着物のお尻に生理時の経血が!
着物染み抜きしみぬきビフォーアフター

血じみ処置は安価に大成功

当店へご相談の際はムズかしくお考えにならず、ご自身が希望する内容を下記のような普通の言葉でお伝えください。

着物のクリーニングの勉強をする必要はありません。

  • ○年○月○日までに戻してほしい
  • ○円までが希望
  • ○円を超えると出せない
  • 特定部分の見える汚れが気になる
  • えりの汚れが気になる
  • しわが気になる
  • アンティーク・中古着物でそでを通すのが気持ち悪い
  • 着物で一般的なクリーニングができれば良い
  • ニオイがキツくて着れない
  • たくさん汗をかいたから気になる
  • 丈を○○cm出したい、詰めたい
  • 幅を○○cm出したい、詰めたい
  • 反物を着物に仕立てたい
  • 水で洗いたい

「丸洗いをお願いしようと思うんですが・・・」とのご相談をよくいただきます。

しかし経験上、着物クリーニングで一般的な丸洗い(京洗い・生洗い・『屋号』洗い)の本当の中身を理解している消費者は多くない、と痛感しています。

それは着物販売店スタッフや着付け/お花/お茶/日本舞踊などの習い事の先生方やスタッフの方も同じです。

実はえりの筋状汚れなどごく一部を除き、正絹着物の見える汚れは手作業である格安汚れ落としえり拭き/えり洗い等部分洗い染みしみ抜き変色処理格安柄足しなどでの処置が必要です。

また仕上げアイロンだけのご利用も可能です。

丸洗いはえりやそで口以外の見える汚れをキレイにするのにあまり効果的だとは言えません。そのため当店では丸洗いセットを必須とせず、気になる汚れだけをキレイにしてとのご要望を広く承っています。

『本当に丸洗いで良いのですか?』と逆に質問すると、後に上記例のような本音を伺う事ができます。

上記例のような直接的な希望を伺う事で、ご相談者様にとって『迷う要素の少ないお見積り』が可能となります。

ぜひ上記例のような普通の言葉でご希望をお寄せいただき、余計な処置を含まない適切なお見積りをお受取り下さい。


このページで紹介している画像の一部には不快な気持ちになる可能性があるものが含まれます。
 第三者の血液に対し不快感・嫌悪感を感じる方は画像をご覧にならず、内容だけ読み進められる事をオススメいたします。

血の染みしみができたら!の注意点

血の染みしみができたらアセる事だと思います。

ですがご安心下さい。血や経血・おりものの染みしみはできたばかり~数日~数十日程度なら比較的簡単に、お安くキレイにできる染みしみのひとつです。

ここで重要な注意点をご案内いたします。

ちょっとした汚れができた時「なんとか簡単に落とせるんじゃ?」ととっさに処置したくなったり、実際に手当してしまう事もあると思います。

思い出してみて下さい。成功も失敗もあった事でしょう。

血やおりもの系の成分を食材に例えるのは不謹慎かもしれません。ですが非常にわかりやすいのであえて食材で説明します。

炒めた卵料理の後片付けと同じ

卵。

生卵を使った料理の皿洗いは簡単です。

食後の生卵料理のお皿は少しヌルヌルが残っていたり乾いてカピカピになって見た目によくありません。でもすぐに洗えばサクッと汚れが落ちます。

ところが火を通した(油が少ない)卵料理の際、フライパンやお皿などこびりついて金タワシでゴシゴシゴシゴシ落とした経験がある方も多いでしょう。

もうおわかりだと思います。

血液系の汚れは卵の汚れと非常に似た性質を持ちます。

特に熱を加えてしまうと(当店独自の表現で)「生地にカミついて落としにくく」なる汚れの代表選手です。

炒めた卵料理で汚れたお皿はゴシゴシ洗えます。ゴシゴシゴシゴシこすって水に流し、まだ残っていたらまたゴシゴシゴシゴシ・・・。

正絹生地にそのような処置は不可能です。ではどうすれば?

非常に重要なのは絶対に熱を加えない、これにつきます。さらに言えば早めのクリーニングが最善の策です。

 

経血・おりもの汚れはクリーニングへ

「あ!血がついた!」という血液汚れは瞬時に適切な処置を加えれば落ちない汚れではありません。

ですが様々な成分が混じった経血・おりもの汚れについてはご自身での処置をあきらめ、ぜひ染み抜きしみぬきクリーニングへお出しくださるようオススメします。

 当店のスタンスは「気にならない汚れは汚れじゃない」考え方に共感し、「ご自身がムダと感じるクリーニング処置は不要です」と案内しています。
 ただし経血・おりものの汚れについては染み抜きしみぬきの難易度が高いため、何も処置せずそのままの状態で早期にクリーニングに出す事をオススメしている次第です。
 血液・おりものが完全に乾いていない際は乾いたタオルやキッチンペーパーで吸い取れるだけ吸い取るのはアリかもしれません。
 ただし水や洗剤を使ってしまうと逆に染み抜きしみぬきクリーニング料金がかさむ可能性も出てきます。

どちらの着物専門クリーニング店をご利用されるにせよ、経血・おりもの系の汚れは処置せず、できるだけ早い処置が結果的に「良かった!」につながります。

特に当店の利用をご検討の節は、何も処置せずできるだけ早めにご注文いただければと思います。(汚れが出来た直後、乾いて無ければ紙やタオルで抑えて吸収するくらいは良いかもしれません)

経血・おりもの汚れは早ければ早いほど生地へのダメージを少なく、安くキレイに処置できます。

お急ぎの際は下記より無料お見積りをご利用くださいませ。


経血染み抜きしみぬきビフォーアフター

着物染み抜き料金付きクリーニングビフォーアフター画像:お尻にできた生理の経血汚れ3ヵ所の汚れの状態とキレイに染み抜きした後の対比画像
汚れができて1ヶ月後の処置だったので費用もよりお安くキレイに染み抜きでキレイにできました。

今回の画像は汚れの原因を鑑みて、画像から「誰の」「どの着物」かの特定を防ぐ目的で、染み抜きしみぬきクリーニング画像としては不適切でタブーな『画像加工』を加えています。

元の胴裏の色は画像の色目ではありません。また汚れ自体、キレイになった跡などへの加工は行っておりません。予めご了承下さいませ。


比較的新しい経血汚れは完全解決しました。

処置は染み抜きだけで完結・解決しました。今回の経血汚れは汚れた当日にご相談いただけたため、『非常に簡単に落とせる汚れ』扱いでした。(実は少し苦しんだ部分がありましたが・・・それは後ほど)

汚れた当日に画像をいただけました。見てすぐ判断しました。「問題なく安く解決できる」と。

着物を無事受け取りました。十分に満足できる仕上がりでした✨

納品直後にいただいたお言葉です。このようにほぼ完璧に処置できました。

着物に経血汚れができて緊急事態の方は、このページの巻末、着物の経血汚れ染み抜きしみぬき利用時の心がけポイントだけでもご参照ください。

染み抜きしみぬきクリーニング成功顛末てんまつ

ご自身では何もせずご依頼に

着物は高級だと思う方が多いので、クリーニング店は大変だと思います。着物もツマミ洗いしようかと思いましたが、さすがに止めておきました。

これは非常にナイスなご判断でした。着物のお尻に血がついたりすれば普通は「ギャーッ!! あわわっあわわっ!」とあわてふためき何かしたくなるはずです。

たまたま濃い色合いのお着物だったので表地には響いて無く、帰宅後に脱いで発見したとしても素晴らしいご判断だと言えます。特に安く済ませるためには必須の方法が「何もせクリーニングに」が大正解だったのです。

汚れの部位が背縫いせぬい部分に当たる胴裏どううら2枚と表地2枚、合計4枚も重なり合って縫い込まれている非常にややこしい部位でした。

もしご自身で処置していた場合・・・必ず水を持ちいるはずです。ご存知のように布にシミた水は少し大きくふくらんで乾き、着物では特に輪じみという『別の比較的大きな汚れ』を作ってしまう事でしょう。

そうなれば今回ご提供の料金よりも割高についた可能性は非常に大きかったと思います。その意味においてこちらのお客さまのご判断には頭を下げる思いでいっぱいでした。「ナイスです!」と。

CLクリーニングに出すつもりはなかった

そで汚れくらいだったら、まだまだクリーニングには出さなかったと思います。スミマセン💦

多くの方が共感できるお言葉でしょう。私どもは悲・・・いいえ、グチは口にいたしません。(^^;

楽しくお召しになったら経血が付着してしまい、「どうせなら早めにクリーニングに出そうか」とのご依頼でした。

結果としてはすぐにご相談ご依頼いただけた事が直接結果に結びついた好例と言えます。

あえて申し上げれば・・・半年後くらいでも多少割り増し料金になる可能性はあるものの、十分キレイに落とせる状態でした。

画像で見るビフォーアフター

着物染み抜き料金付きクリーニングビフォーアフター画像:お尻にできた生理の経血汚れ3ヵ所の汚れの状態。LINEでお送りいただいた最初のご相談時の画像
最初のご相談時にお送りいただいた画像です。汚れができた当日のものだそうです。
着物のお尻にできた経血汚れのしみ抜き処置の途中風景画像
経血汚れ処置の途中経過風景です。●▼◆と○▷❐の混合溶剤です。最後に水ですすぎます。
着物染み抜き料金付きクリーニングビフォーアフター画像:お尻にできた生理の経血汚れ3ヵ所の汚れの状態。しみ抜きクリーニング完了時の画像
系かつ汚れ染み抜き完了後の画像です。3ヵ所で2,800円。


画像から「誰の」「どの着物」かの特定を防ぐ目的で、染み抜きしみぬきクリーニング画像としては不適切でタブーな『画像加工』をあえて加えています。

元の胴裏の色は画像の色目ではありません。また汚れ自体、キレイになった跡などへの加工は行っておりません。予めご了承下さいませ。

普段着だから目立たなければOK

普段着ですので、あまり神経質には考えていません(^^)
普通のお出かけ着物ですので、 パッと見で分からなければいいです。

安さと品質を天びんにかけ、「バランス良くしてね、安さは絶対!」とのご意向だと受け止めました。

これは着物の汚れを安くキレイにする宣言をしている当店だけに見られる傾向なのかもしれません。ですが皆さま、やはり強く共感できるのではないでしょうか?

いくらかかるかわからない着物専門CLクリーニングの世界では、どう考えても皆さまのお考えはごもっともです。

訪問着であろうと紬であろうと付下げ・小紋・色無地に紅型・振袖、果ては黒留袖色留袖であろうと ───、

この場をお借りして申し上げさせて下さい。ご自身が気にならない汚れを処置する昔ながらの『高級』着物CLクリーニングの概念をとっぱらいませんか?

当店は新たな常識として広めようとしている概念、「私が気にならない汚れは汚れじゃない!」という考え方が定着するのを下支えしてまいります。(大宣伝ですみません)

血のシミ自体は恥ずかしいものではありません。ただ女性の立場で言えばもっとも人に見られたくない汚れで『恥ずかしく感じる』のは仕方がない事です。

当店のような全国向けのネット着物クリーニングショップは直接顔を合わせずご利用できるのが不安な方が大多数だと思います。

ただし今回ご案内の生理時の経血汚れがおしり付近にできてしまった際は、恥ずかしがる必要もなく利用しやすい ───そのように広まっていければ「より役立てれる」と感じます。

2千円以内を希望します

二千円以内できれいになりますか? お返事よろしくお願い申し上げます。

本来、最初に画像と共にいただいたご相談に「2千円まででできなくともなさそう」とイメージしていました。

結果的には画像にあるように染み抜きしみぬきクリーニングとして2,800円という費用になりました。それはその後いただいた諸情報とテスト処置で新たな問題が浮かび上がったからでした。

その最大の要因は 後ほどご案内させていただきます。

実際の画像による無料お見積り

当店が画像と共にいただいた情報を元に、当初提示した(仮)見積もりプランです。

  • ①指定血液しみ処理◎1,200~1,800
  • ②脱色・色うつり時補正処置▼1,800~8,800
  • ③ほどいた状態で処置→再縫い合わせ▼3,000

※◎=しみ抜き返金対象 // ▼=対象外

お客さまがご選択なさったのは上記①指定血液しみ処理のみでした。

②脱色・色うつりプランは濃色の着物で水で処置する必要のある場合は必須の項目です。

上にあるように濃色の着物でしたので可能性として非常に少ないとは言え脱色・色うつりは否定できません。もし仮に脱色・色うつりが起きれば補正処置が必要となります。

そのため画像を元にした(仮)見積りではあるものの、しっかりと補正費用としてプランに含めさせていただきました。

今回のケースでは脱色も色うつりもなく、その点においては順調に進んだと言えます。多くの血液しみ抜きでのケースと同様でした。

結果的には画像にあるように染み抜きしみぬきクリーニングとして2,800円という費用になりました。それはその後いただいた諸情報とテスト処置で新たな問題が浮かび上がったからでした。

その最大の要因は ───

ガード加工・地色・のり、そして
キセ※1の影響と輪じみ問題

※1 キセ 着物を縫い上げる際、縫い目を見えないようにする着物独特の伝統ルールで、布の片側を少しかぶせて折り目をつけた状態・部分を『キセ』と言います。
 このキセ(折り目を付け縫い目をかくす事)を『キセをかける』と表現します。

次の言葉は当初の納期から遅れていたため「まだですか?」と問合せを受けた際に回答した文章の抜粋です。

理由はちょうど縫い目にあたる部分にまたがって、なおかつ『キセ』の内側にあるため、少し強めの処置ではキズが入ってしまうかも、というものです。

下の2つ(の経血汚れ)はほぼ問題解決していますが、おそらく生地・表地にかけてあるのり染み抜きしみぬきで若干流れ出し、薄い輪じみになっているのをどの程度解消するか、という懸案も残っています。

ここまでの費用見積もりは全て処置しきって3千円弱、と見ています。

本来、最初に画像と共にいただいたご相談に「2千円まででできなくともなさそう」とイメージしていました。

結果的には画像にあるように染み抜きしみぬきクリーニングとして2,800円という費用になりました。それはその後いただいた諸情報とテスト処置で新たな問題が浮かび上がったからでした。

それが着物の濃い地色とのりとガード加工、そしてキセの影響とそれらが起こしたであろう処置後の輪じみ消し工程の長期化でした。

ざっくり言えばこれらは全て染み抜きしみぬきにはジャマな存在です。ですがそれが着物というもの、どうしようもありません。(^^;

特に今回の3つの経血汚れのうち、もっとも上の小さな汚れはキセの内側にあったため、シミ抜き溶剤が表地2枚と胴裏2枚の縫い代に響き渡り、少々時間がかかってしまいました。

しみ抜きしてすすぐ際にできるとってもしつこい輪じみについては、作業完了時のスタッフ間の申し送りで「つい最近かけたガード加工」と「のり」のどちらかが犯人では?との結論を得ました。

いずれにしましても無事解決でき、当初予定を大幅に上回る事なくご納得の費用でご返納できた事で胸をなでおろせたのです。

繰り返しになりますが費用が大幅に増えなかったのは、どこまでもお客さまが何も処置せずそしてスピーディーにクリーニングに出していただいた事が最大の要因です。

着物に血や経血汚れをつけてしまっておアセリの皆さまもここまで何も処置していなかったとしたら ───、ぜひそのまま写真を撮って画像をメールかLINEでお送りください。

数ヶ月悩んだ後よりも、必ずお得な費用で処置できると思います。

着物の経血汚れ染み抜きしみぬき
ご利用時の心がけポイント

経血汚れは落ちるケースがほとんどです。まずご安心下さい。

早ければ早いほど安くキレイに落とせます。

汚れができてもグッとガマンして何もせず送っていただくと費用を抑えられます。

そうは言っても外出時、表地に血がにじんできたらなんとかしたくなるのは人情です。

何らかの処置をする場合強い言葉ですが絶対に熱を加えないよう注意してください

また正絹しょうけん着物は濡れている時は絶対にコスってはいけません。これらの点に注意し、ご希望の叶う着物専門クリーニング店へお早めにご相談下さいませ。

きもの医のホームページをご覧くださりありがとうございます。
m(_ _)m


持って行って相談できない店

だから安価が現実に

◆当店は《着物を安い料金でキレイにしみ抜きしたりクリーニングしたりお仕立て・お直しする事がポリシーの店》で大阪はもちろん全国を対象としたネットショップです。

安さ実現のため様々な工夫を取り入れたため「利用する際わかりにくい」とお叱りを受ける事もありまず。そのひとつが「直接店まで行き目の前で着物を見ながら相談できない店」です。

「お店まで持って行きたい」とのご要望はよくいただきますがどなた様に限らずお断りしております。理由は今の安価な料金帯を維持するためです。接客係を置かない店なのです。人件費削減で安価を実現しているのです。

この件のご相談は「できない事がわかっている上でのご相談で、私どもにとっては営業妨害と等しいものです。この点ご理解いただければ幸いです。

当店をご利用いただくには宅配便等でのやりとりか、大阪/東大阪市内とその周辺地域向けの訪問集配サービスのみとなります。

お問い合わせいただきましても同じご案内となります。なにとぞ「持ち込みに関するご相談」なくご利用いただきますようお願いいたします。

■電話番号■

050-7121-0123
受付:平日 11~20時

時間外も電話に出れる時は
対応します。


 

■お着物の発送先■

〒577-0005

東大阪市七軒家
11-13

きもの医 あて


■メールアドレス■

●お問い合わせ●

soudan@kimonoi.com


 

●ご注文お申し込み●

order@kimonoi.com


 

●会員登録する●

member-registration@kimonoi.com


特定商取引記載事項
(準備中)

クリーニング事故賠償基準
(準備中)