着物にスレができるメカニズム
黒や濃紺など濃い色にできがちなスレ

濡れてる時にこすれると・・・

当店へご相談の際はムズかしくお考えにならず、ご自身が希望する内容を下記のような普通の言葉でお伝えください。

着物のクリーニングの勉強をする必要はありません。

  • ○年○月○日までに戻してほしい
  • ○円までが希望
  • ○円を超えると出せない
  • 特定部分の見える汚れが気になる
  • えりの汚れが気になる
  • しわが気になる
  • アンティーク・中古着物でそでを通すのが気持ち悪い
  • 着物で一般的なクリーニングができれば良い
  • ニオイがキツくて着れない
  • たくさん汗をかいたから気になる
  • 丈を○○cm出したい、詰めたい
  • 幅を○○cm出したい、詰めたい
  • 反物を着物に仕立てたい
  • 水で洗いたい

「丸洗いをお願いしようと思うんですが・・・」とのご相談をよくいただきます。

しかし経験上、着物クリーニングで一般的な丸洗い(京洗い・生洗い・『屋号』洗い)の本当の中身を理解している消費者は多くない、と痛感しています。

それは着物販売店スタッフや着付け/お花/お茶/日本舞踊などの習い事の先生方やスタッフの方も同じです。

実はえりの筋状汚れなどごく一部を除き、正絹着物の見える汚れは手作業である格安汚れ落としえり拭き/えり洗い等部分洗い染みしみ抜き変色処理格安柄足しなどでの処置が必要です。

また仕上げアイロンだけのご利用も可能です。

丸洗いはえりやそで口以外の見える汚れをキレイにするのにあまり効果的だとは言えません。そのため当店では丸洗いセットを必須とせず、気になる汚れだけをキレイにしてとのご要望を広く承っています。

『本当に丸洗いで良いのですか?』と逆に質問すると、後に上記例のような本音を伺う事ができます。

上記例のような直接的な希望を伺う事で、ご相談者様にとって『迷う要素の少ないお見積り』が可能となります。

ぜひ上記例のような普通の言葉でご希望をお寄せいただき、余計な処置を含まない適切なお見積りをお受取り下さい。


正絹着物の中でも特に濃色の着物や汗をかくシーズンの薄物・単着物に起こりがちのスレ=毛羽立ち=白化現象のビフォー画像
特に濃色の着物や汗をかくシーズンの薄物・単着物に起こりがちの『スレ=毛羽立ち=白化現象』のビフォー画像(濡れている時にコスるとこうなるのです・・・)

正絹の白化現象・スレ

濡れた状態でコスると
カンタンにできてしまうスレ

正絹着物の中でも特に濃色の着物や汗をかくシーズンの薄物・単着物に起こりがちのスレ=毛羽立ち=白化現象がヒドい状態だった部分へのスレ補正アフター画像
特に濃色の着物や汗をかくシーズンの薄物・単着物に起こりがちの『スレ=毛羽立ち=白化現象』 ヒドい状態だった部分への自己採点『90点程度』のスレ補正アフター画像

着物のスレ ───スレって何?と感じる方は多いと思います。また「あぁ、このトラブルはスレだったのか!」とお気づきの方も。

着物のスレと呼ばれる現象はカンタンに言えばコスれて毛羽立った状態を言います。でもご安心下さい。一定の条件がそろわないとスレ・毛羽立ちは起こりません。

スレを起こす最大の条件は(1) 濡れている時、(2) 強くコスる、の2つです。

日本の伝統衣装・着物の多くは正絹と呼ばれる絹糸を織って作られているもので、特にお召しの際に首の左右にくる部分や帯をギュッ!と締め付ける部分、クセで手でよく触ってしまう部分などによく起こります。

絹糸は濡れている状態でコスるとカンタンにささくれ立つ、という特性があり、このささくれ立ちをスレや白化現象などと呼んでいます。

今ある着物にできてしまったスレは補正などで処置しなければ目立つかもしれません。ですがこれからお召しになる着物のスレをできるだけ少なくできるかもしれません。

スレを起こさせないコツはカンタンです。

水に濡れた状態で絹糸をコスらない、着物を濡れた手・汗をかいた手で触らない、これだけです。

汗をかく時期に着る着物のえり部分はどうしても汗をうっすらかいた状態の首とコスれてスレができやすいものです。暑い時期に着る着物はどうしたら良いでしょう?

私どもはその答えを明確に断言できません。言えるのはお召しになる際に長襦袢ながじゅばん衣紋えもんの抜き方や着物のえり幅の出し方などで対応できるようだ、という事くらいです。詳しくは着物愛好家の皆さんのブログなどを参考にしてください。

着物のスレは普通のトラブル?

着物にできるスレはヘビロテした着物、たくさん汗をかいた着物、長時間着回した着物によくできる、比較的日常的な着物のトラブルのひとつです。

こむずかしい説明は絹に精通している方やお店のウェブサイトで見られるので、興味のある方は検索してみて下さい。ここではごくざっくりと正絹につきもののスレ・白化現象をご案内いたします。

「着物のスレ」はごくカンタンに説明すると、人の髪の毛のキューティクルが開いてガサガサに傷んだ状態、と似ている状態です。

髪の毛もシャンプーしかせずガンガンドライヤーを当てたり染めたりしてケアを怠ると ───
正絹着物のスレは、これくらいカンタンにできてしまう絹糸特有のトラブルの代表のひとつです。

スレはご家庭で皆さまが直すのはむずかしいものの、今の時代は比較的カンタンに補正の効く処置となりました。

着物のスレ・白化現象は今、普通のトラブルであり普通に補正の効くクリーニングサービスと言えるようになりました。しかも料金表でご案内の通り、もちろんお安く。(^^

こちらの黒い着物のスレ補正は実は結構目立っていました。やはり撮影技術によりほとんどわからないビフォー画像ですみません。

画像の中心よりも少し右寄り部分にあったスレ画像の例です。皆さまで読み解いて・・・くだされば嬉しいです。

着物のスレ・白化の確認方法

スレは黒や濃紺、深い緑など、濃い原色系の着物は着物に不慣れな方でも見つけやすいと思います。(気にならなければ探す必要はないように感じます)

スレは白化現象ともいわれる、絹糸が濡れた状態でコスれて毛羽立った状態です。

パッと見て「白っぽくなってる?」や「光って見える」などの表現がピッタリ来る、絹糸のよくあるトラブルです。

見つけ方はシンプルです。スレがあるかどうか疑問を感じる部分を中心に両手で着物を引っ張り平たい状態にして斜めから見て確認します

その時「白っぽく」見えたり「その他の部分に比べ光ったように」見える、「周りの生地の色より淡く」見えるなどの場合、スレが起こっている可能性が高いと考えられます。

「それだけ?」 → はい、それだけです。(笑) 

斜めから見て白っぽく、光ってたり、周りに比べ淡い色合いになっていなければ、スレは起こってないと言えるのです。

着物のスレはしみや変色と一緒?

スレはしみ・変色同様、恥ずかしいの?

いいえ、私どもではそうは考えません。私どもが重要だと感じるのは、皆さまが現時点でスレにお気づきでないなら「必ずしもスレを見つけ出す必要はない」、という点です。

当店のように着物を専門にクリーニングしたりしみ抜きしたりする努めをしている方はいざ知らず、おおざっぱに言ってごく一般的な皆さまが着物にあるしみや汚れ・変色に気づくのは汚れのうち5割くらいでは?と見ています。

パッと見て汚れだ!とわかりやすい汚れや変色でさえ、普通の皆さまには必死に探さないと全てを見つけられません。

その上で申し上げれば「スレにお気づきになる方!はもっと少ないはずです。ですのでこのページをご覧になった皆さまには「スレはそれほど重大なトラブルではない」、と認識していただければ幸いです。マッチポンプのような内容ですみません。

着物のスレ・毛羽立ちで
くじけない!あきらめない!

前述の通り、着物のスレにお気づきになるのはなかなかムズかしいものです。

もしこれから着ようと考えている着物にスレがあったとしても、「気づくのは100人中・・・5人?10人?」などと密かに目線を楽しみながら楽しくお召しになっていただければと願っています。

特に淡い色目の着物や柄が多い小紋などはよりスレが目立ちにくいのでお召しになる前にチェックする習慣づけをするのも良いかもしれません。

※スレについては本当にチェックは不要だと感じます。お気づきになってしまった時にだけ、当店のような着物専門クリーニングに見積り依頼して「スレは補正なさいますか?」と尋ねられた時に、初めて「どうしよっかなー♪」と検討するのが正しい道だと心より感じるところです。

もしかしたら「あれ?思ったより安くないわね」と感じた方がいらっしゃるかもしれません。

 

これには少しだけ説明させていただきます。

 

きもの医のホームページをご覧くださりありがとうございます。
m(_ _)m


持って行って相談できない店

だから安価が現実に

◆当店は《着物を安い料金でキレイにしみ抜きしたりクリーニングしたりお仕立て・お直しする事がポリシーの店》で大阪はもちろん全国を対象としたネットショップです。

安さ実現のため様々な工夫を取り入れたため「利用する際わかりにくい」とお叱りを受ける事もありまず。そのひとつが「直接店まで行き目の前で着物を見ながら相談できない店」です。

「お店まで持って行きたい」とのご要望はよくいただきますがどなた様に限らずお断りしております。理由は今の安価な料金帯を維持するためです。接客係を置かない店なのです。人件費削減で安価を実現しているのです。

この件のご相談は「できない事がわかっている上でのご相談で、私どもにとっては営業妨害と等しいものです。この点ご理解いただければ幸いです。

当店をご利用いただくには宅配便等でのやりとりか、大阪/東大阪市内とその周辺地域向けの訪問集配サービスのみとなります。

お問い合わせいただきましても同じご案内となります。なにとぞ「持ち込みに関するご相談」なくご利用いただきますようお願いいたします。

■電話番号■

050-7121-0123
受付:平日 11~20時

時間外も電話に出れる時は
対応します。


 

■お着物の発送先■

〒577-0005

東大阪市七軒家
11-13

きもの医 あて


■メールアドレス■

●お問い合わせ●

soudan@kimonoi.com


 

●ご注文お申し込み●

order@kimonoi.com


 

●会員登録する●

member-registration@kimonoi.com


特定商取引記載事項
(準備中)

クリーニング事故賠償基準
(準備中)