格安みず洗いクリーニング
ABCコース比較料金表

みず洗い各コース料金が
 カンタンに比較できる!

当店へご相談の際はムズかしくお考えにならず、ご自身が希望する内容を下記のような普通の言葉でお伝えください。

着物のクリーニングの勉強をする必要はありません。

  • ○年○月○日までに戻してほしい
  • ○円までが希望
  • ○円を超えると出せない
  • 特定部分の見える汚れが気になる
  • えりの汚れが気になる
  • しわが気になる
  • アンティーク・中古着物でそでを通すのが気持ち悪い
  • 着物で一般的なクリーニングができれば良い
  • ニオイがキツくて着れない
  • たくさん汗をかいたから気になる
  • 丈を○○cm出したい、詰めたい
  • 幅を○○cm出したい、詰めたい
  • 反物を着物に仕立てたい
  • 水で洗いたい

「丸洗いをお願いしようと思うんですが・・・」とのご相談をよくいただきます。

しかし経験上、着物クリーニングで一般的な丸洗い(京洗い・生洗い・『屋号』洗い)の本当の中身を理解している消費者は多くない、と痛感しています。

それは着物販売店スタッフや着付け/お花/お茶/日本舞踊などの習い事の先生方やスタッフの方も同じです。

実はえりの筋状汚れなどごく一部を除き、正絹着物の見える汚れは手作業である格安汚れ落としえり拭き/えり洗い等部分洗い染みしみ抜き変色処理格安柄足しなどでの処置が必要です。

また仕上げアイロンだけのご利用も可能です。

丸洗いはえりやそで口以外の見える汚れをキレイにするのにあまり効果的だとは言えません。そのため当店では丸洗いセットを必須とせず、気になる汚れだけをキレイにしてとのご要望を広く承っています。

『本当に丸洗いで良いのですか?』と逆に質問すると、後に上記例のような本音を伺う事ができます。

上記例のような直接的な希望を伺う事で、ご相談者様にとって『迷う要素の少ないお見積り』が可能となります。

ぜひ上記例のような普通の言葉でご希望をお寄せいただき、余計な処置を含まない適切なお見積りをお受取り下さい。


着物は特別なモノ?
フツーのモノ?

誤った情報に右往左往してる?

着物は洋服で言うブラウス・ワイシャツ、寒い時期のワンピースやスーツ・コートです。

例えば1日着回したブラウスをハンガーで吊って一晩干して、あと何回もそでを通しますか? おそらく日本的文化に染まっていらっしゃる大多数の方の中ではそんな方は少数派でしょう。

着物クリーニングのど定番・丸洗いはドライクリーニングという汗汚れを一切除去できないクリーニング工法の延長線上にあるクリーニングです。 つまり丸洗いしたところで汗汚れは100%残ったままで納品されます。

高級店であろうが激安店であろうが、丸洗いしか注文しない場合は水にしか溶けない汗汚れの大部分は一切落ちず、「キレイにクリーニングしましたよ(汗汚れはそのまままだけどネ~。別にいいでしょ?)」と、納品されます。

これで着物クリーニングの目的は達成できますか? 着物みず洗いの料金表を見に来られた皆さま、いかがでしょう?

2,400円~という安さだけに注目した方も「安い洗い張りなのかしら?」と興味を持った方も、ぜひ自問自答してみてください。なんのために着物をクリーニングしたいのかを。

着物を丸洗いだけする、というのは言い換えれば『1日着たブラウスをハンガーで吊って干し、そのまま何回も着回すのよオホホ』と、同じです。

このような場合、ニオイは気になりませんか? もし安く(比較的ですが)ニオイや汗を大きく除去できるクリーニングがあれば気になりませんか?

(汗が100%残ったままの)丸洗いしたから、ニオイはとれた(と勘違いして)、クリーニングしたから安心!とお考えではありませんか?

当店が独自開発し提供中のみず洗いコースのうち、最安価格帯のAコースはニオイ・汗を大きく除去でき暑い国特有の着物の問題を安価に解決できる、ひとつの回答です。

『着物に新たな文化をもたらすかも』とさえ考えが及んでしまう、高温多湿の国・日本で最良のクリーニング・メニューだと信じ、日々提供しています。

ただ、水で絹を洗うので特有のリスクやトラブルもあります。

汗もニオイも激減できて、普通の丸洗い料金よりも安く、トラブルが何もない最高のクリーニング!・・・ではありません。 ざっくり言えば身丈がちょっと縮むし、色にじみのトラブルもあります。

丸洗いではほとんどないトラブルが、みず洗いでは日常的に覚悟する必要があるのです。 ・・・でも汗・ニオイ成分を除去できない丸洗いが良い、というのが完璧主義者の多い日本で現実広まっていたり・・・。

着物を(汗汚れは気にせず)安全にクリーニングできる事が安心なのか、多少変化を起こしてもニオイや汗をピンポイントで解決でき、なおかつ丸洗いクリーニングよりも安価~同程度の料金で利用できる事が安心なのか?

皆さまはどうお感じになるでしょう ───。

私どもが経験上申し上げられるのは、踊り・お茶のお稽古用、趣味の着物、着付けの練習用、さらに裏地のないタイプの暑い時期にそでを通す着物にはある一面からは最適とも言えます、という点です。

少し話が飛びます。 夏に着るゆかたのクリーニング、水で洗わない業者はいないと思います。なぜでしょう?

なぜドライクリーニング(丸洗いのベース技術)ではなく水洗いするのでしょう? 答えは簡単です。クレームが寄せられるからです。「ぜんぜんキレイになってない!ホントに洗ってくれたの?」と。「汗?ベトベトする! 変なニオイがする!」と。

つまり夏に肌に直接羽織るゆかたを洗う方法としては、昔から水で洗うのが当たり前なのです。ゆかたの主な素材である綿=コットンは、正絹以上に水で縮みます。 でも、綿や麻のゆかたは水で洗うのが当たり前です。縮むのに。必ず。

ゆかたをドライクリーニングしても汗汚れは一切落ちません。汗をたくさん吸ったゆかたを一晩干してアイロンがけし、納品するようなものです。

では着物の下に着る長じゅばんはどうでしょう? 着付けとしてはゆかた同様直接肌に触れるものです。 長じゅばんを丸洗いだけして納品して、現実には「クリーニングしたから安心!」という現実をどうとらえるか ───。

真夏に着る透け感満載の薄もの着物、じわっと汗が吹き出す時期に着る裏地のない単着物、まだまだ『暑いのに伝統に従うと選択しなければならない』裏地付きの袷着物はどうでしょう?

確実に汗を吸っている着物は、想像の遥か上を行くほどの数になります。真冬ですら汗をかくのですから。最高に寒い1月~2月にかけて着物を着るシーンは、室内が主だと思います。

移動時の車内・電車内、観劇の劇場、結婚式・パーティーの会場 ───寒くて震えることの方が多いでしょうか? 現代日本では、快適~少し暑い設定温度であるのが普通です。

真冬ですら、着物は汗を吸っています。

繰り返しになりますが当店の回答は『着物の形のまま安価に水で洗え汗・ニオイ汚れを解決できる』みず洗いAコースとなりました。

縮みや色にじみトラブルを回避したい、より大切なお着物へは多少割高ではございますがみず洗いBコース・Cコースもご用意しました。 これらも従来の伝統的水洗い手法・洗い張りに比べると非常に安価です。

徐々にではございますが一度みず洗い(そのほとんどがAコース)をご利用いただいた方の多くの方に浸透してきている、「ここだけでしか利用できないコスパに優れる(ちょっとだけリスクがある)新たなクリーニング」として定着しつつあるのかなぁ?と感じる今日この頃です。

貴女は汗を吸ったブラウスをニオイを気にせず干して着れる方ですか?

これは別の言い方ではニンニク口臭を気にしないタイプですか?という問いにも共通します。 どこでもどんな時でも、誰と一緒でも気にせずオナラをプップッできる・・・。(それが悪い事だとはまったく感じませんが)

人の鼻はニオイに敏感ですがすぐに慣れ、自分が着ている服のニオイはすぐに感じなくなりどんなニオイを発するかはわからないそうです。

「丸洗いしたから安心」とお考えの方の中にはこの文言にドキッ!とする方もいらっしゃると思います。

お家の洗濯でもスッキリニオイがなくなった状態で着られる服がほとんどの中、丸洗いしかしていない着物は「第三者からして『クサッ!』と感じられるかも!?」 ───

このリスクに耐えられるのなら、このページをこれ以上読み進めるのは時間の無駄と言えます。

「あ!着物着てる人がいる!ステキ!」 ~ (行き違う・・・残り香が)「げっ!なんじゃこのクッサイニオイは!?」

もしかして、知らず知らずにこのような状況におちいっているとすると ───?

「クリーニングしようかな」と検討に入っていた着物をクンクンチェックしてみてはいかがでしょう。

ご自身ですら「クサッ!」と感じる着物や長じゅばんの解決法として、ぜひ一度みず洗い(特にAコース)をお試しください、と申し上げます。

きっと ───きっと着物ライフが劇的に変化する・・・できると、私どもは信じています。

着物みず洗いコースの注意点・リスクまとめ

もしすれ違う他人のジャケットやブラウスやコートやワンピースを見て瞬時に「縮んでる!」「ちょっとしわが多い!」などを察知する能力のある方は別として ───。

多少縮んでも多少しわがあっても多少色にじみがあったとしても・・・当店が推察するのは「クサイニオイを発する着物(や洋服)を着ている方よりも、ほぼバレないですよ、という意見、どのようにお感じになりますか?

共感できる方はこのまま当店のみず洗いをぜひご検討ください。

共感できない方は、そもそも着物の伝統を大切に考えない当店の着物クリーニングは、残念ながら『向いていない』と言えるかもしれません。

正絹着物の格安洗い!
費用を気にせずお気軽に

当店が独自開発した格安着物みず洗いコースは夏もの・裏地無しひとえ着物や普段着系の裏地付きあわせ着物など、多くの正絹着物にとって新たな選択肢として生まれました。

 

着物の水洗いと言えば高額な洗い張りしか無かった事が、着物のクリーニングという点では着物衰退の大きな要因だったと感じています。

 

ご自身で楽しみながら着物を手洗い・お洗濯されている方も、イヤなニオイや汗のベトつきでこれまで高額なクリーニングでお困りだった方も ───。

 

一度当店のみず洗い各コース、中でも最安価格帯のみず洗いAコースを検討してみませんか?

 

インターネットで洗いクリーニングの低価格化が進む前の丸洗い料金の半額以下で、正絹着物が洗いできるのです。

 

ぜひ一度、まずは薄ものやひとえ着物からチャレンジしてみてください。

軽いはっ水効果に
強力なニオイ除去

  • 着物みず洗いクリーニングにはパールトーン加工ほどではありませんが、軽いはっ水機能が含まれます。
  • みず洗いには高いニオイ処理能力があります。
  • 汗をたくさん吸った正絹着物には最適の洗浄方法です。

不要ならみず洗いのみで注文

みず洗いA・B・Cコース
格安着物みず洗い料金表

格安着物みず洗いABC
各コース比較料金表

みず洗いBCコースは参考料金

この比較料金表は各コースごとの料金差をご理解いただく目的のため細かな説明は省いています。詳細情報につきましては各料金表のページでご確認ください。

準備中
裏地ありあわせ着物
格安着物みず洗いABC
各コース比較料金表


きもの医のホームページをご覧くださりありがとうございました。
m(_ _)m


友だち追加 LINE無料画像見積り
月~土曜 12~22時