新しい汚れならえり洗いだけ
えり洗いのみ注文

税込1,700円でえり左右10cmの
筋っぽい汚れを除去しよう!

当店へご相談の際はムズかしくお考えにならず、ご自身が希望する内容を下記のような普通の言葉でお伝えください。

着物のクリーニングの勉強をする必要はありません。

  • ○年○月○日までに戻してほしい
  • ○円までが希望
  • ○円を超えると出せない
  • 特定部分の見える汚れが気になる
  • えりの汚れが気になる
  • しわが気になる
  • アンティーク・中古着物でそでを通すのが気持ち悪い
  • 着物で一般的なクリーニングができれば良い
  • ニオイがキツくて着れない
  • たくさん汗をかいたから気になる
  • 丈を○○cm出したい、詰めたい
  • 幅を○○cm出したい、詰めたい
  • 反物を着物に仕立てたい
  • 水で洗いたい

「丸洗いをお願いしようと思うんですが・・・」とのご相談をよくいただきます。

しかし経験上、着物クリーニングで一般的な丸洗い(京洗い・生洗い・『屋号』洗い)の本当の中身を理解している消費者は多くない、と痛感しています。

それは着物販売店スタッフや着付け/お花/お茶/日本舞踊などの習い事の先生方やスタッフの方も同じです。

実はえりの筋状汚れなどごく一部を除き、正絹着物の見える汚れは手作業である格安汚れ落としえり拭き/えり洗い等部分洗い染みしみ抜き変色処理格安柄足しなどでの処置が必要です。

また仕上げアイロンだけのご利用も可能です。

丸洗いはえりやそで口以外の見える汚れをキレイにするのにあまり効果的だとは言えません。そのため当店では丸洗いセットを必須とせず、気になる汚れだけをキレイにしてとのご要望を広く承っています。

『本当に丸洗いで良いのですか?』と逆に質問すると、後に上記例のような本音を伺う事ができます。

上記例のような直接的な希望を伺う事で、ご相談者様にとって『迷う要素の少ないお見積り』が可能となります。

ぜひ上記例のような普通の言葉でご希望をお寄せいただき、余計な処置を含まない適切なお見積りをお受取り下さい。


長じゅばんの半えりにできた皮脂・ファンデーション汚れをえり洗い:1,700円で処置できたビフォーアフター画像
長じゅばんの半えりにできた首とこすれてできる皮脂・ファンデーション汚れをえり洗いだけでキレイにできたビフォーアフター画像

えり汚れだけならえり洗いのみ

他の汚れはどうでもいい!

それなら900円で利用する手もあり!?

えり洗いの会員割引料金を見る

 

えり洗いと組合せ可能なお手入れはこちら

 

長じゅばんの半えりにできた皮脂・ファンデーション汚れをえり洗い:1,700円で処置できる前の、ビフォー画像
えり洗い前の長じゅばんの半えり・首にこすれる部分のビフォー画像

かけえりにしか汚れがない、たった1回しか着用していない着物への『着物のド定番クリーニング:丸洗い』はオーバースペックのお手入れだと、独自見解でご案内しています。

 

さらに言えばそのかけえりの汚れ、実際の着用時に気になるほど汚れが丸見えになるほどの汚れでなければ、ご自身が「気にならない」と判断してしまえばお手入れをスルーする事も判断としてアリだと思います。

 

最近の高性能なファンデーションなどの化粧品には水分をたくさん含んでいるものも多く、もしその筋状の汚れが水分をたくさん含む化粧品や汗の成分だとすると早めのお手入れの方が料金的には安くできます。

 

(きもの医限定 水分を含む汚れには えり洗いではなく しみ抜きでのご注文がオススメです ───というか、しみ抜きでなければ落ちない確率が高いのです)

 

これは「そんなもんか」ととらえていただきたいのですが、洋服も着物も、人の体に触れたモノには避けて通れない運命があります。その代表が黄ばみという名の変色です。

 

ざっくりとした説明ですがリンゴをカットするとカットした面や皮を向いた面が時と共にどんどん変色するのは皆様ご存知の通りで、黄ばみ変色というのはそれと同じようなものです。

 

反物を裁断し、着物の形に縫い上げる際、和裁士さんの技術伝導によっては部分的にまっすぐ縫いやすいため『足指で布地をはさんで』突っ張った状態で処置したりするそうです。

 

足指と足指の間のyogoreは? ───。

 

縫いの工程の際、頭の油やちょっと口に含んですべりを良く?して縫う工法もあります。

 

センシティブなお話ですが、着物は着物として販売されるまで、人々の手指足指、いろいろな成分にまみれて製品化されるのです。

 

長じゅばんの半えりにできた皮脂・ファンデーション汚れをえり洗い:1,700円で処置した後のアフター画像
えり洗い後の長じゅばんの半えり・首にこすれる部分のアフター画像

画像で見られる汚れはどれだけ汚れていたものがどれだけキレイにできたかをビフォー・アフターとしてご案内しています。

 

そのため実際にお召しの際に、汚れがある状態でどこまで目立つか、正直わかりません。

 

ただしその後の保管時に「汚れを見たくない」、「将来必ず起こる変色の抵抗策」としては一定の効果があるのは確かです。

 

えりの汚れだけは『絶対に避けては通れない』ので、必要以上に気にする必要はないと思います。

 

「丸洗いはそれほど出さなくても良いです」と発信している以上、注意点として記載する必要があると判断しました。

 

丸洗いに出していれば私どものような悉皆屋から「ここは処置しておいた方が良い」とのアドバイスが受けられます。

 

その意味では黄ばみの出現を遅らせる事が、できると言えます。(微妙な言い回しですが)

 

もちろん費用はその分割高になりますので、お手入れに出す際にはお客様の想い、着物の状態次第でケースバイケースでご判断ください。

 

汚れが付着して早ければ1年、遅くて5~7年くらい、タンスの中でジ~~~ッと寝かし続けると汚れ部分にカビが発生して黄ばみへと進行させます。カビが関与しない黄ばみもあります。たいていは手で触った部分など人の体の表面にある皮脂が付着した部分です。

 

当きもの医では黄ばみ対処のいの一番として、年2~4回程度の陰干し&汚れチェックをオススメしています。汚れの発見が早ければ早いほど、黄ばみが薄ければ薄いほど、キレイにする費用、ご負担いただく金額が低く抑えられます。

 

えりの筋状汚れ

 

下の画像はえりに筋状の汚れがわかりやすくできていたものです。

 

お見積もりの際には水溶性の汚れが隠れている可能性が高ければ"えり洗い"よりも"しみ抜き"での処理をオススメいたしましたが費用の面でひとまず えり洗い1,700円をご注文いただきました。(ビフォーアフターとしてご覧ください)

 結果的にはお客様の狙い通り"えり洗い1,700円で実際の着用時にはほとんど問題のないレベル(第三者に汚れているとバレない)にできました。

 

お客様にはお喜びいただけ、私どもは「これで次また利用していただける(・・・しめしめ)」と大団円にまとまったご注文となりました。

 

仮に見積もり通り えり洗いの後に水溶性の汚れが残っていて、それを しみ抜きした場合の料金計算は次のようになります。

えり洗い 1,700円 + しみ抜き2,400円(仮定)

4,100円

ところがお見積もりどおりに えり洗いをなしにして しみ抜きだけでご注文いただいた場合はとってもお得な料金だったのです。

しみ抜き2,400円(仮定)=2,400円

 

きもの医ならではの注文マジック、とでも表現するのがピッタリきます。

 


【会員特典】えり洗いを
900円割引で利用する方法?


 

特に着物を着慣れない方の場合はヘタをするとたった1回のごくごく短時間の着用でも"えり"に筋状の汚れができる事があります。

慣れた方でも2~3回着用するとやはり筋状の汚れができます。

 

着物を陰干ししながらチェックする際、よく観察すればどなたに限らずこの"えり"の筋状汚れは確認できます。(汚れがない時はもちろん発見できません)

 

着用時、肩や頭を同時に動かした時にスッと首やアゴにこすれてできる汚れですので、注意して着用すれば汚れにくいとは思いますが、当店に届くお着物のうち1度も"そで"を通していない着物を除けばほぼ100%の確率で"えり"汚れは発見できます。

 

その汚れがご自身にとって気になる汚れと感じるかどうかが最大の見極めポイントだと思います。

 

もう一つの見極めは次のポイントです。

上の画像のように広げてしまえば筋状汚れはハッキリくっきりしますが、着用時はこの部分は折り込んだ折り目に当たる部分ですので、着用している時はそんなに目立たない可能性がある、というポイントです。

 

結局着用される方が気になるか気にならないかでご判断いただくのが一番良いと考えています。

-えりの筋状汚れだけが気になるならえり洗いを
まる洗いをベースにした着物お手入れを考える必要はなくなりました

きもの医のホームページをご覧くださりありがとうございました。
m(_ _)m