏地は黄色や茶色変色で
ムチャクチャが普通(^^;

大多数の普段洋服で生活する方は着物をとても別格のものとしてお考えになりがちですが、着物は着物というルールで着るファッションアイテムのひとつです。

 

民族衣装というよりマキシドレス・パーティドレス・イブニングドレスに近いものに相当するでしょう。着物の小紋やつむぎなどはより普段着に近いワンピース感覚だと思います。

 

洋服の首元や脇部分を想像してみて下さい。

少し回数多めに着古した上着やシャツの脇って生地が傷んでいたり色が薄くなっていたり、モノによっては少し黄色くなっていたりしていませんか?

 

ところがそういったシャツや上着でも普通に皆様着こなしていらっしゃいます。

果たして通りすがりの第三者が汚れのできやすい部分をしげしげながめて汚れを探すでしょうか?

 

汚れや変色があるのを恥じているのは、ご自身だけではありませんか?

 

とは言え公式な場でお召しになる場合は気になるのは確かでもあります。

 

ぜひ着物をお召しになった上で第三者にチェックしてもらい、見抜かれた・見つけられてしまった汚れだけをクリーニングやしみ抜きに出す習慣が一般になってほしいと、切に願っている次第です。

 

裏地ですか? え・・っと・・・、見つけられましたか?

着物精通者の共通認識

職業的に着物をお召しになる方、着付けをされる方や着物レンタル店勤務の方など日々着物に触れ続けている方々にはおそらく共通認識があると考えています。

 

胴裏どううら(見せない裏地部分)や八掛はっかけ(チラ見せさせる裏地)って、汚れがあるままの着物、多いよね

 

ところが着物初心者の方々はこう考えていらっしゃる事がほとんどです。

『着物はカンペキに近いキレイ品質にせねば!』と。

 

大丈夫です。ご安心下さい。

着物に触れる・お召しになる機会が多い方ほど『裏地にまでお金を回せない』を地で行っていらっしゃいます。

 

着物を専門にクリーニングしみ抜きする係の私どもでさえ心の底からそう思うのです。

固定概念は捨て、考え方を変えてみましょう

『・・・そう言われてもなぁ。やっぱり恥ずかしいもん。』

そんな方はぜひこう考えましょう。

 

『あ!着物を着てる人がいる! あの着物の裏地にもしみはあるんだろうなぁ』

(^^;

もしまっとうな方でそんな風に考えるのに抵抗のある方は次のような考え方はいかがでしょうか?

 

『着物の裏地や八掛のクリーニングやしみ抜きを進めるのは、極悪セールス術で悪評つきまとう○服店業界のごとき着物専門クリーニング店や業者だけだ』と。

 

着物の裏地の汚れや変色についてはご自身が『どうしてもキレイにしたい!』とお感じにならなければ、しみ抜きクリーニングしたと思って新たなリサイクル着物を1点でも多く購入し、ぜひぜひ着物としてお召しになって楽しんであげてください。

 

・・・そうしますと ───

着るといずれ汚れます。特にかけえりやそで口内側などがわかりやすく。

そうなればまた着物をクリーニングしなければなりません。

『あぁ・・・。また出費が続くのか・・・。』

 

→こうなると裏地をキレイにしている場合ではありません。

ぜひ表地の「気になる汚れや変色部分」だけをキレイにさせましょう。

 

当きもの医は、そういった個別の部分的汚れ処置のみの利用を気軽にできるお店です。

着物クリーニング料金相場が高止まりのままだと、着物文化はすたれますます沈んでいくだけになるのですから・・・。

着物をよく着る方の裏地は

日常的に着るからこそ
汚れ処理依頼はごく少数

当店からご紹介できる例としてはざっくりとしていますが、着物をよく着る方ほど洋服感覚・仕事着感覚・普段着として着物をお召しだと感じています。

 

『他の部分はいいからここの汚れだけキレイにして』

必要最低限の費用で汚れ問題を解決したいと、とても良い着物クリーニング店の利用法だと思います。 

『汚れは処理しなくていいから丸洗い・みず洗いだけして』

とりあえず洗っときたい、ひとまず汗やニオイだけスッキリ落としてみようなど、目的を持った上手な利用法です。 

 

着物に慣れた方ほどこれらのような内容が多く、上手に費用を抑えながらご自身なりにキレイにお楽しみになっていらっしゃると推測しています。

 

着物慣れした方ほど「見えない部分にまで着物資金を投入してられない」とお考えになるのでしょう。

私どもは着物専門クリーニング店として、この考え方に絶賛共感いたしております。

 

着物専門クリーニング店として強く申し上げたいと思います。

『裏地の汚れは気になさらないのが一番です!』

『着物の裏地・胴裏どううら部分が全体的にまっ茶色になっていたり黄色のポツポツが無数にできていて、それがどうしてもガマンしがたい際は、クリーニングよりも生地ごと交換してしまうのが最高品質です!』

胴裏どううら胴裏どううら交換、八掛はっかけ八掛はっかけ交換という和裁処置があり、いずれも生地代は別に必要ではあるものの『新しい生地だ』との納得感で効果テキメンです。もちろん当店でもご利用いただけます。

これから着物にチャレンジしていこう、とのお考えをお持ちのとても素晴らしくお美しい心を秘めた皆さま、着物に不慣れな着物初心者の皆さまにおかれましては、ぜひこのお言葉を送らせてください。

 

普段着として着る着物は洋服の通勤服や普段着並みに、ちょっとおしゃれ気分で着る着物はマキシドレスだと思って、もっともっと気軽に着用してみてください。(洋服に比べるとかなり窮屈きゅうくつなものの、『私は着物を着てるんだ!』な満足感はハンパない事でしょう)

 

表地や裏地が多少「汚れてるな」と感じる着物も、そでを通して一日が終わると洋服とは異なる充実感・幸福感に満たされるはずです。

 

すべてを言葉にする事は叶いません ───

 

ですが着物は着る方を幸せにする魔力をもった他に例を見ないファッションアイテムだと感じており、どれだけマイナーになっても一定のきものファン・愛好者が年々生まれる理由のひとつだと考えています。

 

セールストークですぅ(^^;

当店には最強の格安メニュー・正絹着物みず洗いAコース・2,400円~があります。

 

着る時にそれほど問題が出ないのなら多少縮みや型くずれが出てもかまわない着物があるとしましょう。

 

そしてその着物に黄ばみ・茶色の変色や輪じみなど、たくさんの汚れがあったとします。

 

さらにその着物に一目惚れしてしまいどうしてもそでを通す事ができる状態にしたい場合など・・・。

 

普通の着物クリーニング店・悉皆店・呉服店に相談すると断られたり5万6万と言われる汚れでも、当店の切り札・着物みず洗いAコースとしみ抜きを組み合わせる事で市場相場価格の4分の1~半額くらいの費用でキレイにできるチャンスがあります。

 

ただその場合においても、裏地の汚れは気にする必要はないとご理解ください。

 

裏地に関してはお尻の経血汚れや黄ばみはともかく、そでや見頃や背中や脇に汚れがあっても人に見せない部分ですので遠慮はいりません。

 

経血汚れや黄ばみでも気にせず着用してもらっている着物さんはたくさんいます。(表地にひびいていればしみ抜きも必要かな?とは思います。でも、やはり着る方の判断ひとつです。)

 

ちょっとほつれやキズのある服を着るように、気軽に裏地の汚れはスルーしましょう。

 

着物クリーニング広告です

・・・ここまで書いていてなんですが完全なる広告ですセールストークです。ぜひ引き込まれて下さい(笑)。

 

裏地の汚れが気になる方は当店がオススメする相見積あいみつもり相談術をぜひご活用ください。

 

複数のお店に相談するイコール、複数の着物クリーニング専門家の意見や見方・判断という重要な情報を得られ、時間と手間以外に失うものがありません。

 

着物をクリーニングする、着物の汚れをキレイにするのに非常にメリットと効果が高いものです。

 

そこでぜひ相談する着物専門クリーニング店の中に当店をお加えくださいませ。

当店は安さ品質のバランス・コストパフォーマンスに関しては一芸に秀でていると自認するお店です。

 

写真を駆使すればお見積りも完全無料で行っていただけるので、ぜひお近くの着物クリーニング店さんやメールでお見積り可能な着物専門クリーニング店と比較検討してみてください。

 

裏地の汚れを気にするかされないかはお客様の自由です。

ここまで繰り返していますように、当店の立場は「裏地はスルーしましょう」です。

 

ですがひとたび「この胴裏どううら八掛はっかけの汚れを安く落としてほしい」とのご依頼があれば、表地・裏地問わず、持てる技術・経験・知恵・工夫を最大限駆使してご期待にお応えいたします!

 

ご相談はお気軽にどうぞ!

 

きもの医のホームページをご覧くださりありがとうございます。

m(_ _)m