格安着物みず洗いABC
各コースの料金差の理由

補正費用を含んだ安全優先か、
補正の無い安さ最優先か

当店へご相談の際はムズかしくお考えにならず、ご自身が希望する内容を下記のような普通の言葉でお伝えください。

着物のクリーニングの勉強をする必要はありません。

  • ○年○月○日までに戻してほしい
  • ○円までが希望
  • ○円を超えると出せない
  • 特定部分の見える汚れが気になる
  • えりの汚れが気になる
  • しわが気になる
  • アンティーク・中古着物でそでを通すのが気持ち悪い
  • 着物で一般的なクリーニングができれば良い
  • ニオイがキツくて着れない
  • たくさん汗をかいたから気になる
  • 丈を○○cm出したい、詰めたい
  • 幅を○○cm出したい、詰めたい
  • 反物を着物に仕立てたい
  • 水で洗いたい

「丸洗いをお願いしようと思うんですが・・・」とのご相談をよくいただきます。

しかし経験上、着物クリーニングで一般的な丸洗い(京洗い・生洗い・『屋号』洗い)の本当の中身を理解している消費者は多くない、と痛感しています。

それは着物販売店スタッフや着付け/お花/お茶/日本舞踊などの習い事の先生方やスタッフの方も同じです。

実はえりの筋状汚れなどごく一部を除き、正絹着物の見える汚れは手作業である格安汚れ落としえり拭き/えり洗い等部分洗い染みしみ抜き変色処理格安柄足しなどでの処置が必要です。

また仕上げアイロンだけのご利用も可能です。

丸洗いはえりやそで口以外の見える汚れをキレイにするのにあまり効果的だとは言えません。そのため当店では丸洗いセットを必須とせず、気になる汚れだけをキレイにしてとのご要望を広く承っています。

『本当に丸洗いで良いのですか?』と逆に質問すると、後に上記例のような本音を伺う事ができます。

上記例のような直接的な希望を伺う事で、ご相談者様にとって『迷う要素の少ないお見積り』が可能となります。

ぜひ上記例のような普通の言葉でご希望をお寄せいただき、余計な処置を含まない適切なお見積りをお受取り下さい。


着物をほどかずみず洗いする
AコースとB/Cコースの料金差

※水洗い・丸洗いの誤読を防ぐため、
みず洗い・まる洗い"と表記しています。


格安着物みず洗いクリーニング
裏地なし・ひとえ着物料金例

■Aコース=  2,400円~

■Bコース=13,500円~

■Cコース=25,000円~

 

注文したいとお考えのサービスのみ
注文したいと思いませんか?

洗い張りは 洗い張り+再仕立て なので、ニオイだけ処理したい方にはとってもムダの多い処置。

 

みず洗いCコースも同じ。みず洗いBコースも同じ意味でムダが多い・・・です。

 

ニオイが気になるだけなら、裏地の無いタイプのの単着物なら2,400円から注文できる最安価格帯のみず洗いAコースだけで十分なはずです。

 

※裏地がある、裏地の一部・八掛が差色(反対の色)で濃色の場合、和服の伝統・金駒刺繍が美しい状態の場合など、追加料金覚悟で注文内容をふくらませるのがオススメのパターンもあります。

 

ひとつ重要なポイントをお知らせします。

 

着物のニオイが気にならないなら、

中古で購入、またはいただきもの着物の場合などの場合で「キモチワルクない着物」には、みず洗いは適しません。

 

不要なリスク・トラブルの元になるだけです。

 

「とりあえず洗っときたい」くらいのイメージでしたら、みず洗いではなく丸洗いや気になる汚れをキレイにするだけの注文に留めるのが上手な利用方法です。

 

・・・(^^

お店が言うのです。

これ以上信じられる発言はありません。

 

ニオイが気にならないなら・・・

中古品でも全然オッケーの方なら、みず洗いはさけましょう。

 

それが上手に当きもの医を利用するとっても大切なコツです。

 

当店が独自開発した格安着物水洗いABC各コースは、1万円以上という筆舌に尽くせないほどの料金差があります。

それぞれ大きく料金が異なるサービスなのです。

 

皆さまには「みず洗いAコースは安すぎて疑惑の目」で見られ、Bコースは「1万円越えで安くない!」としかられ、Cコースにいたっては「最安料金Aコースの11倍の料金設定で『冗談に感じるくらい高額!』」と感じられてしまっている現状・・・。

(^^;

 

実はこの3コースにはそれぞれ特徴があり良い面と悪い面があるのですが、他のページのように長々と説明してもお読みいただけないかなぁ、と思い、このページを作りました。(それほど短い訳ではありませんが・・・)

 

できるだけ簡単にざっくりとご案内させていただきます。

 

簡単な料金のご案内

まずは簡単な說明です。

 

みず洗いAコースは洗って仕上げアイロンで納品、Bコースはみず洗いに加えすそにできた(できるかもしれない)袋状のたるみしわを和裁で補正して納品、Cコースはみず洗いに加え和裁で完全補正・または寸法直しなどが同時にご注文いただけるコースです。

 

みず洗い料金の利益はABCコースとも同じで、それぞれその後の和裁による補正料金の差が料金差となっています。料金にある差は、これだけが理由となります。

 

不要かもしれませんが念の為、丸洗いもハジッコに乗せておきました。

 


格安着物みず洗いABC各コースと
洗いの作業内容比較表

作業内容
コース

コース

コース

洗い
料金 2400
 円~
13500
 円~
25000
 円~
3200
 円~
水洗い ドライ処理
えりそですそ洗い 追加
注文可
追加
注文可
追加
注文可
仕上げ
アイロン
たるみ
補正
- -
寸法
直し
- -
仕立て
直し
- - -
汗汚れ -
ニオイ 激減 激減 激減 -
作業内容
コース

コース

コース

洗い

たるみ補正、身丈直し、身幅直し、裄直しのいずれかをご選択いただけます。全て、または複数の和裁寸法直しをご希望の場合はCコースをご選択ください。

 

格安着物みず洗い
コース

 

狙いはズバリ、暑い時期に着る正絹着物の汗汚れを劇的に安く処理して!とのお声に応え、ありとあらゆる作業を省いた、ゴソッと汗汚れを落としたい着物にピッタリのコースです。

 

裏地のない透ける薄ものやひとえ着物・羽織り類、着物の世界で下着にあたる長じゅばんのみず洗いクリーニングには、一部のお客さまからとても人気のあるリピート続出中のコースに成長しています。

 

悪い面は本当に洗って乾燥して仕上げアイロンするだけなので、少々縮みや型くずれが大きく出る着物がある、という点です。

 

縮みや型くずれが許せない性格の方、礼装で縮み型くずれは絶対ダメの着物にはご利用になると必ず後悔するという、着物クリーニング業界では初めての、危険が大きすぎて今後追随するお店は出てこないであろうリスク満載のコースです。

 

※全ての裏地付きあわせ着物が着れなくなるほどおかしくなる訳ではありませんが、ご利用には熟慮が必要なコースだと考えています。

 

格安着物みず洗い
コース

 

AコースとCコースしかなかった時、Aコースで洗った裏地付きあわせ着物のうち、2割程度が「ご利用にご満足いただけなかったのでは?」との印象がありました。

 

Aコースは安いけど大きな型くずれはイヤ、型くずれはパーフェクトに治るけど2万円を大きく越えるCコースは高すぎて気軽に利用できない。そんな声をひそかにリサーチし、なんとか開発にこぎつけたのがBコースでした。

 

狙った着物はもちろん裏地付きのあわせ着物です。

裏地のある着物は水で洗う事で、大なり小なり縮み・型くずれのトラブルがつきまといます。

 

その代表が裏地と表地の縮み方の違いから起きる、着物を着る時にすそにたるみ・袋状のしわができるというものです。

 

Bコースは裏地のあるあわせ着物でも縮み・型くずれの他は色にじみトラブルを除けばその他大きくガッカリされるトラブルはほとんどありませんので、現在のところ予測どおり一定の受注をいただいております。

 

表示料金が例えば16,000円マークが料金の後ろについた形でご案内しているのは、作業が少なければそれ以下に、補正のご要望が増えるとそれ以上になる、という意味です。ここはお客様のご要望次第となります。

 

悪い面はやはり気軽に利用するにはやはり高い、という点だと感じています。

個人的には老舗の着物専門店と同等かそれ以下の料金で納まるのになぁ・・・という風に思っていたりもします。

 

みず洗いの品質はそでを通していただければ超絶スッキリ感が実感できます。

水の洗浄能力は本当に絶大です。まる洗いとはひと味もふた味も違う、気持ちよさ。

気分が良くなる、と言ったら・・・言い過ぎかもしれません・・・かも、です。

 

みず洗いBコースは型くずれ感が解消できて洗い張り+お仕立料金の半額程度で納まる、クリーニングの目的がピッタンコなら、とても満足度の高いコースです。

 


格安着物みず洗い
コース

格安、と銘打つと失笑されるかもしれない料金帯のCコースですが、着物みず洗いクリーニングCコースは競合他社との競争に際し、なにか独自路線・業界トップを取れるサービスを提供せねばと、最初に開発したみず洗いコースです。

 

もちろんみず洗いの後、カンペキに寸法を維持したままで納品できるコースで、開発当時は4万円程度の価格でスタートしました。現在は努力による値下げ価格となっています。(^^

 

ところが弱小零細の地方のネットショップにそんな高額料金をかけてまで大切な正絹着物をみず洗いにご注文いただけるはずもなく、絵に描いたモチ、サービスメニューにあるだけ、当初はそういう状況でした。

 

結局それが原因で料金の安さと洗浄品質だけは絶対に他店に勝てる、価格と汗汚れ除去に特化したAコースができた訳ですが、みず洗いCコースを1度でもご利用いただいた方には大満足いただいている、将来的には洗い張りに変わる看板メニューに育てていきたいと感じているコースです。

 

Cコースは契約している和裁工房に外注し、資格を持った和裁士さんによる完全補正コースで、実は丈・裄(ゆき)出しやかけえり替えなどみず洗いと色々な和裁の同時注文が可能となっています。

 

洗い張りと同じく洗浄後にお仕立てを行いますので、「じゃあついでに寸法を直しておこう」というニーズがあるお着物にぴったりです。

 

Cコースはぜひ、洗い張りと比較してみてください。

 

みず洗いCコースは洗い張りの
簡易版だから安いの?

細かい説明が不要な方なら、答えは「イエス」です。

 

洗い張りほどの洗浄力や風合いの復元力は無いものの、着物を水洗いしたい、というご要望には十分応えられる洗浄力があります。

 

「洗い張り+お仕立て」でお見積もりをとって、ぜひ当店のCコースへもお見積もりをご依頼してみて下さい。

 

手前勝手ですが着物みず洗いCコースは当店のみず洗いA・B各コースと比較するのはあまり適切ではないのでは?、と考えています。

 

着物みず洗いCコースは「洗い張り+お仕立て」と比較していただくのが最も適切です。

安さと品質のバランスがとれている非常にコースだとお気づきいただける、と考えています。

 

大正論!
カンペキを求めるなら洗い張り
しかありません!

洗い張りは料理で例えるならミシュラン2つ星以上の味わいが期待できます。

 

きちんとフォン・ド・ヴォーを作り、できるだけ化学調味料を使わず食材が本来持つウマミを最大限引き出した料理。

 

当然一皿数千円~です。

 

お得なランチメニューがあるとしたら数千円。

 

ディナーコースで数万円、といったところでしょうか。

 

 ───もし着物クリーニングの品質を見極める力をお持ちの方なら、洗い張りよりほかにオススメできる着物クリーニングはありません。

 

ところが・・・。

 

「私がおいしい、と感じられるなら無名のレストラン・シェフの料理で十分!」とお考えの方なら、正直洗い張りは過剰な洗浄品質になると言えます。

 

よ~くお考え下さいませんか?

 

服を「次回も気持ち良く着るため、一旦縫い糸を全部ほどいてバラバラの布の状態にして、最大限色にじみ・縮みなどのトラブルを未然に防いで洗いたい!」

 

そんな服、どれだけありますでしょう?

 

フランス・イタリアの湿度の無い国で作って販売している絹の服は、ブランド名がつくとブラウスで10万円超え、ワンピースだと20万円を超えるものがあります。

 

ですがそんな世界的な超高級ブランドの服を「縫い糸をはがして単なる布地にバラし、水洗いした後でもう一度同じ形に縫い上げて納品する」 ───

 

そのようなクリーニングコースは存在しません。

 

なぜ存在しないのでしょう?

 

もうお気づきの方も多いと思います。

そんな手間ひまをかけて超高額になるようなクリーニングは商業的に成立できないのです。

 

資産数兆円のビッグな成功者は知りませんが、そこまでして「自分が着るためにクリーニング代をはずむ」考えはありません。

 

でも数百年以上前からの伝統的
正絹着物水洗い手法・洗い張りは・・・

日本人が数百年以上かけて培ってきた着物の水洗い・洗い張りを注文したい方は洗い張りを、必ず洗い張りを注文しないと後悔すると思います。

 

当店の考えでも、正絹着物の水洗い方法において洗い張り以上のクリーニング方法は無いと断言しています。

 

ただ洗い張りはとても高額です。

 

当然かもしれませんが、江戸時代など地方を代表する豪商や武家など、本当にごく一部の方しか利用できなかったクリーニング方法が洗い張りです。

 

洗い張りは最高の水洗いクリーニング方法なのです。

 

洗い張りは120点!
でもその品質が分る方は・・・
実感できない品質は必要か?

なかなか説明がむずかしいのでもどかしく感じています。

このご案内は普通の消費者の方にわかりやすくクリーニング品質を案内しようとするため、少々強引な表現になっています。

 

洗い張りを専門に行う業者様には大変失礼な表現ですが、他意はありません。その点ご容赦いただければと思います。

 

例えば同じ汚れ具合の同じ着物を洗い張りとみず洗いCコースの作業後、どれだけクリーニング品質に違いがあるか確認するとします。

 

・・・洗い張り専門業者様、みず洗いCコースを提供する私ども、洗い張りをよく受注するお店で洗い張り後納品前に品質チェックを行う担当者、それに年間2~5点程度洗い張りを継続して注文されている消費者の皆さん ───

 

おそらくこれらの皆さま以外、洗い張りとみず洗いCコースのクリーニング品質の差を見抜く方はいらっしゃらないと思います。

 

要はプロかプロに近い目を持つ方でない限り、洗い張りとみず洗いCコースのクリーニング後の品質の差を指摘できない・・・そうした場合、みず洗いCコースの方が価格的にお得です、というご案内です。

 

重要な点です。

 

洗浄力は確実に洗い張りが優れます。みず洗いCコースが優れるのは提供品質と費用、つまりコストパフォーマンスです。

 

普通の人が見抜けない品質差しかないのに費用は洗い張りの3~5割安・・・。

 

ご利用いただいた方からはそのような評価をいただいております。

 

みず洗いCコースはお直しした
部分のみ課金方式でく済むかも

 

Cコースは洗い張り+お仕立てと違い、「絶対に○○○円!」という定価制ではなくお客様のご要望で料金を抑える事ができます。

 

例えばそで丈は触らなくて良い、という場合はそで丈のお直し費用を浮かす事ができます。

 

そでの長さである裄出し・入れをご検討の着物で水で洗いたいな~と考えていた着物があれば、「洗い張り+お仕立て」よりも格安・激安とも言える価格帯に収める事も可能なコースなのです。

 

Bコース同様一度ご利用いただいた方にはご満足いただけており、こちらも一定の受注をいただいております。

 

悪い面はやはり気軽に利用するにはやはり高い、という点だと感じていますが、洗い張りに出す事をご検討になるような着物はお客さまにとって大切な着物であるしょう。

 

大切な着物のお手入れ料金でも安くできればウレしくお感じいただけるのでは?と、取らぬ狸の皮算用をしている次第です。

 

みず洗いの快適さ、和裁士による丁寧な縫製、それでいて洗い張り+お仕立てよりとってもお安くご注文いただける、お得感満載のコース、それがみず洗いCコースです。

 

どうしても洗い張りのピカピカ感が必要でなければ、本当にオススメコースです。

 

最後まで読みすすめてくださりありがとうございました。

m(_ _)m


きもの医のホームページをご覧くださりありがとうございました。
m(_ _)m


友だち追加 LINE無料画像見積り
月~土曜 12~22時