つむぎの茶色い変色 染み抜きしみぬき
CLクリーニング料金を大発表!

実際の料金付き着物の変色汚れ
変色処理ビフォーアフター画像

当店へご相談の際はムズかしくお考えにならず、ご自身が希望する内容を下記のような普通の言葉でお伝えください。

着物のクリーニングの勉強をする必要はありません。

  • ○年○月○日までに戻してほしい
  • ○円までが希望
  • ○円を超えると出せない
  • 特定部分の見える汚れが気になる
  • えりの汚れが気になる
  • しわが気になる
  • アンティーク・中古着物でそでを通すのが気持ち悪い
  • 着物で一般的なクリーニングができれば良い
  • ニオイがキツくて着れない
  • たくさん汗をかいたから気になる
  • 丈を○○cm出したい、詰めたい
  • 幅を○○cm出したい、詰めたい
  • 反物を着物に仕立てたい
  • 水で洗いたい

「丸洗いをお願いしようと思うんですが・・・」とのご相談をよくいただきます。

しかし経験上、着物クリーニングで一般的な丸洗い(京洗い・生洗い・『屋号』洗い)の本当の中身を理解している消費者は多くない、と痛感しています。

それは着物販売店スタッフや着付け/お花/お茶/日本舞踊などの習い事の先生方やスタッフの方も同じです。

実はえりの筋状汚れなどごく一部を除き、正絹着物の見える汚れは手作業である格安汚れ落としえり拭き/えり洗い等部分洗い染みしみ抜き変色処理格安柄足しなどでの処置が必要です。

また仕上げアイロンだけのご利用も可能です。

丸洗いはえりやそで口以外の見える汚れをキレイにするのにあまり効果的だとは言えません。そのため当店では丸洗いセットを必須とせず、気になる汚れだけをキレイにしてとのご要望を広く承っています。

『本当に丸洗いで良いのですか?』と逆に質問すると、後に上記例のような本音を伺う事ができます。

上記例のような直接的な希望を伺う事で、ご相談者様にとって『迷う要素の少ないお見積り』が可能となります。

ぜひ上記例のような普通の言葉でご希望をお寄せいただき、余計な処置を含まない適切なお見積りをお受取り下さい。


このビフォー・アフターのページでは着物を着る皆さまがもっとも知りたいはずの、長い間ブラックボックスにつつまれてきた実際の着物のしみ抜き料金を合せてご案内しています

 

この活動で正絹着物の染み抜きクリーニング料金がわかりやすくなれば本望です。

 

皆さんが普段利用しているお店にも・・・
「ホームページでわかりやすく表示してよ」と依頼する事で、これまで知られるはずのなかった着物しみ抜き料金を表示してくれるかもしれません・・・。

水が混じった汚れ、
黄色や茶色の変色には
効果テキメンの方法が!

今回ご紹介の塩沢紬はみず洗いAコース=2,500円と組み合わせてのご利用でした。

 

これは当店が費用を抑えてキレイにクリーニングする事を目的にオススメしたものです。

 

「みず洗いAコースを追加した方が安くなるぅ?」

 

(^^;

詳細は省きますが、水溶性の汚れがたくさんある着物は、みず洗いAコースをセットでご注文いただく事で合計クリーニング料金が3割くらい安くなる!という事が少なくありません。

 

平均すると・・・みず洗いAコース+しみ抜きの組み合わせだと8,400円、しみ抜きのみでは13,000円など、よくある光景です。(全ての着物に適用できるものではありません)

 

もし汗や食べこぼしや水分を含んだ汚れ、または水を使った処理が必須な黄色や茶色の変色じみがたくさんあるような着物をお持ちなら・・・。

 

他の着物クリーニング専門店にご相談される際に、ぜひ当店へもご相談してみてください。

 

「げっ!」とうなるほどの見積もりが・・・

 

甘い見通しのみのご案内はやめておきます。(^^;

 

ご相談だけなら無料ですので、他店へご相談される際はぜひ当店へもご相談くださいませ。

 

LINE・メール・電話、いずれでもご相談が可能です。

 

白地紬着物のこげ茶色変色じみのしみ抜き漂白ビフォー・アフター画像
白地紬着物のこげ茶色変色じみのしみ抜き漂白ビフォー・アフター画像

しみ抜き+漂白白地つむぎ着物の
こげ茶色変色じみの解決例

塩沢つむぎのかなり古い茶色変色
しみ抜き漂白 4,000円

赤色が少し薄くなりは
したものの・・・


白地紬着物のこげ茶色変色じみのしみ抜き前・ビフォー画像
白地紬着物のこげ茶色変色じみのしみ抜き前・ビフォー画像

 

購入した時にはすでにあったはずの、少なくとも変色が始まって数年以上経過した茶色い変色シミのしみ抜き依頼の作業結果です。

 

表示画像はアップで撮影したもので、良く見ると赤い糸の部分が若干色あせしているのがおわかりになると思います。

 

実際の着用時には100人が見て100人が「汚れがあった、少し色が薄い」とは感じられないほど良い出来でした。(^^

 

白地紬着物のこげ茶色変色じみのしみ抜き後・アフター画像
白地紬着物のこげ茶色変色じみのしみ抜き後・アフター画像

 

本当は1,200円だった?

実はこの塩沢紬の料金見積もりは計算間違いがありました。

 

画像をよく見ていただくとわかるのですが、上部、中部左側、下部の3ヶ所に濃い焦げ茶色の変色がありました。それぞれのしみ抜き漂白料金は以下の通りでした。

  • 上部:2,000円
  • 中部:1,200円(白い○で囲んだ部分)
  • 下部: 800円

ところが、お見積りをまとめている時に上部と下部の2ヶ所のしみ抜き漂白料金を計上し忘れ、結果としてこの部分の料金見積もりを1,200円とご案内してしまったのです。

 

本当は4,000円でしたが店側が「1,200円ですがいかがですか?」と提示したお見積りを信じてご注文いただきました。

 

当然「前言撤回です、すみません。実際には2,800円割増しの4,000円でした」とは言えるはずもありません。

 

このご注文はリピーターのお客さまで、前回のご利用まではお喜びいただいていたように感じています。

 

お客さまを選ぶ訳ではありません・・・。

 

ただお見積料金を撤回して割増しのご請求など行ってしまえば、ただでさえ信頼性の低い地方の着物クリーニング・ネットショップは一気に信用を失くしてしまいます。

 

当然この部分の汚れ処理料金分のご請求とお支払いは1,200円でした。

 

売上的には悲しい結果でしたが、お客さまにはお喜びいただけましたので良しとしているところです。

 

と、美談のような書き方をしていますが、このお着物はクリーニング料金として総額1万2千円の仕事をさせていただきました。

 

この料金は着物1点をキレイにするクリーニング代として当店では高額注文にあたります。

 

計算違いで多少の損があったとしても、ウレしいご注文だった事には代わりがありません。

 


白地紬着物の色にじみ・色落ちのしみ抜き前・ビフォー画像
白地紬着物の色にじみ・色落ちのしみ抜き前・ビフォー画像

こちらの画像は同じ着物の赤い染料がにじんでしまった部分です。

 

ご自身で汚れを処理できそう、と水を使って処置したらこうなったとの事でした。

 

「水しか使用していない」と断言されていらっしゃったので、「水だけでこれだけ色が流れ出るのは・・・イヤな予感が・・・」と少々ひるみましたが、前回のご利用で信頼いただいた結果リピートで依頼された仕事!

 

テストの結果、大きな色落ちは起こりそうになかったのでお見積り料金:1,200~3,600とはじき出してご案内したところ、こちらも作業のご注文をいただきました。

 

結果は冒頭でご案内したこげ茶色の変色じみ部分よりもキレイに、赤い染料の色落ちも最小限でストップでき納品できました。

 

「・・・ビフォーアフターのアフター画像は?」

 

(^^;

まことにドン臭い事で恐縮です。

撮影した・・・はずが画像がどこにもありませんでした。(;ヘ;)

 

本っとうに残念です!

いつか・・・次回クリーニングさせていただく機会があれば、その時に撮影してこのページで紹介したいと心の底から決意しているところです。

 

手落ちが続き、申し訳ありません。

 

実際にこの画像部分のしみ抜き料金は2,400円でした。

 

着物を安くキレイにしませんか?
当店ならチャンスありです

 

皆さまがご所有のお着物で「安くキレイにできないかしら?」と思い当たるお着物はございませんか?

 

もしかしたら・・・当店ならば・・・

 

当店なら「えっ!?マジでその料金でキレイにしてくれるのっっっ?」という内容のお見積りをご提示できるかもしれません。

 

ご相談はいつでもお気軽にどうぞ!

 

LINE・メール・お電話、お好きなツールでぜひ一度ご相談くださいませ。

 

皆さまからのご相談、ご質問を・・・

できればご注文を(^^;、心よりお待ちしております。

 


 

着物クリーニングの
ビフォーアフタートップに戻る

きもの医のホームページをご覧くださりありがとうございました。
m(_ _)m


持って行って相談できない店

だから安価が現実に

◆当店は《着物を安い料金でキレイにしみ抜きしたりクリーニングしたりお仕立て・お直しする事がポリシーの店》で大阪はもちろん全国を対象としたネットショップです。

安さ実現のため様々な工夫を取り入れたため「利用する際わかりにくい」とお叱りを受ける事もありまず。そのひとつが「直接店まで行き目の前で着物を見ながら相談できない店」です。

「お店まで持って行きたい」とのご要望はよくいただきますがどなた様に限らずお断りしております。理由は今の安価な料金帯を維持するためです。接客係を置かない店なのです。人件費削減で安価を実現しているのです。

この件のご相談は「できない事がわかっている上でのご相談で、私どもにとっては営業妨害と等しいものです。この点ご理解いただければ幸いです。

当店をご利用いただくには宅配便等でのやりとりか、大阪/東大阪市内とその周辺地域向けの訪問集配サービスのみとなります。

お問い合わせいただきましても同じご案内となります。なにとぞ「持ち込みに関するご相談」なくご利用いただきますようお願いいたします。

■電話番号■

050-7121-0123
受付:平日 11~20時

時間外も電話に出れる時は
対応します。


 

■お着物の発送先■

〒577-0005

東大阪市七軒家
11-13

きもの医 あて


■メールアドレス■

●お問い合わせ●

soudan@kimonoi.com


 

●ご注文お申し込み●

order@kimonoi.com


 

●会員登録する●

member-registration@kimonoi.com


特定商取引記載事項
(準備中)

クリーニング事故賠償基準
(準備中)