無料で詳細な着物CLお見積りを

お見積りお申し込みには
一部個人情報お届けを

この度、画像による無料画像(仮)見積もりのルールを一部改定いたしました。まず最初に下記いずれかのフォームよりご相談お申し込み手続きをお願いいたします。

お申込手続きの目的は下記でご案内していますように「安さを維持し続ける」事がもっとも強い理由です。イタズラ・冷やかし・遊び・業務妨害目的のご相談を減らす目的もございます。このご相談お申込手続きが無いご相談へは回答できかねます。予めご了承くださいませ。
 なおインターネットやパソコン・スマホがわからないという方はお電話で「ある程度幅のあるお見積り」が可能です。ただし実際のお着物を見た上でのお見積りとは差異が出やすい点をご理解くださいませ。


とりあえず画像で詳細な費用見積もりをご希望の方
無料画像(仮)見積もりフォーム


すでにご利用を決意されている方は下記からどうぞ
ご注文お申し込みフォーム


会員登録を完了されている方は下記より簡単にお手続きいただけます
会員専用お申し込みフォーム
※「お申し込みフォーム」ですがご相談だけでも対応できます。


見積もりお申し込み手続きは
ナゼ必要なの?

当店のポリシーである「着物の汚れを安く解決する店であり続ける」を維持するために導入いたしました。ある程度の情報をまとめて最初にお申し出いただく形です。

必要最低限の個人情報やご予算、ご希望内容の詳細、希望納期などをお申し出いただきます。

このお申出によりご相談いただいた直後にどのようなご希望か知る事ができ、お住いの地域などを承る事で送料まで算出可能となります。

つまりLINEやメールからお届けいただいた情報と画像ですぐに見積もりができます。

これまでは「訪問着の汚れをとるクリーニング代はおいくらですか?」のようなほとんど何の情報も状態もわからないご相談へ対応してまいりました。

まず「裏地はありますか?どんな色目ですか?いつどんな時にできた汚れですか?いつまでにご入用ですか?ご予算はどれほどで抑えたいですか?・・・etc。

これらのお見積りに最低限必要と考えられる情報を取得するためのやりとりでメールやLINEにある程度記入する→時間がかかっていました。

時間がかかる=安価なまま利益をどう確保するか?」を考え抜きました。その結果、皆さまからの最初のご相談メッセージで必要最低限の情報を届けていただく、と結論となりました。これがお申込手続きが必要である理由であり目的です。

全てのご依頼に対し「着物の汚れを安く解決し続ける」ためにはこの「情報を取得するためのやりとり」の省略化を皆さまにご協力いただこう、という運びとなりました。

皆さまには大変お手数をかけ申し訳ありません。なにとぞご協力ご対応くださいますようお願いいたします。

着物クリーニングお問い合わせ
ご相談・お申し込みには

着物染み抜き しみぬき  を安く抑えたいなら

当店へご相談の際はムズかしくお考えにならず、ご自身が希望する内容を下記のような普通の言葉でお伝えください。

着物のクリーニングの勉強をする必要はありません。

  • ○年○月○日までに戻してほしい
  • ○円までが希望
  • ○円を超えると出せない
  • 特定部分の見える汚れが気になる
  • えりの汚れが気になる
  • しわが気になる
  • アンティーク・中古着物でそでを通すのが気持ち悪い
  • 着物で一般的なクリーニングができれば良い
  • ニオイがキツくて着れない
  • たくさん汗をかいたから気になる
  • 丈を○○cm出したい、詰めたい
  • 幅を○○cm出したい、詰めたい
  • 反物を着物に仕立てたい
  • 水で洗いたい

「丸洗いをお願いしようと思うんですが・・・」とのご相談をよくいただきます。

しかし経験上、着物クリーニングで一般的な丸洗い(京洗い・生洗い・『屋号』洗い)の本当の中身を理解している消費者は多くない、と痛感しています。

それは着物販売店スタッフや着付け/お花/お茶/日本舞踊などの習い事の先生方やスタッフの方も同じです。

実はえりの筋状汚れなどごく一部を除き、正絹着物の見える汚れは手作業である格安汚れ落としえり拭き/えり洗い等部分洗い染みしみ抜き変色処理格安柄足しなどでの処置が必要です。

また仕上げアイロンだけのご利用も可能です。

丸洗いはえりやそで口以外の見える汚れをキレイにするのにあまり効果的だとは言えません。そのため当店では丸洗いセットを必須とせず、気になる汚れだけをキレイにしてとのご要望を広く承っています。

『本当に丸洗いで良いのですか?』と逆に質問すると、後に上記例のような本音を伺う事ができます。

上記例のような直接的な希望を伺う事で、ご相談者様にとって『迷う要素の少ないお見積り』が可能となります。

ぜひ上記例のような普通の言葉でご希望をお寄せいただき、余計な処置を含まない適切なお見積りをお受取り下さい。


着物クリーニングの事で
わからない事があれば
お問い合わせ下さい

わからない事をご相談いただくと
本当にはげみになります

当きもの医では特に着物に不慣れな方や
着物に縁遠い方が
お問い合わせ・ご注文いただいた
やっぱり先に質問、
相談しておいてよかった!

と感じていただいけるよう心がけています。

 

我々スタッフ一同も皆さまと同じような疑問やわからない事をそのままにして失敗してきた経験を持つ、いわば同志と思ってくだされば光栄です。(^^

 

着物のお手入れはできれば失敗を経験せずにコスパを上げたい、と考えるのは皆さん共通したお気持ちだと思います。

 

当店スタッフも同じ思いを持っており、きもの医へ相談してくださったり実際にご注文いただく中で必ずこう感じていただきたいと願っています。

成功した!安く済んだ!キレイにできた!

 

 イタズラは困りますが、本当にわからない事を尋ねるのはけして恥ずかしい事ではありません。

 

特に費用と品質などの実質的な事や、どんなお手入れがベストなのかといった選択肢で迷われている方には、お問い合わせをしないのは大きなソンです!と注意喚起したいほどです。

 

また逆にお問い合わせをいただく事で、私どもには
こういう事がわかりにくいのだな
と、ホームページ上での説明や案内を改善していく一助となります。

 

どうかお問い合わせは本当にお気軽に、あまり深くお考えにならずにお声がけください。

 

皆さまからのお問い合わせを心待ちにしております。

(・・・できればご注文してくださるととても助かります)

 

ご相談はお気軽にどうぞ!

 


とりあえず問い合わせしてみる

>ご注文前後のご案内

注文するにあたっての順序
・準備・心構えは?

着物をまる洗いクリーニングやお手入れに出された経験のある方はご自分のペース・やり方でご注文くださって結構です。

 

当店の注文申し込みルールは必要な個人情報とできるだけ詳細なご要望を、お電話またはメールまたはメモ書きしたものを着物と一緒にお送りいただくシンプルなものです。

 

ご自身のやりやすい順序でご注文いただけます。

ご注文お申し込みフォームはこちら

 

着物に不慣れ、縁遠い方で必要に迫られ今回初めてクリーニング・お手入れに出そう、とお考えの方は次の点をおさえて準備に入ると迷う事なく目的を達っしやすいので参考にしてみてください。

 

着物クリーニング前に
準備しておくべき事

 ご自身のお気持ち

青字=参照推奨ページ
事前にお決めいただきたい内容

洗ったという安心感を得るのが最大の目的かも・・・

まる洗い みず洗い 部分洗い

見た目を改善したい?
着物ルール通りにお手入れしたい?

お手入れを検討している着物をどうしたいのか、ざっくりで結構ですので決めておきます。

費用もチェックしておきましょう。

明確な目的がある→キレイにしたい汚れがある

しみ抜き 黄ばみ変色除去

その着物にかける費用の目安をある程度決めましょう。

特に上限を。(ご相談時に店側に知らせる必要はありません)

何をどうして良いかまるでわからない
アドバイスが欲しい!

着物まる洗いでキレイにできる?着物をクリーニングに出す前に考える事

 

とても重要な手順をご案内いたします。

それは必ず3店以上の着物専門クリーニング・悉皆屋に同じ問い合わせをして見積もりをとる事です。

 

お問い合わせしたお店の中で、最もご自身に合うお店を利用すると高い満足が得られると思います。

まるで不得手なので全てお任せしたいのだけど・・・

このお考えをお持ちの方が少なからずいらっしゃいます。

ただこの方法だと注文した内容が料金相場と比べて高いのか安いのかが検証できません。

 

お時間がない場合は仕方がありませんが、お急ぎでなければ上記のご案内がもっとも安全で納得感を得やすい手順となります。

 

いくつかのお店に相談し、なんとなくで結構ですので料金相場感を吸収した後に利用するお店を決定される事を絶賛オススメいたします。

着物は老化し、徐々に黄ばみ
やカビが発生するものです

残念ですが、事実です。

 

逆に言えば仮に黄ばみやカビが突然発生してても、大騒ぎする事もない、という事になります。

 

着物の内側(裏地)が思わず引くくらいマダラに茶色くなっていてもお尻に汚れがあっても表地に響いてなければ全然オッケー、それくらいの感覚でとらえてもまるで問題はありません。

 

着物をよく着る方の常識、と言い切ってしまっていいかどうかな物言いになりますが、汚れのない着物の方が極端に少ない事を着物を着る事が好きな方は皆さんよくご存じです。

 

仮に黄ばみやカビが出ておろおろした気持ちにならしめている着物が結婚式などに着る留め袖や訪問着、振り袖であってもしかりです。

 

汚れのない着物はとても少ないです。

この点、自信を持ってとらえましょう。

 

その上で申し上げたいのは女性なら誰しも経験があると思われるガムテープや安全ピン加工・・・。

ものの数分でグチャグチャに縫い付けた破れ補修や外れたスナップ取り付けなど、洋服は結構むちゃな事をして着こなしていらっしゃると思います。

 

クローゼットや収納ボックスにしまいこんでいる晴れの日のドレスやブラウスも、探せば結構汚れがあちこちにあったりするのも日常ではありませんか?

 

着物だって同じ衣類です。

ファッションアイテムです。

 

ことさら汚れを気にせず、着てしまえば見えない汚れはスルーだ!くらいの気持ちでクリーニングを検討するのが着物初心者の方には良いような気がします。

 


ここまではさんざん「汚れをことさら気にする必要はありませんよ」とご案内してまいりましたがそれでは広告=ホームページとしての役目を果たせないので、最後に少しだけ商売っ気のある文言に目をお通しくださいませ。

 

それでも気になる汚れがあったりやっぱり洗っておきたいというお気持ちがある場合、是非当きもの医もお見積もりをとるお店のひとつにお加えいただく訳にはまいりませんでしょうか?

 

長々説明すると読む気が失せるでしょうから、ここでは手短に当店の良いところをアピールさせていただきます。

 

当店は正絹着物を洋服並みに数百円や数千円程度でキレイにする、という意味で着物を安くキレイにします!としているのではなく、仮に1万円かかったとしても、着物クリーニング業界の料金相場から見れば「むっちゃ安かった!」と感じていただけるよう料金設定と技術料を工夫しているお店です。

 

みず洗い・まる洗いクリーニング料金が単に安い事をアピールしているのではなく、お客様が必要とするお手入れをご相談内容からヒモとき、それをお見積もりに反映して結果的に安くキレイにする事を目標として日々実現しているお店です。

 

もちろんご希望の作業内容によっては他店と変わらないレベルの価格帯になる事はありますが、着物に不慣れな方や突然いただき物として大量の着物を手にした時、その方々がひとりでも多く着物ファンになっていただけるよう、着物クリーニング屋としての立場から着物文化を盛り上げようとしているお店です。

 

数年・十数年に一度しかそでを通さない留め袖などの着物も、デザイン・風情に一目惚れして思わず買ってしまった古くてヨレヨレの普段着も、できるだけ長い間着用できる状態でいられるよう、技術・知識・工夫そして知恵を精一杯絞って安くキレイにさせていただきます。

 

広告文まで最後まで目を通してくださりありがとうございます。

 

ご相談は本当にお気軽にどうぞ。

いまかいまかと、心待ちにしております。


きもの医のホームページをご覧くださりありがとうございました。
m(_ _)m