自力で掛衿かけえり汚れを解決編

えり拭き・かけえり付け替え

当店へご相談の際はムズかしくお考えにならず、ご自身が希望する内容を下記のような普通の言葉でお伝えください。

着物のクリーニングの勉強をする必要はありません。

  • ○年○月○日までに戻してほしい
  • ○円までが希望
  • ○円を超えると出せない
  • 特定部分の見える汚れが気になる
  • えりの汚れが気になる
  • しわが気になる
  • アンティーク・中古着物でそでを通すのが気持ち悪い
  • 着物で一般的なクリーニングができれば良い
  • ニオイがキツくて着れない
  • たくさん汗をかいたから気になる
  • 丈を○○cm出したい、詰めたい
  • 幅を○○cm出したい、詰めたい
  • 反物を着物に仕立てたい
  • 水で洗いたい

「丸洗いをお願いしようと思うんですが・・・」とのご相談をよくいただきます。

しかし経験上、着物クリーニングで一般的な丸洗い(京洗い・生洗い・『屋号』洗い)の本当の中身を理解している消費者は多くない、と痛感しています。

それは着物販売店スタッフや着付け/お花/お茶/日本舞踊などの習い事の先生方やスタッフの方も同じです。

実はえりの筋状汚れなどごく一部を除き、正絹着物の見える汚れは手作業である格安汚れ落としえり拭き/えり洗い等部分洗い染みしみ抜き変色処理格安柄足しなどでの処置が必要です。

また仕上げアイロンだけのご利用も可能です。

丸洗いはえりやそで口以外の見える汚れをキレイにするのにあまり効果的だとは言えません。そのため当店では丸洗いセットを必須とせず、気になる汚れだけをキレイにしてとのご要望を広く承っています。

『本当に丸洗いで良いのですか?』と逆に質問すると、後に上記例のような本音を伺う事ができます。

上記例のような直接的な希望を伺う事で、ご相談者様にとって『迷う要素の少ないお見積り』が可能となります。

ぜひ上記例のような普通の言葉でご希望をお寄せいただき、余計な処置を含まない適切なお見積りをお受取り下さい。


自分で襟拭きえりふき=衿洗いえりあらい

早期処置で汚れは十分落とせます

着物の着付け、日本舞踊・その他踊り、お花、お茶などの先生方や生徒さんの中には、ご自身でえり拭きして日頃の軽い汚れを解決している方は多いようです。

自力でのえり拭きを成功させるもっとも大切な事は早期処置です。「一刻も早い処置が成功への第一歩」と、着物専門クリーニング店の立場で断言します。

お召しになった後、すぐにベンジン・エリモト・リグロインなどで拭き洗いするのがコツです。

成功・失敗例が極端にあるようですので、処置前にはお知り合いやネット情報からご自身で習った上で処置しましょう。

ポイントは「換気性が良い場所」「ドライヤーとたくさんのタオル・バスタオルの準備」「ドライヤーは必ず『冷風』」、そして「死ぬほど強い力は不要」「一方向、決まった方向に向かって適度な力でコスる」などです。

お金に余裕があればえり拭きする机やテーブルの汚れを防ぐため、ホームセンターなどでプラパン・プラスティック系の板を購入してみるのもオススメです。

大きさは新聞紙の半分くらいのサイズが使いやすいと思います。小さくても大きくても使いにくい、これは実感したものの意見です。

プラスチックの机や板があれば汚れは簡単に拭き取れるのでプラパンは不要です。

コツや注意点がわかれば、その後のクリーニング料金の大幅カットという恩恵が待っています。残った予算で「あぁ、確かセールで欲しかった色目の帯揚げが買えるなぁ」では?

ごくたまに出向く百貨店の着物・小物売場のセール品・・・本当に後ろ髪を引かれますもの。(笑)

自分でえり汚れを処理できれば帯締めも帯留めも伊達締めもゾウリもカンザシも買え、時代劇の準主役風になれるのもすぐ目前です。

・・・そう目指すかどうかは置いておき、ムダな支出を減らして着物にそでを通す回数が増えれば着物の汚れを安くキレイにするかかりを自認する私どもにも恩恵・・・いえ、私どももお役に立てて関係した皆さまが幸せを味わえます。

個人的にはオススメとまでは申せませんが、自力処理を目指す方が増えタンスの肥やし状態の着物が街を闊歩かっぽするのは着物お手入れ係としては本望です。

やる気のある方は自己責任でがんばってみていただければと思います。

着物専門クリーニング店からの
有益情報

ここで着物専門クリーニング店だからこそ言える、覚えておいて損のない情報をご案内いたします。

その1)溶剤は使い切りましょう

1本を1度で使い切る位の気持ちで

これ、心理的にとても重要だと思います。地域により上記薬剤の価格は違うかも、ですが我々着物専門クリーニング屋に出したと思ったら、比較にならないくらい安く済みます。

「1本丸ごと使い切りましょう」と言っているのではありません。ベンジン等の薬剤をケチった結果、失敗したとします。

 ───なんのために人生において大切な時間を使い、事前に色々研究して処置したのですか?

自分でかけえりの汚れを定期的に処置する・・・これのイコールは「費用を抑えるため」では?それなら1本使ってもオッケーというくらい大胆に薬剤を使用するべきです。

本当に、本当にその方が失敗する確率が少なくできます。数百円をケチって数千円 ───これが最悪だと感じる方なら、ぜひ薬剤はふんだんに用意し、ドバドバ使いましょう。

ケチるよりも好結果が期待できます。これ、本当にそうなんです。

皆さんがドンドコドンドコベンジン等をたくさん消費しても私どもには何の特もありません。こればっかりは利害なくオススメですのでぜひドバドバ使用して下さい。

着物1点のえり拭きでベンジン類1本を使い切る覚悟で、と言っても、大半は半分も使い切れないと思います。

重要なのは「ドバドバ使うもんね~」との心がけなのです。

どれだけ使っても「もったいない」と思わず、必要だと感じたら必要なだけ使うのが上手にえり拭きをするコツのひとつです。

その2)失敗時のフォロー可能

失敗時は丸洗いでほぼ解決

上記の溶剤のみを使う限り、失敗しても着物専門クリーニング店や悉皆店しっかいてんで『丸洗いクリーニング』を注文すればだいたい解決できる事です。

着物専門店であればあまりトラブルにならずに丸洗い(全体洗いはドライクリーニング処理)でベンジン等揮発性溶剤でできた輪じみはほぼなくなるという点です。

きちんとドライクリーニング処理を行っている店なら安いお店でも(おそらく)大丈夫だと思います。

失敗すれば着物専門クリーニング店で丸洗いにて解決。非常に有益な情報だと自画自賛しておる次第です。(^^

自分でえり拭きする利点のひとつに汚れの状態をひと目見て「ああ、これは落とせない」「これは落とせそう」と判断できる目が育つ点を上げられます。その後のクリーニングお見積り相談時に、実は非常に効果的に現れます。

えり拭きは水溶性汚れの成分がかなり混ざった汚れ(=輪じみ、汚れのフチが際立った汚れ)や変色、または汚れ成分により染料が壊れて脱色などには効果ゼロです。るような場合はご自身での処置はむずかしいものがあります。

どうしても再びそでを通せるようにしたいお着物は、ぜひ当店を含めて数件以上の着物専門クリーニング店にご相談ください。

当店では着物のえりだけベンジンに似た専用溶剤で洗い、●えり洗い:1,700円でご利用いただけます。丸洗いは裏地のないタイプで3,200円より承ります。

複数のお店に相見積あいみつもりで相談するのは着物のトラブル解決の最初の一歩、定番とも言えます。

もし当店にご相談いただく際は、正確なお見積りをご案内できるよう、ご自身で処置した場合は溶剤名といつ頃処置したかを合せてお知らせくださるようご協力をお願いいたします。

掛衿かけえりに実際に行ったえり洗いの
ビフォーアフター

正絹着物の『かけえり』の筋状汚れの画像例・向かって左側はえり洗い後の皮脂汚れが落ちた画像、右はえり洗い前の画像です。
正絹着物えり洗いビフォー・アフター 『かけえり』の筋状汚れの画像
向かって右側のえりに見える茶色の筋状汚れがえり洗いだけで左側のえりのようにすっかり消えて見えなくなった、好事例です。

自力で掛衿かけえり付け替え

かけえり付け替えの目的はズバリ、汚れを見えなくする事です。

そのために一旦かけえりを外し、自分で洗った後に取り付ける ───。

かけえり付け替え・取っ払いのうち、取っ払う→洗う→かけえりを取り外して縫い付けるのは、時間をかければ皆様ご自身での処置が可能です。かけえりのない着物は現代では少数派ですが、地衿だけでお召しになれるという伝統をご存じない方が多いためだと考えられます。地衿だけでも決して「恥ずかしい状態」ではありません。かけえりを取っ払う事は地えりでの着こなしとなります。あらかじめご了承の上読み進めてください。

「かけえりだけにしてどうやって洗うの?」→ベンジン・エリモト・リグロインでえり拭きするか、それで落ちなければ洗剤と水でチョチョッと洗えば良し、です。

面倒だったり溶剤を買う費用を抑えたい場合は洗剤と水だけでも十分ベンジン・エリモト・リグロイン同様以上の効果を発揮し、軽い皮脂汚れやファンデーション汚れ、できて日の浅いその他の汚れは落とせます。水は本当に最強の洗浄素材なのです。

変色していたり色が抜けている場合などは洗っても効果は得られません。

その先は自力で変色処理や部分染めをするかかけえりをあきらめるか、当店のような着物専門店に依頼していただければうしし・・・いいえ、持てる力を総動員して発揮し、ご期待に沿いたいと考えています。

着物は和裁で縫わないと・・・。そんな心配は和裁でお直しを予定している着物だけで良いのではないでしょうか。

着物を和裁で縫い上げるのは確かに伝統的です。ただその伝統を作り上げる中でどれだけの方が本当の和裁で縫い上げたかを考えれば和裁にこだわらなくても良いのでは?と考えています。

大切なのはかけえりがキチンと取り付けてある事・・・もっと言えばお召しの際「普通にちゃんとした着物を着ている『ように見えれば良し』というのが当店の独特な立場です。

和裁士さんによればそで付けや見頃の縫い付けと比べ、かけえりの縫い付けは非常にシンプルで簡単と言えるそうです。

最近は便利になったもので、和裁で用いる「縫い目の糸切り・縫い糸切り・糸切りリッパー」などの名称でが百円均一ショップなどでも気軽に入手できるようになりました。

近くに百均がなくても定価でも千円でお釣りがくるプロ用が買えるはずです。

ただし普段針と糸で何かしら行わない方にとっては、着物へのハサミは非常に危険でオススメできません。

そこでオススメは『糸切りリッパー』です。(シームリッパー、N リッパーなども同じ用途です)

糸切りリッパーは不審者を取り押さえる際に用いる『さすまた』に似た形の小さな縫い糸切り専用製品です。

非常に効率的に縫い糸だけを切り進められます。ご自身でDIYチャレンジされる方はぜひ「縫い目の糸切り・縫い糸切り・糸切りリッパー」を入手して行ってくださいますようお願いいたします。

自力掛衿かけえり付け替え重要注意点

注意点!です。 元のお仕立てでかけえりを地衿と一緒に縫い上げている事例が時々見られます。

この例はかけえりだけを外そうと意図を切っていたら、地衿も見頃(着物本体部)から外れてしまった!事件で、とってもトホホな結果になりかねません。

そこでオススメのやり方をご案内します。いずれ自力でえりのお手入れをしよう、取り外して取り付けようとお考えになる着物を一度かけえり付け替えに出してみるのです。

その際、注文時に「次回以降は和裁のかけえり付け替えにチャレンジしたいので」と伝えます。

そうする事でもしかけえりが地衿とともに1本の縫い糸で縫い上げられていた着物でも、お店で地衿は地衿として縫い上げ、その上にかけえりを付け直してもらう事ができます。

確かに1度はムダに感じる費用がかかってしまいます。しかし超オキニの着物であれば、長い目で見れば良い策になりうるご利用法だと思います。

自力での掛衿付け替えは、あくまでも自己責任にて行って下さい。

きもの医のホームページをご覧くださりありがとうございます。

m(_ _)m