着物のスレ・白化・毛羽立ち補正
黒や濃紺など濃い色にできがちなスレ

スレもお安く補修します!

当店へご相談の際はムズかしくお考えにならず、ご自身が希望する内容を下記のような普通の言葉でお伝えください。

着物のクリーニングの勉強をする必要はありません。

  • ○年○月○日までに戻してほしい
  • ○円までが希望
  • ○円を超えると出せない
  • 特定部分の見える汚れが気になる
  • えりの汚れが気になる
  • しわが気になる
  • アンティーク・中古着物でそでを通すのが気持ち悪い
  • 着物で一般的なクリーニングができれば良い
  • ニオイがキツくて着れない
  • たくさん汗をかいたから気になる
  • 丈を○○cm出したい、詰めたい
  • 幅を○○cm出したい、詰めたい
  • 反物を着物に仕立てたい
  • 水で洗いたい

「丸洗いをお願いしようと思うんですが・・・」とのご相談をよくいただきます。

しかし経験上、着物クリーニングで一般的な丸洗い(京洗い・生洗い・『屋号』洗い)の本当の中身を理解している消費者は多くない、と痛感しています。

それは着物販売店スタッフや着付け/お花/お茶/日本舞踊などの習い事の先生方やスタッフの方も同じです。

実はえりの筋状汚れなどごく一部を除き、正絹着物の見える汚れは手作業である格安汚れ落としえり拭き/えり洗い等部分洗い染みしみ抜き変色処理格安柄足しなどでの処置が必要です。

また仕上げアイロンだけのご利用も可能です。

丸洗いはえりやそで口以外の見える汚れをキレイにするのにあまり効果的だとは言えません。そのため当店では丸洗いセットを必須とせず、気になる汚れだけをキレイにしてとのご要望を広く承っています。

『本当に丸洗いで良いのですか?』と逆に質問すると、後に上記例のような本音を伺う事ができます。

上記例のような直接的な希望を伺う事で、ご相談者様にとって『迷う要素の少ないお見積り』が可能となります。

ぜひ上記例のような普通の言葉でご希望をお寄せいただき、余計な処置を含まない適切なお見積りをお受取り下さい。


着物のスレ補正・参考料金例

正絹着物の中でも特に濃色の着物や汗をかくシーズンの薄物・単着物に起こりがちのスレ=毛羽立ち=白化現象のビフォー画像
特に濃色の着物や汗をかくシーズンの薄物・単着物に起こりがちの『スレ=毛羽立ち=白化現象』のビフォー画像(濡れている時にコスるとこうなるのです・・・)

夏に着る薄もの小紋の背中にできたスレ(毛羽立ち・白化現象)の画像です。

スレの位置は丁度帯の辺りです。

暑い時にお召しになり、体の動きによりそう着物は動き、その動きについていけない帯とコスれでできたと思われます。

寒い時期に、汗をかかない時期の着物にはあまり起こらない現象、それが正絹着物のスレです。

正絹のコスれスレ・白化現象
もお安くキレイに!

着物の格安スレ補正料金表

処置名 補正部分 補正料金例
スレ補正 かけえり片側 1,000円~
かけえり両側 1,800円~
帯下・1ヵ所    600円~
背中・帯の上部 1,800円~
脇の片側    600円~

●料金は参考例です。状態や大きさ・着物の状態により変動します。

スレ補正の提供品質

スレ補正は完全品質を目指せば染めの技術や高度な専門知識などが必須な、比較的むずかしい分野のクリーニングメニューです。カンペキにするにはお金がかかります。

当店が提供するスレ補正の提供品質は80~95点だとお考えいただければ間違いありません。

まったく改善しない場合はしみ抜き返金制度の対象サービスとなります。万が一スレ補正の結果が当店規定品質を下回れば、お支払い料金はしみ抜き返金制度適用時の数百円程度となります。

「改善しなかったのに高額料金を支払わさせられた!」のような事案は防げますので、少なくとも安心してご利用いただけるサービスだと考えています。

当店は格安着物クリーニングきもの医と、屋号に「格安」の文字を用いた「着物の汚れを安くキレイにする宣言をする店」です。わかっています。かなり変わったお店です。

極論ですが全国の一般的な着物クリーニング料金相場と比べ「普通の」料金でカンペキなサービス品質を提供するお店ではありません。

私たちは着物をキレイにする料金、しみ抜きやクリーニングで指定された汚れを安く解決する事を最優先に置いている店で、着物の汚れを安くキレイにする係だと自負しています。

極論ではありますが当店の考え方をわかりやすく表現してみます。

作業時は品質が最優先です。
そして品質を作る作業のベースは『費用』です。

「5千円までで得られる最高の結果」もあれば、「3万円までで得られる最高の結果」もあります。

この点は最終的にお客さまのクリーニング費用により変動する部分です。

つまりかけるクリーニング料金により得られる品質が変わるのです。

「3万円まででお願い」とご依頼があれば100点満点に近い最高品質を得やすいでしょう。

ところがもし費用が「3千円まで、5千円までで」となると、満点ではなく85点~95点の『お召しの際に気にならない品質』が提供しやすいゾーンとなります。

数千円という安価な費用でも、着物染み抜きしみぬき・クリーニング処置でカンペキやほぼカンペキな品質で納品している事は数多くあります。

ですがそれは『限られた予算内でのカンペキ品質』が俗に言う最高品質だったのであり、そもそもはご予算により決められた作業内容での最高品質であるのです。

もちろんカンペキ品質の精度を高めるべく研究開発は日々行っています。

「必ずカンペキ品質を」と最高品質をお求めの方は、『スレ補正の提供品質がカンペキです』とうたうお店の利用が適しています。

その意味においては当店の利用は不適切かもしれません。

この点あらかじめご了承くださいますようお願いいたします。

条件→汚れ処置は必要です

着物のスレ補正は基本的に汚れを処置後に行うクリーニング・メニューです。

強いご希望がある際は汚れがある状態のまま処置は可能です。

ただし汚れ処理をせずスレ補正した事で元にあった汚れが落としにくくなる、以後の染み抜きしみぬき費用が割高になる可能性があるため、当店としてはオススメいたしません。

スレ補正前にしみ抜きや丸洗いクリーニングなどを行う前提の補正処置だとご理解ください。

汚れがある状態でもスレ補正をご注文いただけますが、上記をご理解の上ご依頼いただければと思います。

正絹着物の中でも特に濃色の着物や汗をかくシーズンの薄物・単着物に起こりがちのスレ=毛羽立ち=白化現象がヒドい状態だった部分へのスレ補正アフター画像
特に濃色の着物や汗をかくシーズンの薄物・単着物に起こりがちの『スレ=毛羽立ち=白化現象』 ヒドい状態だった部分への自己採点『90点程度』のスレ補正アフター画像

アフター画像は補正後に残ったスレの状態ができるだけ目立つようにと、上側からできるだけ斜めの角度から撮影したものです。

正面から見ればスレにはほとんど気づけないレベルの品質に仕上がりました。

※この画像の着物へのスレ補正はスレ補正規定料金の1,800円で済み、数値で表現すれば-100点が-10点くらいにまで改善しました。

最初のスレがガンガン丸見えの状態に比べ、ほとんど目立たない状態に仕上がりました。・・・1,800円でした。

相変わらず撮影技術が伴わず、アフター画像は左右を分割して撮影し、編集して1枚の画像にまとめました。

色目が違うのは撮影技術の未熟さによるものです・・・。

スレ補正の注意点

  1. 処置した部分が暗くなる(2,3とも)
  2. 油性の補正剤処置・・・丸洗いで落ちてしまいます。
  3. 水性の補正剤処置・・・みず洗いで落ちてしまいます。

1.処置した部分が暗くなる

あまり目立たない程度のスレならスレ補正後、色目はほとんど変わらない事の方が多いでしょう。

逆に上の画像のように極端にヒドいスレの場合は処置した部分の色目が多少暗くなったり、少し濃色になったりする事があります。

スレが丸見えの状態をとるか、お金をかけてスレ補正をした結果、元のスレ部分が多少暗くなる方をとるか、ここはお客さまのご判断です。

「どちらの状態がマシなの?」と感じる事でしょう。
どちらがマシなのかは主観的な判断となります。

見る方により答えは真逆になるので、お店側としては「スレ補正した方がマシです」と断言しにくいのが正直なところです。

「どちらが目立つか?」なら、僅差きんさでスレ補正した方が目立たにと言えるケースの方が多数派になると思われます。

2.油性の補正剤の注意点

油性のスレ補正剤を用いた処置の場合、丸洗いでスレ補正効果は失われます。

つまり1度スレ補正した着物は丸洗いクリーニングするたびにスレ補正を追加注文する必要があります。

3.水性の補正剤処置

水性の補正剤を用いた処置の場合、丸洗いには耐えられるケースが多いと考えられます。

ただし当店のみず洗い各コースや他社様の洗い張りなど、スレ補正した部分を水で洗う処置を行うとスレ補正効果はは完全に失われます。

スレ補正の注意点概要

スレ補正は水溶性と油溶性、2つの補正剤のいずれか、またはミックスで処置します。

ざっくりとした比較で言えば 2.油性の補正剤の方が違和感を感じにくい仕上がりになります。

どちらを用いるかは着物の色目や部位などにより適切に判断して処置します。

ただしこの章の注意点をご覧になり「丸洗いで落ちたらイヤだな」とお感じの際は 3.水性の補正剤での処置の方が適切かもしれません。

水性の補正剤の方が耐久性があります。

それなら油性ではなくいつでも水性補正剤で処置すれば良いのですが、水性補正剤も万能ではありません。

「1.処置した部分が暗くなる」のを『より』感じやすいのは水性補正剤の方です。

おおざっぱですがスレがなくなればウレしい、という際は「スレ補正をお願い」とご依頼ください。

丸洗いをよくする方で都度スレ補正を追加注文するのはキビしい、という際は「水溶性の補正剤でスレ補正を」とご指定いただく事も可能です。

こちらの黒い着物のスレ補正は実は結構目立っていました。やはり撮影技術によりほとんどわからないビフォー画像ですみません。

画像の中心よりも少し右寄り部分にあったスレ画像の例です。皆さまで読み解いて・・・くだされば嬉しいです。

着物のスレ・毛羽立ちで
くじけない!あきらめない!

前述の通り、着物のスレにお気づきになるのはなかなかムズかしいものです。

もしこれから着ようと考えている着物にスレがあったとしても、「気づくのは100人中・・・5人?10人?」などと密かに目線を楽しみながら楽しくお召しになっていただければと願っています。

特に淡い色目の着物や柄が多い小紋などはよりスレが目立ちにくいのでお召しになる前にチェックする習慣づけをするのも良いかもしれません。

※スレについては本当にチェックは不要だと感じます。お気づきになってしまった時にだけ、当店のような着物専門クリーニングに見積り依頼して「スレは補正なさいますか?」と尋ねられた時に、初めて「どうしよっかなー♪」と検討するのが正しい道だと心より感じるところです。

もしかしたら「あれ?思ったより安くないわね」と感じた方がいらっしゃるかもしれません。

 

これには少しだけ説明させていただきます。

 

きもの医のホームページをご覧くださりありがとうございます。
m(_ _)m