その手が!?着物の染みしみ汚れを
より安くキレイにする方法

当店独自サービスとの合わせ技で
実現できる低価格と高い品質

当店へご相談の際はムズかしくお考えにならず、ご自身が希望する内容を下記のような普通の言葉でお伝えください。

着物のクリーニングの勉強をする必要はありません。

  • ○年○月○日までに戻してほしい
  • ○円までが希望
  • ○円を超えると出せない
  • 特定部分の見える汚れが気になる
  • えりの汚れが気になる
  • しわが気になる
  • アンティーク・中古着物でそでを通すのが気持ち悪い
  • 着物で一般的なクリーニングができれば良い
  • ニオイがキツくて着れない
  • たくさん汗をかいたから気になる
  • 丈を○○cm出したい、詰めたい
  • 幅を○○cm出したい、詰めたい
  • 反物を着物に仕立てたい
  • 水で洗いたい

「丸洗いをお願いしようと思うんですが・・・」とのご相談をよくいただきます。

しかし経験上、着物クリーニングで一般的な丸洗い(京洗い・生洗い・『屋号』洗い)の本当の中身を理解している消費者は多くない、と痛感しています。

それは着物販売店スタッフや着付け/お花/お茶/日本舞踊などの習い事の先生方やスタッフの方も同じです。

実はえりの筋状汚れなどごく一部を除き、正絹着物の見える汚れは手作業である格安汚れ落としえり拭き/えり洗い等部分洗い染みしみ抜き変色処理格安柄足しなどでの処置が必要です。

また仕上げアイロンだけのご利用も可能です。

丸洗いはえりやそで口以外の見える汚れをキレイにするのにあまり効果的だとは言えません。そのため当店では丸洗いセットを必須とせず、気になる汚れだけをキレイにしてとのご要望を広く承っています。

『本当に丸洗いで良いのですか?』と逆に質問すると、後に上記例のような本音を伺う事ができます。

上記例のような直接的な希望を伺う事で、ご相談者様にとって『迷う要素の少ないお見積り』が可能となります。

ぜひ上記例のような普通の言葉でご希望をお寄せいただき、余計な処置を含まない適切なお見積りをお受取り下さい。


着物しみ抜きクリーニング料金を
考え方と効率化でお安く実現中!

着物文化維持に不可欠な課題は
着物のしみ・汚れを処理する高額な
しみ抜き料金イメージとの戦い

料金のカベが超えられればほとんどの汚れを
除去可能!革新技術で着物を再生します


当店におきましては、着物のしみ汚れを除去するために必要な技術面のハードルはすでに超えました。

 

私どもでは次の課題として選んだテーマ・着物しみ抜きクリーニング料金の高額なイメージをいかにこわすかを真剣に見当し、さまざまな施策を実施中です。

 

正絹に対して使えない溶剤などの問題で、どうしても除去できない汚れの種類はあるものの、そういった汚れのある着物は日々届くご注文品にはごくわずかです。

 

当店が次に越えるべき課題は着物のしみ汚れをいかに安くキレイにできるか、というステージに入っています。

 

そしてその課題もここにきてクリアできる手応えを感じ始めました。

 

普通、着物のしみ汚れ除去は手作業で行うしみ抜きで処置します。染みぬきのみでの処理は、全てが手作業で行います。

 

染みぬき作業はしみ・汚れを落とす作業染みぬきに用いた洗剤を1ヶ所ずつキレイに流す作業が必要です。

 

これはクリーニング業の基本で、できるだけ布地の中に汚れや洗剤の成分が残らないようにするのを目的として必ず行います。

 

しみ抜きの作業工程・流れ
  作業内容 時間配分
1

汚れ落とし

30%
2

すすぎ

30%
3

ぼかし&乾燥

ぼかしとはしみ抜き処理を行った部分と処置していない境界線に輪じみなどを残さないようにする作業です。

40%

しみ・汚れを落とすのため1を繰り返し、輪じみにならないよう2~3を繰り返します。

しみ抜き作業には
すすぎぼかしが必ず必要


上の表にある通り汚れを落とす→すすぐ→ぼかしながら乾燥させる、という一連の作業を「しみ抜き」と表現しています

 

汚れを落とすだけではしみ抜きは終われません。

すすぎとぼかし&乾燥までを行い、ようやく1ヶ所のしみ抜きが終わるのです。

 

この一連の作業を省けないため、しみ抜きはトータルで料金がかさむ最大の原因となっています。

当店が使用している洗浄剤は業界最高性能の品質ながら「え?そんなもんなの?」と感じるくらい安い価格で入手できます。

 

着物しみ抜き料金を画期的に
安くする方法が見つかった!

しみ抜きを安くできないか?
汚れ除去すすぎぼかし
必ず必要だし・・・

ハッ!
当店には秘密兵器があった!
格安着物みず洗いコースが!
2,400円~のみず洗いAコースが!

 

当店ではもともと汗汚れ処理ヒドいニオイ除去を劇的安価で処理する方法として、格安着物みず洗いコースを開発・サービス提供いたしておりました。

 

着物のしみ汚れを安くするためにはいかに手作業での処理を少なくするかが大きな課題でした。具体的にはすすぎぼかし&乾燥が。

 

突出して注文数の多い最安価格帯のみず洗いAコースで汗汚れやニオイ汚れを処置していく中で、汚れの多い着物に対してこの技術を流用できる、という事に気づきました。

 

みず洗いAコース(もちろんB/Cコースとも)を作業の最終段階で行う前提で先にシミ抜き処理の最初の作業・汚れ落としを行うと、料金値下げがさらに可能になる事がわかってきたのです。

 

しみ抜きの作業工程・流れ
  作業内容 時間配分
1

 汚れ落とし

30%
2

 すすぎ

30%
3

 ぼかし & 乾燥

40%

しみ・汚れを落とすのため1を繰り返し、輪じみにならないよう2~3を繰り返します。

先ほどと同じ表を使ってご案内します。

 

しみ抜きを成功させるには表にある「1.汚れ落とし」は必ず必要です。そして「2.すすぎ」も。

 

しかしつきつめて考えてみると、本来なら1~4回程度必要なすすぎはしみ抜き後にみず洗いするなら、1回行うだけで複数回の処置は不要にできます。なぜなら最終的にみず洗い時に洗い流せるから

 

では「3.ぼかし&乾燥」はどうか?しみ抜きの一連作業として省けないか?

 

ぼかしも乾燥も、処置した部分としていない部分に境界線を残さないようにする作業で、通常数回繰り返す必要があります。必要があるものの ───。

 

最後にみず洗いを行うなら、省けるシーンが数多くあると判断する事ができました。

 

つまり、しみ・汚れによってはまったく不要になる、または1度程度で処理を終わらせる事が可能なことがわかったのです。

 

しみ抜きの時間配分は表の通り、おおむね汚れを落とすメインの作業が30%、すすぎが30%です。

 

ぼかし&乾燥がまったく不要なら、しみ抜き全体にかかる時間のうち40%も削減できます。仮に10分かかるしみ抜きだったとしたらそのうち4分が省けるのです。

 

汚れ落とし30%にすすぎ30%・・・このすすぎも1回こっきりで良いのなら、30%が10%~20%にできる場合まであります。

 

そうなるともともと安く設定しているしみ抜き料金が、さらに安く出来ます。

 

当店は作業時間と洗浄材料代金の2つの組み合わせでしみ抜き料金を算出している時間課金方式です。

洗浄材料はそれほどかからないので、しみ抜き料金の課金は「どれだけ時間がかるのか」が大きなポイントになります。

 

時間課金→何分で処理できるから○○円という算出法です。

 

そのため作業時間を少なくできる事は、直接しみ抜き料金の値下げにつなげる事ができました。

 

みず洗い追加だと余計に料金が
かかって結局高くなるんじゃ?

みず洗いAコースの中心価格は
3千円台、しみ抜きは1ヶ所で・・・

しみ抜きだけで汚れを処理する方が高くなる?

普通に「そんなワケないじゃない!」とお感じだと思います。

 

着物の汚れの状態や汚れの数、汚れの種類など、お着物ごとにより違いが出ます。

 

次の章で例に出す手のひら大の汗ジミがわんさかあるような着物の場合、手のひら大のしみ抜き料金は安く見積もっても1ヶ所1,200円はかかるでしょう。

 

場合によっては1,800~3,000円くらいかかる事もあります。

 

1ヶ所1,200~3,000円のしみが8ヶ所あったとします。

 

→1,200円✕8ヶ所=  9,600円

→1,800円✕8ヶ所=14,400円

→3,000円✕8ヶ所=24,000円
※正直、これでも料金相場的には格安です。(^^;

 

ご相談のお着物が淡い藤色の小紋・裏地付きとして・・・
みず洗いAコース料金は 2,900円です。

 

1ヶ所平均 1,200円のしみ抜き料金がかかる汚れだった場合、50%の作業を省ければ50%安くできます。なんと1ヶ所600円です。

 

→(1,200円✕50%)✕8ヶ所=  4,800円

→みず洗いAコース= 2,900円

= なんと合計 7,700円に!

マイナス 2,200円達成!

 

どのお着物に対しても毎回こんなにうまく料金が安くできるかは断言できません。

 

ただ着物全体の汚れを大幅にキレイにする、という面だけではなく、みず洗いそのものの持つその他の効能が計り知れません。

 

水で洗った衣服の快適さは誰もが肌で実感した経験があると思います。

 

正絹着物でも水洗い特有のスッキリ感や快適さは一度ご経験いただくと『本当にどの着物もみず洗いしたくなる!』とご実感いただけるだけのパワーがあるのです。

 

着物全体の汚れを安く洗い上げるだけでなく「水で洗った」というひとつの満足感が、さらにお着物に愛着をもたらすのでは、と考えています。

 

みず洗いを組み合わせる事で料金を安くでき、よりキレイに洗い上げられる可能性のあるたくさんの汚れにまみれたお着物へは、ぜひ一度この必殺合わせ技でのクリーニングを検討してみてください。

 

クリーニングに出す気がなくとも検討中の疑問などをお知らせくださればできるだけわかりやすくお見積りさせていただきます。もちろんクリーニングのご注文につながらなくても結構です。

 

ご相談は気兼ねなく、気楽なお気持ちでお寄せ下さい。

 

しみ抜きのみ、みず洗いとセット処理
2つのお見積り・ご注文のやりとり

予算を考え部分的処理でおさめる?
少々予算オーバーで縮みリスクがあれど
この際着物全体をキレイにする?


例)着物全体に大きな汚れがある
お着物のご相談
かなり汗をかいたので陰干しし、その後保管して
いた着物にアチコチ手のひら大の輪じみが!

その1 それでも安くてお得なのですが・・・

この例でご案内の内容は汗をたくさん吸って陰干し後、しみになってなかったのでそのまま保管していた着物の例です。トラブル内容は久しぶりに着ようと出してみたら胸・そで・背中・おしりなどアチコチに手のひら大の輪じみが出現していた、というもの。

 

着物染み抜きクリーニングの全国平均の料金相場ではおそらく2.5~4万円を越える超える費用の請求になると推測できる状態の、汚れの多い着物例です。


 

「この全体の汚れ、キレイにできる?」

→ はい、可能です。

 

「それでおいくら?
(予算の1万円以内ならお願いしよっかな)

みず洗いA+しみ抜きで1.2万円、
シミ抜きのみなら最安1.8万円~
最高で2.5万円ほどになります。

 

「・・・
(おっと!まさかの全見積りで予算オーバー!
 ・・・安いって言うから相談したのに・・・)

じゃ、みず洗いせず染みぬきで胸と背中の
汚れだけキレイにするなら?」

→ それなら8千円でイケます。

 

(ホッ。なんとか予算内!)
そう、じゃそれでお願いします。」

→ ありがとうございます。

 


 

→仕上がりました。送ります。

 

「んん。なるほど。キレイに
   なってる。注文した部分だけは・・・」

 


 

その2 みず洗いAコースと組み合わせたら

― 中略 ―

みず洗いA+しみ抜きで1.2万円、
シミ抜きのみなら最安1.8万円~
最高で2.5万円ほどになります。

 

 

「・・・
(おっと!まさかの全見積りで予算オーバー!
 ・・・安いって言うから相談したのに・・・
 でも・・・HPに書いてあったな・・・
 より安くよりキレイにできるって・・・)

じゃ、みず洗いAコースと染みぬきで
全体をキレイにしてもらおっかな?

 

→ みず洗いAコースとしみ抜きで1.2万円
ですね。かしこまりました。

 

 

(チッ。予算オーバーだってのっ!
 これでキレイになってなかったら・・・)
そう、じゃよろしくお願いします。」

→ ありがとうございます。

 


 

→仕上がりました。送ります。

 

「んんんっ!なるほど!確かにキレイに
   なってる! 何よりスッキリ仕上がってる!
 なるほど。縮みと型くずれってこんな感じなのか・・・
 ま、ちょっと大きめだったからいいんだけど!」

 

※平均的な縮み方として、1ミリ~15ミリ程度縮んだとします。

 


 

いかがでしたか?

 

2つのご注文パターン、それぞれに魅力を感じたり「やっぱり正絹の水洗いはやめておいた方が無難」とお感じになりましたか?

 

ご注文内容やご予算によっては、最初の注文例のように「特に気になる汚れだけをしみ抜き処理して」、とのご注文が半分くらいあります。

 

そして時には後の注文例のように「みず洗いAコース+しみ抜きで総合的に安価にキレイにして」とのご注文が半分くらいあったりします。

 

留め袖や訪問着など礼装着物はしみ抜きだけで、とのご注文が多いイメージです。

 

ほとんどしみ抜きのみで指定部分のみ・・・かもしれません。

訪問着や紋入り色無地は半々くらいでしょうか。

 

小紋や色無地、つむぎなどの普段着、喪服、お茶・お花・日本舞踊などケイコ用着物、いただきものや中古で入手したものなどは圧倒的多数がみず洗いAコースとの合わせ技でのご注文です。

 

しみ抜き料金自体お安く提供している当店ですが、みず洗いAコースと組み合わせる事で限りなく安くでき、ご利用いただいた皆さまへ幸せをお届け中です。

(と、お店側では信じているところです)

 

みず洗いAコースに関しては
注意すべきリスクもあります

みず洗いAコースは使いようで
最高最良のクリーニング方法に
リスクをよくご理解ください

 

当店の格安着物みず洗いコース、中でもAコースは日本で唯一数千円台で正絹着物を水洗いできるコースです。

 

このみず洗いAコースは裏地の無いタイプの薄もの・ひとえ着物なら安いもので2,400円より水洗いできるコースで、特に水で処理しなければならないタイプのしみ・汚れの染み抜きクリーニング料金を安くするのに非常に有効に働きます。

 

ただ正絹は水で洗う事で絹の縫い糸と布地がほんの少し縮みます。着物によっては型くずれ感が出るものもあります。

 

みず洗いAコースには和裁による補正が無く、その点みず洗いB/Cコースとのもっとも大きな違いとなっています。

 

多少縮みが出ても型くずれ感があっても「汚れた着物のまま着るよりマシだ」と考えられるお着物に対しては、コストパフォーマンスに優れたキレイ品質をお届けできる、とても良い選択となります。

 

着物に不慣れな着物初心者の方が初めての着物クリーニングでみず洗いAコースをご利用になるのはオススメできません。

 

もしみず洗いAコースに興味を持たれた場合は、フラットなお気持ちでお着物の寸法についての情報や着用シーンなどを詳しくお知らせくださればできるだけわかりやすくご案内させていただきます。

 

きもの医のホームページをご覧くださりありがとうございました。
m(_ _)m


友だち追加 LINE無料画像見積り
月~土曜 12~22時